米田功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 体操競技
オリンピック
2004 アテネ 団体総合
2004 アテネ 鉄棒

米田 功(よねだ いさお、1977年8月20日 - )は、元体操競技選手。大阪府堺市出身。8歳から体操を始める。マック体操クラブ清風高校順天堂大学徳洲会所属。得意種目は鉄棒ゆか跳馬。尊敬する人物は徳田虎雄(徳洲会理事長、自由連合代表)[1]。身長172cm、体重64kg。

大学在学中にNHK杯で優勝したものの、練習嫌いのため伸び悩んだ時期があった。ところが、彼が補欠だった2003年世界選手権で日本人選手たちが活躍する。その悔しさから一念発起し、同年11月の全日本選手権で初優勝。翌年のNHK杯でも優勝し、日本のエースになった。“遅咲きの天才”と言われる。

アテネオリンピックでは男子体操の主将を務め、団体で優勝。種目別でも鉄棒で3位に輝いた。彩の国功労賞を受賞。

その後は怪我に泣き2008年5月6日に現役引退を表明した。

経歴[編集]

その他[編集]

  • マック体操クラブに入った当初から、コーチらから「天才」「絶対強くなる」と期待されていた。
  • 練習嫌いで、3種目だけ練習して帰ることもあったが、03年の世界選手権で後輩の鹿島丈博選手、冨田洋之選手の活躍をみてからは、きちっと練習するようになった。
  • モンスターボックス21段という記録も持っている。
  • 身長172cmは体操選手としては比較的長身だが、中学校に入学した頃は130cmしかなかったという。
  • 2008年7月結婚。
  • 2009年4月からアイディア式メンタルトレーニング「トップメンタルトレーニング(米田メソッド)」を開始。2012年の米田功体操クラブ設立に向けて現在活動中。
  • ファンからは、ペ・ヨンジュンの「ヨン様」になぞらえた「ヨネ様」という愛称で呼ばれている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]