福井県立三国高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福井県立三国高等学校
福井県立三国高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 福井県の旗 福井県
併合学校 福井県立三国中学校
福井県立三国高等女学校
設立年月日 1909年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 18109K
所在地 913-8555
福井県坂井市三国町緑ヶ丘2-1-3
北緯36度13分7.2秒東経136度9分11.6秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

福井県立三国高等学校(ふくいけんりつ みくにこうとうがっこう)は、福井県坂井市三国町に所在する公立高等学校。通称は「三高(さんこう)」。

設置学科[編集]

概要[編集]

1909年明治42年)に設立された坂井郡立女子実業学校(後、福井県立三国高等女学校)および1923年大正12年)に設立された福井県立三国中等学校を前身に、学制改革時の1948年昭和23年)に統合・設立された。

三国高等学校の校舎は旧三国中等学校におかれ、新制三国町立三国中学の校舎は旧三国高等女学校におかれた。

設立当初は、普通科商業科家政科が置かれていたが、現在は普通科のみである。

生徒数は各学年230名前後である。

特別進学コースが設けられており、例年30人前後が国公立大学に進学している。

三国高等学校は、旧制中学および高等女学校を前身とする数少ない福井県立高等学校である。

1982年(昭和57年)に金津高校(金津町、現 あわら市)が設立されるまで、(当時)坂井郡内の普通科高校は丸岡高校丸岡町、現 坂井市)との2校のみであったことと、上記のとおり、福井県有数の伝統校であったことから、同校出身者には、坂井地区内の首長、県および市町村議員、自治体幹部、企業経営者を数多く輩出している。

主な卒業生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]