千代紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京千代紙
千代紙で作られた折鶴

千代紙(ちよがみ)は、日本の伝統的な遊びである折り紙を作るために使われたり、紙人形の衣装、工芸品や化粧箱に装飾の目的で貼られる、紋や柄の豊かな和紙で作られた正方形の紙である。折り紙と呼ぶこともある。

本項では、洋紙で作られたものを折り紙とし、和紙で作られたものを千代紙として扱う。

呼称[編集]

正方形の日本の伝統的な紋や模様が入っているものを指す場合が多く、特に和紙で作られたものを千代紙と呼ぶ。一般的に折り紙と同様の呼ばれ方をする場合も多いが、現代[いつ?]では特に洋紙で作られている正方形の模様が入った紙を「折り紙」、和紙で作られているものを「千代紙」と呼ぶ。

「千代紙」という呼称は、千代姫という女性名から採ったとも、千代田城とも呼ばれた江戸城大奥で好まれたからともいわれる[1]

特徴[編集]

伝統的かつ通常的な千代紙は、木版で柄や模様を色刷りしたものである。ただ、空刷り(からずり。版木に色を載せずに凹凸を付ける木版の技法)によって作られる無地の千代紙も一部にはある[1]

起源[編集]

起源については、京都で発明されたとする説が有力であるが、他にも、江戸時代浮世絵師が作り始めた、同時代に大奥で使われ始めた、戦国時代後期に山内一豊の妻である見性院によって発明された等々、様々な異説・俗説がある。いずれにしても、贈り物包装紙として用いられた絵奉書祝儀書簡)が、木版摺りの技術と結びついて量産化されるようになったものである。武家の女性は贈り物や菓子を包むことに千代紙を使った[1]

京千代紙と江戸千代紙[編集]

京都で作られた千代紙を京千代紙江戸で作られた千代紙を江戸千代紙と言う。

京千代紙は、町人文化が隆盛となる江戸中期以前には平安時代以来の公家伝統の有職文様が主流であったが、町人の需要増に伴って京の風土年中行事にちなむ文様が新たに考案されていったとされる。京千代紙は江戸千代紙に比して意匠と色使いの渋さを特徴とする。

一方、江戸では町人文化の隆盛が京を凌ぐものとなり、加えて、浮世絵版画の多色刷りの技術が発達したため、やがて京を上回る多様性を持つに至ったという。江戸千代紙には「(いき)」に代表される江戸特有の風土に根ざした意匠が多く、その種類は1,000を超える[1]歌舞伎など芝居モチーフとした、歌舞伎十八番、隈取り、役者紋づくし、定引縞など、美麗な色使いのものが多い。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • 和紙(加工法別)”. 日本文化いろは事典[1]. シナジーマーケティング株式会社[2]. 2011年9月10日閲覧。
  • File48 千代紙”. 美の壺(ウェブサイト). NHK (2007年5月). 2011年9月10日閲覧。2007年5月25日放送分。
  • 千代紙”. キヤノン・クリエイティブパーク(ウェブサイト). キヤノン. 2011年9月10日閲覧。
  • ちよがみ”. おりがみくらぶ(ウェブサイト). 株式会社シティプラン. 2011年9月10日閲覧。