西寧軌道交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西寧軌道交通(せいねいきどうこうつう、中国語: 西宁轨道交通)とは中国青海省西寧市において計画中の地下鉄である。遠期計画では地下鉄3路線と郊外鉄道4路線が計画されている。近期計画では1号線と3号線一期区間、計47.7kmが建設され、建設費は280.61億の予定である。1号線は2016年内に着工され、2022年6月開業予定である[1]


路線[編集]

2016年現在3路線が計画されている[2]

  • 1号線:全長29.5km、22駅設置。終点は東川金開路。経由ルートは五四西路~五四小巷~西小巷~東小巷~東関小巷~共和路~互助路~湟中路~果洛路~崑崙小道。
  • 2号線:全長21.2km、16駅設置。起点は北川花園台村、終点は博文路。経由ルートは高教路~寧大路~小橋小巷~新寧路~昆侖小道~果洛路。
  • 3号線:全長41.0km、25駅設置。終点は塔爾寺。経由ルートは柴達木路~長江路~六一路~海南路~新城小道~西久公路~二十二街。

脚注[編集]

  1. ^ 西宁公交都市创建进入冲刺阶段” (简体中文). 青海新闻网 (2016年10月27日). 2016年11月2日閲覧。
  2. ^ 西宁轨道交通喜大普奔!!! 西宁轻轨1号线今年开建啦” (简体中文). 西宁新闻 (2016年6月19日). 2016年11月2日閲覧。