大槻玄沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大槻 玄沢
大槻玄沢.jpg
大槻玄沢肖像 小田海僊筆 文政10年
早稲田大学図書館重要文化財[1]
生誕 宝暦7年9月28日1757年11月9日
陸奥国西磐井郡中里
死没 文政10年3月30日1827年4月25日
研究分野 医学蘭学
影響を
受けた人物
杉田玄白前野良沢
影響を
与えた人物
宇田川玄真稲村三伯橋本宗吉山村才助
子供 大槻磐里大槻磐渓
プロジェクト:人物伝

大槻 玄沢(おおつき げんたく、宝暦7年9月28日1757年11月9日)- 文政10年3月30日1827年4月25日))は、一関藩出身の江戸時代後期の蘭学者茂質(しげかた)、字は子煥(しかん)。出身地の磐井から磐水(ばんすい)と号す。『解体新書』の翻訳で有名な杉田玄白前野良沢の弟子。「玄沢」とは、師である2人から一文字ずつもらってつけた通り名である。

生涯[編集]

一関藩の医師でのちに藩医となった大槻玄梁の長子として陸奥国西磐井郡中里に生まれる。玄沢9歳の時、オランダ流外科の開業医であった父が藩医となり、翌年一関に転居する。13歳の時、同じ郷里の医師建部清庵に師事し、早くから医学・語学に才能を示した。安永7年(1778年)、22歳の時、江戸への遊学を許されて、清庵と手紙のやり取りをしていた杉田玄白の私塾天真楼に学び、医術を修めるかたわら、前野良沢にオランダ語を学んだ。安永9年(1780年)には、良沢のもとを訪れた仙台藩江戸詰の藩医工藤平助と知り合った。玄沢の遊学期間が終わりに近づいていることを師の良沢が惜しんでいることを知った工藤平助は、藩主田村村隆に遊学延長を願い、その結果期間が天明4年(1784年)まで2年延長され、玄沢の学問は大いに進展したといわれている[2]。28歳になったこの年、父が死去し家督を継ぐことになった。

天明5年(1785年)10月、玄沢は長崎遊学を許され、江戸・大阪を経て長崎に到着した。その地でオランダ通詞の本木良永に寄寓し、4ヶ月あまり滞在し、良永や吉雄耕牛らと交わって語学力を磨き、翌年5月に江戸に戻った[3]。天明6年(1786年)、玄沢は本藩の仙台藩医に抜擢されて江戸定詰を命じられたが、玄沢を本藩に推薦し、その実現に尽力したのも平助であった[2]。こうしたことが機縁となり、のちに玄沢と工藤家とは親戚同様の交際をもつようになる。

江戸詰になったのを機に、寛政元年(1789年)、玄沢は江戸三十間堀に私塾芝蘭堂をひらいて多くの人材育成に当たった[3]。弟子としては、宇田川玄真稲村三伯橋本宗吉山村才助の4人は特に名高く、「芝蘭堂の四天王」と称された。玄沢は、天明8年(1788年)、蘭学の入門書『蘭学階梯』を記したことで、蘭学界での地位を確立した。[4]

師である杉田玄白から『解体新書』の改訂を命ぜられ、寛政2年(1790年)改訂に着手した[3]寛政10年(1798年)の『重訂解体新書』がそれで、改訂作業は文化元年(1804年)にいちおう完了した[3](刊行は文政9年(1826年))。

寛政6年(1794年)のオランダ商館長ヘイスベルト・ヘンミーGijsbert Hemmij)の江戸出府の際、オランダ人一行を定宿の長崎屋に初めて訪れ、対談した玄沢は、これを機にこの年の閏11月11日がグレゴリオ暦1795年1月1日に当たることから、多くの蘭学者やオランダの文物の愛好家を芝蘭堂に招き、「オランダ正月」と呼ばれる西洋の暦に合わせた新年会を開いた。オランダ正月はそののち数十年にわたって毎年開かれ、ロシアに漂流したのち帰還した大黒屋光太夫なども招待された。また、オランダ商館長参府一行との対談は、以後、数回にわたっておこなわれ、これらは『西賓対晤』としてまとめられた。

文化8年(1811年江戸幕府天文台に出仕して『厚生新編』の訳業に参加した。これは、ショメール百科事典を翻訳するというもので、のちにその写本をひそかに仙台藩の書庫に収めた[3]。これは『生計纂要』(宮城県指定有形文化財[5])という名称で現在まで伝えられている。

寛政12年12月10日1801年1月24日)に工藤平助が没すると、玄沢は困窮した工藤家を救うために負債の後始末を含めた援助に尽力をして、文化13年(1816年3月に刊行された平助の医書『救瘟袖暦』には序を書いている[6]

文政10年3月30日1827年4月25日)死去。墓所は江戸高輪東禅寺

著訳書[編集]

著訳書はたいへん多く、300余巻におよぶといわれる。

などの医書や本草書のほか、

  • 蘭学階梯』…安永10年起草、天明3年完成、天明8年刊行

などの語学書・蘭学入門書があり、上述の『生計纂要』、『西賓対晤』(せいひんたいご)、若年寄堀田正敦への献策書『捕影問答』(ほえいもんどう)、および、仙台藩の依頼でロシア船で送り返された同藩の漂流民に事情聴取した際の記録『環海異聞』などがある。

大槻三賢人[編集]

大槻三賢人像
(JR一ノ関駅前、正面が玄沢)

玄沢以後、大槻氏からは優秀な学者が多く輩出し、「西の頼家、東の大槻家」(頼家は頼山陽で有名)ともいわれた。玄沢の息子に漢学者の大槻磐渓、孫に国語学者の大槻文彦がおり、郷里の一関では、この3人を「大槻三賢人」と称する。養賢堂学頭の大槻平泉も同族の出身である。

家系図[8][編集]

江戸大槻家 仙台大槻家 大槻宗家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大槻茂性
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大槻玄梁
 
 
 
 
 
 
 
大槻清慶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大槻玄沢
 
 
 
 
 
 
 
大槻清雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大槻磐渓
 
大槻磐里
 
大槻平泉
 
大槻清臣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中村英麻呂
 
大槻文彦
 
大槻如電
 
大槻習斎
 
大槻清廉
 
佐々木中沢(娘婿)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中村勝麻呂
 
 
 
 
 
 
大槻清良
 
大槻清裕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中村英勝
 
中村妙子
 
 
中野好夫
 
大槻清俊
 
 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大槻玄沢肖像 - Waseda University Library - 早稲田大学
  2. ^ a b 関(2008)p.27-28
  3. ^ a b c d e 「大槻玄沢」朝日日本歴史人物事典
  4. ^ 岡田俊裕 2011年 208ページ
  5. ^ 生計纂要 - 宮城県
  6. ^ 関(2008)p.175
  7. ^ ローレンツ・ハイスター(Lorenz Heister)の外科書の翻訳。文政8年(1825年)完成。
  8. ^ 『ダ・ダ・スコ』p25-29

関連文献[編集]

  • 『大槻玄沢の研究』(洋学史研究会編、思文閣出版、1991年)
  • 『蘭学、その江戸と北陸 大槻玄沢と長崎浩斎』(片桐一男 思文閣出版 1993年)
  • 『槻弓の春 大槻玄沢の横顔』(大島英介、岩手日日新聞社、1999年)
  • 『遂げずばやまじ 日本の近代化に尽くした大槻三賢人』(大島英介、岩手日報社、2008年)
  • 『大槻三賢人』(阿曽沼要、高橋印刷株式会社、2005年)
  • 『磐水存響 乾・坤』(大槻茂雄編 思文閣出版 1991年)、編者は子孫。
  • 『環海異聞』(志村弘強編/池田晧訳、海外渡航記叢書 雄松堂出版 1989年)
  • 『初めて世界一周した日本人』(加藤九祚新潮選書、1993年)、詳しく紹介した章がある。
  • 岡田俊裕著 『 日本地理学人物事典[ 近世編 ]』 原書房 2011年 ISBN 978-4-562-04694-2

出典[編集]

外部リンク[編集]