グラスゴー地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラスゴー地下鉄
カウカデンズ駅停車中の電車
カウカデンズ駅停車中の電車
路線総延長 10.4 km
軌間 1,220 mm
最高速度 54 km/h
ヒルヘッド駅 ケルビンブリッジ駅 セント・ジョージズ・クロス駅 カウカデンズ駅 ブキャナン・ストリート駅 セント・イノック駅 ブリッジ・ストリート駅 ウェスト・ストリート駅 シールズ・ロード駅 キニング・パーク駅 セスノック駅 アイブロックス駅 ゴヴァン駅 パーティック駅 ケルビンホール駅Glasgow SPT Subway Map.svg
画像の詳細

グラスゴー地下鉄Glasgow Subway)は、スコットランドグラスゴー市内を走る地下鉄である。開業は1896年で、ロンドンイスタンブルブダペストに次いで、世界で4番目に古い。(文献によっては、イスタンブルをこれに含めず、グラスゴーが世界で3番目とするものもある。)

開業当時は、ケーブルカー(日本でよく見られるような交走式のものではなく、サンフランシスコのようなグリップ式のもの)であったが、1935年に電動車に置き換えられ、今日に至っている。

開業当初、乗客が心身を休めるように、という理由から、定員を座席数+4人に設定し、それ以上の客が列車に乗ることを拒んでいた。早川徳次はこの体験から「これからの日本は『ゆとりある生活』が必要だ」と考え、東京地下鉄道の構想を考えた。

概要[編集]

環状線の1路線のみで、全線複線、全区間地下(車両基地、および、引込み線を除く)である。環状線のため、外側の線路を時計回り(つまり、カウカデンズ→ブキャナン・ストリート→セント・イノック)に走る列車についてはアウターサークル外回り)、内側の線路を反時計回りに走る列車についてはインナーサークル (内回り)と言う呼称が用いられている。1周は約24分。車両は3両編成で、ロンドン地下鉄と同様小さい。運行時間は、平日と土曜日が6:30 - 23:30、日曜日が10:00 - 18:00。

ブキャナン・ストリート駅では、グラスゴーの主要駅のひとつであるクイーンストリート駅と接続している。もうひとつの主要駅セントラル駅とは直接接続されてはいないが、セント・イノック駅から徒歩数分の距離にある。パーティック駅はファースト・スコットレールの地上駅と直接接続している。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):10.4km
  • 軌間:1,220mm(4フィート)
  • 駅数:15駅
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流750V 第三軌条方式)
  • 地上区間:なし(全駅地下駅)
  • 車両基地:ブルームローン車両基地
  • 輸送実績:1316万人(2005/06年)

沿革[編集]

料金[編集]

2012年9月現在の料金は以下のとおり。

  • 片道 (Single) 大人・・・£1.40 子供(16歳以下)・・・£0.70
  • 往復 (Return) 大人・・・£2.60 子供(16歳以下)・・・£1.30

駅一覧[編集]

日本語駅名 英語駅名 累計
キロ
乗り換え 所在地
ヒルヘッド駅 Hillhead 0.0 グラスゴー
ケルビンブリッジ駅 Kelvinbridge
セント・ジョージズ・クロス駅 St. George’s Cross
カウカデンズ駅 Cowcaddens
ブキャナン・ストリート駅 Buchanan Street ファースト・スコットレール
(グラスゴー・クイーンストリート駅にて)
セント・イノック駅 St Enoch ファースト・スコットレールヴァージン・トレインズナショナル・エクスプレス・イースト・コーストクロスカントリーファースト・トランスペナイン・エクスプレス
(それぞれグラスゴー・セントラル駅にて)
ブリッジ・ストリート駅 Bridge Street
ウェスト・ストリート駅 West Street
シールズ・ロード駅 Shields Road
キニング・パーク駅 Kinning Park
セスノック駅 Cessnock
アイブロックス駅 Ibrox
ゴヴァン駅 Govan
パーティック駅 Partick ファースト・スコットレール
ケルビンホール駅 Kelvinhall
ヒルヘッド駅 Hillhead 10.4

外部リンク[編集]