ウィリアム・ロバート・ブロートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ロバート・ブロートン

ウィリアム・ロバート・ブロートンen:William Robert Broughton1762年1821年3月12日)はイギリスチェシャー州出身のイギリス海軍士官探検家

1782年1月12日、海軍士官に任官し、チャタム号、プロヴィデンス号、ペネロープ号などの艦長を務めた。 1804年、プロヴィデンス号の探検記録を「北太平洋探検航海記」として出版[1]。 1811年、上官と衝突して海軍を除隊し、1815年には53歳で従姉妹と結婚している。1819年、海兵隊大佐として軍務に復帰するが、1821年3月12日、赴任先のイタリアフィレンツェで没する。

戦歴[編集]

1775年~1783年 海軍少尉候補生としてアメリカ独立戦争に従軍
1782年7月6日 インド東岸でフランス海軍サフレン艦隊と、ネガパタンの海戦
1803年 ペネロープ号(en:HMS Penelope)艦長として、北海でフランス艦隊と交戦
1809年4月11日 イラストリアス号(EN:HMS Illustrious)艦長としてフランス・ブレスト艦隊攻撃に参加
1811年 ジャバ遠征隊に参加

探検航海[編集]

軍務として2回の探検航海を行い、二回目の航海では日本を訪れている。

チャタム号の航海[編集]

1791年から1795年にかけてのバンクーバー遠征隊(en:Vancouver Expedition)に、チャタム号(en:HMS Chatham (1788))艦長として参加した。 ケープタウンからオーストラリア南岸を経て、11月にニュージーランドへ寄航、チャタム諸島を(ヨーロッパ人として)発見。北へ向かい、タヒチ島からカメハメハ1世時代のハワイ諸島を経由し、カナダバンクーバー島コロンビア川を調査した。 1792年10月、アメリカ北西部のコロンビア・ジョージ川(en:Columbia River Gorge)を遡上し、オレゴン州マルトマ郡に上陸する。その後、アラスカシトカを経て11月末にサンフランシスコに帰着後、別命により船を降り、イギリスへ帰国した。

プロヴィデンス号の航海[編集]

ブロートン日本初上陸地である虻田の海岸

1793年10月に就任したプロヴィデンス号(en:HMS Providence (1791))艦長として、バンクーバー遠征隊支援と北大西洋調査を命じられ、1795年に出帆した。 12月16日キリバスカロリン島を再発見し、翌年バンクーバー島を再訪、調査する。遠征隊支援を終え、太平洋を横断して黄海に入り、イギリス人として初めて朝鮮半島沿岸を航海する。さらに北上してヨーロッパの地図上で空白地帯だった、揚子江から樺太(サハリン)、北海道沿岸と千島列島の測量調査を行い、1796年(寛政8年)8月に噴火湾に面する虻田町(現・洞爺湖町虻田)で日本初上陸を果たし、9月には室蘭に寄港して、船体の修理を行っている。冬を越すために12月マカオへ寄港する。 厳しい北太平洋の調査に僚船の必要性を感じ、スクーナープリンス・ウイリアム・ヘンリー号(en:Prince William Henry)を買って2隻でマカオを出航するが、直後の1797年5月16日、プロヴィデンス号は宮古島沖で座礁、沈没してしまう。 (帰国後出版し評判となった航海記には、この時宮古島の住人に手厚く助けられた感謝の念が記され、イギリス人の対日観に影響を与えたとの見方がある) いったんマカオに戻った後、彼は残ったスクーナーで探検航海を再開する決断をする。 那覇港に寄った後、太平洋岸を北上(房総沖で江戸湾を確認)し、仙台箱館を訪問するが松前藩には歓迎されず、そのまま日本海へ抜けている。1798年5月、セイロン島で船を降り、翌年本国に帰国した。

ゆかりの地[編集]

彼の名にちなむ地名が、いくつか残されている。

  • 武魯頓島ロシア語: Остров Броутона 英語: Broutona Island ) 千島列島中部にある島。隣の新知島にある武魯頓湾も彼の名にちなんでいる。
  • ブロートン島(en:Broughton Island) オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アメリカにある。
  • ブロートンアーム(Broughton Arm)ニュージーランドのダスキー・サウンドにある川中の地形。
  • ブロートン群島(en:Broughton Archipelago) カナダのブリティッシュコロンビア州にある。
  • ブロートン断崖(Broughton's Bluff) オレゴン州マルトマ郡にある、ロッククライミングの難所。
  • ブロートンクラブ(Broughton's Club) ソウルのイギリス大使館内にあるパブ。
  • フッド山(Mount Hood) 当時のイギリス海軍総督サミュエル・フッドの名をとって、ブロートンが命名した。
  • ヤング湾、ヤング川(Youngs River and Youngs Bay) 伯父のヤング提督の名をとって、ブロートンが命名した。

このほか、室蘭港をエンデルモ(エドモ 絵鞆)・ハーバー、内浦湾を噴火湾と命名している。 室蘭水族館には、室蘭港が初めてヨーロッパに紹介された記念碑として「プロビデンス号来航記念碑」が昭和30年に建てられている。

参考資料[編集]

  1. ^ A voyage of discovery to the north Pacific Ocean, 1795-1798Google ブックス