成都軌道交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
成都軌道交通
基本情報
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
所在地 四川省成都市
種類 地下鉄、市域鉄路
開業 2010年5月12日
運営者 成都軌道交通有限公司
詳細情報
総延長距離 地下鉄:110.7 km
市域鉄路:66.2km
軌間 1,435 mm
テンプレートを表示
成都地下鉄
各種表記
繁体字 成都軌道交通
簡体字 成都轨道交通
拼音 Chéngdū Gǔidào Jiāotōng
英文 Chengdu Metro
テンプレートを表示

成都軌道交通(せいときどうこうつう、中文表記成都轨道交通)は中華人民共和国四川省成都市市内の地下鉄および市街地と近郊を結ぶ交通機関である。

概要[編集]

成都軌道交通は市内の地下鉄、快速軌道、市域鉄路の3つの部分がある。中国国内で初めて、地方政府と鉄道部の合資会社が建設と運営を請負う軌道交通システムである[1]。成都市は中国で初めて近郊路線を持つ都市となり、北京天津上海広州南京に継いで7番目に、中西部では初めて地下鉄が開通した都市である。2010年5月12日成灌線が開通し、2010年9月27日成都地下鉄1号線が開通した[2]

沿革[編集]

人民公園駅

路線[編集]

現在は地下鉄4路線と市域鉄路1路線が開通している。

2016年現在の路線網

営業中[編集]

地下鉄[編集]

1号線昇仙湖駅-四河駅-広都駅間 23.9km、22駅(四河駅-広都駅間は支線)
2号線犀浦駅-龍泉駅駅間 42.4km、32駅
3号線軍区総医院駅-太平園駅間 20.0km、17駅
4号線非遺博覧園駅-万年場駅間 22.4km、16駅

市域鉄路[編集]

成灌線成都駅-青城山駅間 66.2km、14駅
成灌線彭州支線:郫県西駅-彭州駅間、7駅
成灌線離堆支線:都江堰駅-離堆公園駅間、4駅

建設中[編集]

地下鉄[編集]

1号線(3期):四河駅-天府新駅間、12駅
1号線(3期・支線):広都駅-五根松駅間、1駅
3号線(2期):太平園駅-双流西駅間 17.2km、11駅
3号線(3期):成都医学院駅-軍区総医院駅間 12.5km、9駅
4号線(2期):万盛駅-非遺博覧園駅間、西河駅-万年場駅
5号線華桂路駅-回龍駅間 49.02km、41駅
7号線成都北駅-成都南駅-成都北駅(環状線) 38.61km、31駅
10号線(1期):太平園駅-成都双流国際空港第二ターミナル駅 10.9km、6駅
18号線(1期):成都南駅-天府新駅

市域鉄路[編集]

成蒲線:99km、12駅

計画中[編集]

2017年年末までに、7号線を建設し、総延長は147kmとするとし、2020年までに3号線(2期区間)・4号線(2期区間)・5号線・6号線(1期区間)などを建設し、総延長を298kmとする計画である[9]

2020年時点での成都地下鉄の路線図(予定)

地下鉄[編集]

6号線沙湾駅-麓山大道駅間22.05km、13駅
8号線
9号線
10号線(2期):成都双流国際空港第二ターミナル駅-南河駅、8駅
11号線
12号線
13号線
14号線
15号線
16号線
17号線
18号線(2期):天府新駅-成都天府国際空港駅

市域鉄路[編集]

成金線
第二機場線
灌大新線:都江堰-大邑-新津

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]