米田功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
米田功 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
選手情報
フルネーム 米田功
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-08-20) 1977年8月20日(44歳)
生誕地 大阪府
身長 172cm
体重 64kg
種目 体操競技
学歴 清風高校順天堂大学
引退 2008年
獲得メダル
オリンピック
2004 アテネ 団体総合
2004 アテネ 鉄棒
テンプレートを表示

米田 功(よねだ いさお、1977年8月20日 - )は、元体操競技選手。株式会社CARTWHEEL(米田功体操クラブ)代表取締役、徳洲会体操クラブ監督、日本体操協会常務理事[1]大阪府堺市出身。

人物[編集]

小学1年生で大阪市の体操クラブに入り、2年後に市内の名門「マック体操クラブ」に移る。その後、強豪の清風中学校・高等学校に進学し、中学2年生の時に全国大会で初優勝[2]、高校時代はインターハイで個人総合2位になる。順天堂大学に進み、1997年の全日本学生選手権個人総合2位、1998年のNHK杯で個人総合優勝。1999年には全日本学生選手権個人総合優勝、全日本選手権の鉄棒で優勝を果たす[1]

しかし、2000年のNHK杯ではアクシデントに見舞われ7位となり、シドニーオリンピック代表を逃す。 2003年は、大会1週間前に左ふくらはぎ痛を発症して満足な練習ができず、跳馬と平行棒で致命的なミスをして世界選手権は補欠となる[3]。その悔しさから一念発起し同年11月の全日本選手権で初優勝。翌年のNHK杯でも優勝し、日本のエースになった。

2004年アテネオリンピックでは男子体操の主将を務め、団体で優勝。種目別でも鉄棒で3位に輝いた。同年10月20日に彩の国功労賞を受賞。

2008年北京オリンピックの代表選考会となるNHK杯で個人総合8位となり代表を逃した。その後、体力と精神力の限界を理由に同年5月6日に引退を表明し、指導者を目指す意向を明らかにした[4]

引退後は、2012年に自身の体操クラブである米田功体操クラブを設立、2013年1月からは徳洲会体操クラブの監督となる[1]

経歴[編集]

書籍[編集]

  • 見えない壁を壊す! 敗者を勝者に変える米田式メンタルメソッド (2011年、光文社)

その他[編集]

  • マック体操クラブに入った当初から、コーチらから「天才」「絶対強くなる」と期待されていた。
  • 練習嫌いで、3種目だけ練習して帰ることもあったが、03年の世界選手権で後輩の鹿島丈博選手、冨田洋之選手の活躍をみてからは、きちっと練習するようになった。
  • モンスターボックス21段という記録も持っている。
  • 身長172cmは体操選手としては比較的長身だが、中学校に入学した頃は130cmしかなかったという。
  • 2008年7月20日、一般の女性と結婚した[5]
  • 2009年4月からアイディア式メンタルトレーニング「トップメンタルトレーニング(米田メソッド)」を開始。
  • ファンからは、ペ・ヨンジュンの「ヨン様」になぞらえた「ヨネ様」という愛称で呼ばれている[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 米田 功 株式会社サニーサイドアップ” (日本語). 株式会社サニーサイドアップ. 2020年8月24日閲覧。
  2. ^ 練習は苦手な種目から…米田功さん” (日本語). 読売新聞オンライン. 2020年8月24日閲覧。
  3. ^ 米田初五輪!鉄棒で決めた逆転V/体操” (日本語). nikkansports. 2020年8月24日閲覧。
  4. ^ 五輪=男子体操の米田が引退を表明、塚原は現役続行” (日本語). ロイター. 2020年8月24日閲覧。
  5. ^ アテネ五輪金の体操米田氏、結婚していた” (日本語). nikkansports. 2020年8月24日閲覧。
  6. ^ ジャンクSPORTS・トークダイジェスト 2005年1月30日

外部リンク[編集]