引越し蕎麦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

引越し蕎麦(ひっこしそば)とは、新しく引っ越してきた者が近隣に蕎麦を配る習慣である。

江戸時代、少なくとも天明年間には江戸に広がっていた習慣だが、近年はなくなりつつある風習である。上方では存在しなかった。

蕎麦は安かった事と細く長くお世話になりますの意味を込めて、引っ越してきた者が挨拶を兼ね、隣近所(長屋の場合はいわゆる「向こう三軒両隣」の5軒)にはせいろ二枚ずつ、大家には五枚の蕎麦を配った。 因みに蕎麦はに引っ越してきたという掛け詞でもある。

この風習が始まるまでは、引越しの際にはを近所に配っていた。江戸期には乾蕎麦は一般的ではなかったし、生の蕎麦や茹でた蕎麦では時間による劣化が起こる。そのため「蕎麦切手」という一種の商品券のようなものを配ることが多かった。

文献[編集]

関連項目[編集]