書誌学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

書誌学(しょしがく、英語:bibliography、bibliology)とは、書籍を対象とし、その形態・材料用途・内容・成立の変遷等の事柄を科学的・実証的に研究する学問のことである。狭義では、個別の書籍を正確に記述した書誌に関する学問を指す。

日本[編集]

日本では、一般的に江戸時代以前の古典籍について、その成立・装幀・伝来等を含めて、その書籍に関する諸々の事柄を研究・記述する場合に用いられることが多い。

その歴史的な第一歩は、奈良時代の書目編纂に始まる。各大寺の経蔵の所蔵目録や、一切経の蔵経目録など、経録(仏典目録)類が盛んに編修された。平安時代になると、藤原佐世による漢籍目録の『日本国見在書目録』が現れる。また、蔵書目録としては、信西による『通憲入道蔵書目録』が見られる。また、平安末になると、刊本を用いた漢籍の校勘や、『万葉集』などの伝本の対校が実施されるようになった。鎌倉時代になると、仙覚律師による『万葉集』の校勘が、その水準の高さを誇っている。また、その末期には、『本朝書籍目録』という総目録が編纂されている。江戸時代には、『七経孟子考文』の山井鼎近藤正斎狩谷棭斎渋江抽斎森立之らの書誌学の大立者が現われた。

中国[編集]

中国における書誌学は、以下の諸学に類した学問か、或いはその一部であったり、その逆に相互に補完するものとして認識されて来た。

  • 目録学 - 歴代の書目を対照し、巻数や字句の出入を考証し、更に古籍の出自や真偽を考察して、版本の優劣を見、系統を調査し、古籍の資料的価値を確定する学問。王鳴盛が、その著『十七史商榷』で用いたのが初見である。
  • 校讎学 - 校勘学。版本の対校を行い、字句の校訂を行う学問。清朝の章学誠のみは、その著『校讐通義』において、より広い範囲を想定し、学問や学派の系統までを研究する学問であると定義している。
  • 版本学 - 書誌学と同義語として用いられるが、やや好事家的な意味合いを含んだ学問として用いられている。
  • 輯佚学 - 亡佚した古典(逸書)を、類書等への引用文を用いて復原する学問。
  • 考証学 - 清朝伝統の考証学は、1900年前後の重大発現に触発され、その一分派として書誌学を開花させた。

エジプト[編集]

紀元前200年代に、詩人であり学者として活動したカリマコスは、アレクサンドリア図書館の膨大な蔵書の8分類し、目録を作成したことから「書誌学の父」と称される存在となった[1]

欧米[編集]

英語での書誌学は、次の二つに大別できる。

  • 分析書誌学(analytical bibliography)
    個々の図書の物質的形態を観察して記述する。本文批判を含む。(critical bibliography ともいう。)
  • 列挙的書誌学(enumerative bibliography)
    一定の原理によって書籍や文書書誌的事項を排列したリスト(書誌・文献の目録)及びその作成法を指す。(systematic bibliography ともいう。)

脚注[編集]

  1. ^ ヴィッキー・レオン2009年『古代仕事大全』p117原書房

参考文献[編集]

関連項目[編集]