鐵砲洲稲荷神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鐵砲洲稲荷神社
Teppozu Inari Shrine 01.JPG
本殿
所在地 東京都中央区湊一丁目6-7
位置 北緯35度40分20.8秒
東経139度46分47秒
座標: 北緯35度40分20.8秒 東経139度46分47秒
主祭神 稚産霊神豊受姫大神宇迦之御魂大神
社格 旧郷社
創建 承和8年4月15日
別名 湊稲荷
例祭 例大祭(5月2日5日
主な神事 寒中水浴大会(1月第2日曜日)
テンプレートを表示
名所江戸百景
鉄炮洲稲荷橋湊神社
鉄砲洲富士

鐵砲洲稲荷神社(てっぽうずいなりじんじゃ)は東京都中央区にある稲荷神社平安時代創建の古社で、京橋地域の産土神である。

歴史[編集]

平安時代承和8年4月15日ユリウス暦841年5月9日)、凶作に悩む荏原郡桜田郷の住民が産土神生成太神(いなりのおおかみ)として祀ったことに始まる。

入江埋立に伴い京橋に遷座し、更に室町時代末期の大永年間に後の新京橋(現・銀座一丁目付近)へ遷座し、八丁堀稲荷神社と称した。

江戸時代初期の寛永元年(1624年)、桜川亀島川に合流する地点、稲荷橋南東詰(現・湊一丁目8番地付近)に遷座し、もとあった八幡神社を摂社とした。

一方、18世紀中期の『事跡合考』によれば、昔八丁堀一丁目南岸にあったが、家屋が過密になり、八丁目に移転したという。

江戸の水路網の入り口に位置することから、全国からの船乗りの崇敬を集めた。

寛政2年(1790年)には富士塚が築造され、人気を博した。

江戸時代後期には吉田家により湊神社と名付けられ、また「浪ヨケイナリ」とも称された。安政期に歌川広重が描いた『名所江戸百景』「鉄炮洲稲荷橋湊神社」には朱塗りの壁と社殿が見える。

明治元年(1868年)土地が収用され、120m程南の現在地に遷座した。

大正12年(1923年)の関東大震災では大きな被害を蒙ったが、昭和10年(1935年)以降本殿や神楽殿が再興され、現在の形が整った。昭和20年(1945年)の東京大空襲では被害を免れ、昭和初期の神社の形式を今に伝える。

昭和37年(1962年)には隣地に区内初の児童公園が完成した。

鉄砲洲富士[編集]

境内には区内唯一の富士塚がある。富士山の熔岩を用いたもので、頂上には末社鉄砲洲富士浅間神社が鎮座する。

寛政2年(1790年)に築造されて人気を集めた。『江戸名所図会』や歌川広重の『絵本江戸土産』では本殿より大きく描かれており、当時かなりの威容を誇ったと思われる。

神社遷座2年後の明治3年(1870年)に新地に移築され、明治7年(1874年)再築された。以降明治18年(1885年)、昭和3年(1928年)、昭和11年(1936年)と3度境内内で移築され、現在の高さは5.4mである。

富士山の山開きに合わせて、7月1日のみ登拝が可能である。

年間行事[編集]

氏子町[編集]

氏子を構成するのは京橋五之部の湊一~三丁目・明石町入船一~三丁目・新富の8町会、四之部の銀座一~五丁目東・六七丁目東・六七丁目西・八丁目東の8町会、及び新川二丁目越一(えちいち)町会(一部)の計17町会である。

五之部・四之部とは明治初年に実施されていた大区小区制の名残で、現在も中央区では連合町会の単位として機能している。五之部は鉄砲洲と俗称される地域に相当し、湊一丁目及び二丁目町会は祭事には合同で宮元町会を結成する。四之部は銀座の内三十間堀川より東、旧・銀座東の区域で、戦前に木挽町と呼ばれた地域を中心とし、氏子には歌舞伎座新橋演舞場も含まれる。

新川二丁目は南高橋を渡って対岸の霊岸島にある。主に富岡八幡宮の氏子だが、一部区域が当社の氏子となっている。町会名の 「越一」は旧町名の「越前堀一丁目」を意味する。

氏子組織には崇敬会・敬神婦人会・弥生会がある。弥生会は戦後途絶えていた神輿渡御復活を目的として平成10年(1998年)に設立された。

氏子地域[編集]

湊一丁目~三丁目
入船一丁目~三丁目
新富一丁目~二丁目
明石町
銀座一丁目12~28、二丁目10~16、三丁目9~15、四丁目9~14、五丁目11~15、六丁目13~18、七丁目12~18、八丁目12~21
新川二丁目28~31(各一部)

交通[編集]

外部リンク[編集]