福井運動公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福井運動公園陸上競技場
福井県営陸上競技場.jpg
施設情報
所在地 福井県福井市福町3-20
位置 北緯36度03分12秒 東経136度11分04秒 / 北緯36.053436度 東経136.184557度 / 36.053436; 136.184557
開場 1967年
所有者 福井県
運用者 福井県
使用チーム、大会
収容能力
17,000人

福井運動公園陸上競技場(ふくいうんどうこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、福井県福井市福井運動公園内にある陸上競技場。福井県が運営管理しており、福井県営陸上競技場とも呼ばれる。

概要[編集]

1967年開場。同年に昭和42年度全国高等学校総合体育大会が、翌年に第23回国体秋季大会開会式・陸上競技会が開催された。その後の第4回全国身体障害者スポーツ大会の会場にもなった。第73回国民体育大会のメインにも使用される予定[1]

座席メインスタンドのみ。その他は石段席と分かれており、バックスタンド中央には聖火台がある。

2017年9月8日から10日まで、天皇賜盃日本学生陸上競技対校選手権大会が開催され、2日目には男子100m決勝で、桐生祥秀東洋大学)が、日本人選手として初めて10秒の壁を破る9秒98の公認日本記録を樹立した[2]

交通アクセス[編集]

  • 京福バス
    • 70 運動公園線(有楽町先回り)「運動公園南門前」下車。
    • 71 運動公園線(ベル前先回り)「運動公園南門前」下車。

公園内のその他の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
上尾陸上競技場
上尾市
国民体育大会
主競技場

親切国体
次代:
県立総合運動公園陸上競技場
諫早市
先代:
愛媛県総合運動公園陸上競技場
松山市
国民体育大会
主競技場

福井国体 (2018年)
次代:
笠松運動公園陸上競技場
ひたちなか市