環状運転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

環状運転(かんじょううんてん)とは、公共交通機関において、おおよそ円形状もしくは楕円状に1周する形で運行すること。

鉄道バスで行われている。バスでは「循環運転」とも称する。

運転方向については、複線の環状線上では、一般的に時計回り/反時計回り、「右回り」/「左回り」もしくは、「外回り」/「内回り」と称する。 「外回り」/「内回り」については、複線区間で列車が左側通行となる日本においては、時計回りの列車が常に外側の線路を走行するためにつけられた呼称であるが、利用客が列車の線路の位置を意識することはほとんどないので、わかりにくい。

鉄道の環状運転の例[編集]

日本国内[編集]

所在地 事業者・路線 環状部の
キロ程
(km)
運行形態 環状部の
循環方向
他系統の乗り入れ
1北海道 札幌市 札幌市交通局一条・山鼻軌道線 8.9 完全環状型 両回り なし
12-1千葉県 佐倉市 山万ユーカリが丘線 3.1 ラケット型 反時計回りのみ なし
12-2千葉県 浦安市 ディズニーリゾートライン 5.0 完全環状型 反時計回りのみ なし
13-1東京都 区部 JR東日本 山手線[† 1] 34.5 完全環状型 両回り なし[† 1]
13-2東京都 区部 都営地下鉄大江戸線 27.8 6の字型 両回り なし
16富山県 富山市 富山地方鉄道富山市内軌道線(3系統) 3.5 ラケット型[† 2] 反時計回りのみ 他の系統(1・2系統)と一部区間を共用[† 3]
23愛知県 名古屋市 名古屋市営地下鉄名城線 26.4 完全環状型 両回り 名港線直通列車が存在(金山 - 大曽根・ナゴヤドーム前矢田間に乗り入れ)
27大阪府 大阪市 JR西日本 大阪環状線[† 4] 21.7 完全環状型[† 5] 両回り 桜島線関西本線阪和線梅田貨物線との直通あり
28兵庫県 神戸市 神戸新交通ポートアイランド線 3.6 ラケット型 反時計回りのみ 三宮 - 市民広場間を神戸空港駅方面の系統も利用
38愛媛県 松山市 伊予鉄道松山市内線(1・2号線) 6.5 ラケット型 両回り 他の系統(3・5・6号線)とも一部区間を共用

注記

「運行形態」の欄は以下の通り記述する。

  • 「完全環状型」:1本の環状線のみからなる形のもの。
  • 「ラケット型」:「枝線部分 - 環状線部分 - 枝線部分」の形をしているもの。
  • 「6の字型」:「枝線部分 - 環状線部分」の形をしているもの。枝線部分全線を運行した後環状線を1周した(あるいはその逆経路)時点で系統終了となる。
  1. ^ a b 運転系統としての山手線(一般に「山手線の列車」といった場合の運転)は環状運転を行っているが、線路名称としての山手線は品川 - 新宿 - 田端のみで、一周の環状線ではない。また、線路名称としての山手線に当たる区間には並行して貨物線が敷設されており、放射線から湘南新宿ライン埼京線電車などが乗り入れる。
  2. ^ 環状運転の列車が運行する線路の構造はラケット型であるものの、駅の並びとしては完全環状型である(枝線部に富山駅停留場の1停留場しかない)。また、2009年12月23日の開業から2015年3月14日の富山駅高架下乗入より前は線路の構造としても完全環状型であった。
  3. ^ 2019年以降に富山ライトレール富山港線との相互乗入の予定。
  4. ^ 大阪環状線は線路名称上もJR線路名称公告でも大阪駅を起点・終点とする完全な環状線であるが、事業基本計画や鉄道要覧では天王寺 - 大阪 - 新今宮間が大阪環状線で、関西本線と並行する今宮 - 新今宮 - 天王寺間のうち今宮 - 新今宮間が両線の重複区間、新今宮 - 天王寺間が関西本線となっている。また、複数の放射線から多数の列車が乗り入れる。大阪環状線も参照。
  5. ^ 大阪環状線と大和路線・阪和線との直通系統については、「(大和路線・阪和線) - 天王寺 - (大阪環状線を一周) - 天王寺」という6の字運転を行っている列車もある。

かつては大阪市電京都市電名古屋市電横浜市電仙台市電函館市電西鉄福岡市内線などの路面電車でも環状運転を行っていた。環状運転を行っていた系統が路線廃止により一度消滅したものの、路線を再設置して完全環状型の環状運転を復活させている路面電車として、札幌市電と富山地方鉄道富山市内線がある(富山については一部ルートが異なる)。

日本国外[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b この路線は円弧で完結する形の環状線ではなく、放射部と環状部の繋がった6の字やラケット状の線形となっており、放射部の終端駅や、放射部と環状部の分岐駅などで折り返す運行系統が主体となっている。
  2. ^ a b この路線は片一方のみの環状運転、それ以外は内回り・外回りの両方向がある。
  3. ^ a b 放射路線の乗り入れがある。
  4. ^ 放射線を有するが、環状線と放射線の間での直通運転はない。
  5. ^ 同路線のブロードウェイ駅とコマーシャルドライブ駅が近接し、事実上の同駅扱いになっている。メイン駅以西の路線とVCC・クラーク駅は枝線となる、ラケット型。

関連項目[編集]