広州地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
広州地下鉄
ロゴマーク
広州地下鉄出入口周辺にて掲示されている案内看板。
広州地下鉄出入口周辺にて掲示されている案内看板。
基本情報
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
所在地 広東省広州市仏山市
種類 地下鉄
開業 1997年6月28日
所有者 広州市
運営者 広州地鉄集団有限公司
公式サイト www.gzmtr.com/
詳細情報
総延長距離 391.7 km
路線数 13路線
駅数 200駅(乗換駅は二重計算せず)
輸送人員 25.7億人(2016年)
1日利用者数 701.7万(2016年平均)
1002.6万(2017年12月31日記録)
保有車両数 2,076両
軌間 1,435 mm (標準軌)
電化方式 直流1,500V 架空電車線方式
直流1,500V 第三軌条方式
交流600V 第三軌条方式[1]
最高速度 120 km/h
通行方向 右側通行
路線図
路線図
2018年時点の広州地下鉄路線図
テンプレートを表示
広州地下鉄
各種表記
繁体字 廣州地鐵
簡体字 广州地铁
拼音 Guăngzhōu Dìtiě
発音: グァンジョウ ディーティエ
広東語発音: Gwong2 zau1 dei6 tit3
英文 Guangzhou Metro
テンプレートを表示

広州地下鉄(こうしゅうちかてつ、中国語簡化字: 广州地铁、繁體字: 廣州地鐵、英語(拼音): Guangzhou Metro)は中華人民共和国広東省広州市にある[2]地下鉄である。運営は広州地鉄集団有限公司

概要[編集]

中国で4番目に開通した地下鉄であり、現在も路線の拡張が進められている。2010年に開催されたアジア大会の直前は、特に急速に路線を拡張していた。2010年に5路線が開通し、2020年までに全16路線、走行距離約677kmの地下鉄路線の建設が計画され、リニア地下鉄の調達も予定されている。

路線[編集]

営業中[編集]

GZMetro-1-JP-Antilovsky.svg
路線名 営業区間 駅数 営業キロ 開業日 車両長 編成数
1号線 西朗 (101) - 広州東駅 (116) 16駅 18.5km 1997年6月28日 22m 6両
2号線 広州南駅 (201) - 嘉禾望崗 (224) 24駅 31.8km 2002年12月29日 22m 6両
3号線 番禺広場 (301) - 天河客運駅 (316) 16駅 65.3km 2005年12月26日 19m 6両
体育西路 (311) - 機場北 (330) 14駅
4号線 南沙客運港 (401) - 黄村 (424) 23駅 56.25km 2005年12月26日 17m 4両
5号線 滘口 (501) - 文沖 (524) 24駅 31.9km 2009年12月28日 17m 6両
6号線 潯峰崗 (601) - 香雪 (632) 31駅 41.7km 2013年12月28日 17m 4両
7号線 広州南駅 (701) - 大学城南 (709) 9駅 18.6km 2016年12月28日 19m 6両
8号線 鳳凰新村 (816) - 万勝囲 (828) 13駅 15.0km 2002年12月29日 22m 6両
9号線 飛鵝嶺 (901) - 高増 (911) 11駅 20.1km 2017年12月28日 19m 6両
13号線 魚珠 (1301) - 新沙 (1311) 11駅 28.3km 2017年12月28日 22m 8両
14号線 新和 (1401) - 鎮竜 (1410) 10駅 21.8km 2017年12月28日 19m 6両
広仏線 新城東 (GF01) - 燕崗 (GF22) 22駅[3] 34.4km(広州市内 12.9km) 2010年11月3日 19m 4両
APM線 広州塔 (APM01) - 林和西 (APM09) 9駅 4.0km 2010年11月8日 13m 2両
合計 200駅 391.7km

建設・計画中[編集]

建設・計画中線路
GZMetro-2-JP-Antilovsky.svg
3号線東延線(計画中)
4号線官橋駅(建設中)
5号線東延線(計画中)
6号線沙河駅(建設中)
6号線竜洞北駅(計画中)
7号線東延線(大学城南駅蘿崗駅、19.9km。計画中)
7号線西延線(美的大道駅広州南駅、13.64km。建設中、2020年開通予定)
8号線北延線(鳳凰新村駅滘心駅、16.8km。建設中、2019年開通予定)
8号線南延線(計画中)
8A号線(計画中)
9号線森林公園駅(計画中)
10号線天河客運駅西朗駅。計画中)
11号線(環状線、42.4km。建設中、2022年開通予定)
12号線潯峰崗駅大学城南駅。計画中)
13号線二期(朝陽駅魚珠駅、33.8km。建設中)
14号線嘉禾望崗駅街口駅、51.2km。建設中、2018年開通予定)
15号線(南沙環状線、蕉門駅南沙客運港駅—蕉門駅。計画中)
16号線(新塘—茘城北。計画中)
17号線(紫坭—広汽基地。計画中)
18号線(広州東駅—万頃沙。建設中)
19号線(穂塩路—奥体東。計画中)
20号線(遠期計画)
21号線天河公園駅増城広場駅、58km。建設中、2018年開通予定)
22号線(白鵝潭—万頃沙。建設中)
23号線京渓南方医院駅植物園駅香雪駅官湖駅。計画中)

歴史[編集]

広州地下鉄路線の発展(年別)

料金体系[編集]

珠江新城新交通システム線を除いて距離に応じた距離別運賃制となっている。珠江新城新交通システム線は一律2元である。

初乗りは2元で、4kmまで乗車できる。4kmから12kmまでは4km毎に、12kmから24kmまでは6km毎に1元が加算される。24km以上は8km毎に1元が加算される。乗車駅から下車駅までの間に経路が複数ある場合は、最短経路となる距離で運賃が計算される。

地下鉄構内の時間制限は270分(4時間30分)であり、時間超過後に入場していた場合は出場時に最高運賃(17元)が科される。

キロ程 運賃(人民元)
初乗り4km 2
4 - 8 km 3
8 - 12 km 4
12 - 18 km 5
18 - 24 km 6
24 - 32 km 7
32 - 40 km 8
40 - 48 km 9
48 - 56 km 10
56 - 64 km 11
64 - 72 km 12
72 - 80 km 13
80 - 88 km 14
88 - 96 km 15
96 - 104 km 16
104 - 112 km 17

乗車方法[編集]

IC乗車券(トークン)

自動券売機で硬貨状のIC乗車券(トークン)を購入し、自動改札機から入場する。乗車券は下車時回収され、再び使用される。1回券のほかに、繰り返しチャージして使える非接触IC型プリペイドカード「羊城通」も販売されている。

2017年9月26日、全国の地下鉄で初めて銀聯カード情報を登録したApple Payで、自動改札機に直接タッチして乗車できるようになった[4]

車両[編集]

利用状況[編集]

2016年度の一日平均輸送人員は702万人、一キロあたりの輸送人員は2.6万人である。乗車人員は中国全土の地下鉄で北京地下鉄、上海軌道交通に次いで3番目に多く、一キロあたりの輸送人員は中国全土の地下鉄で最も多い。

2010年度に中国初の都市間連絡地下鉄となる仏山地下鉄1号線が開業し、広州市の西側に隣接する仏山市と都市連絡鉄道としての機能も果たす。

輸送人員が最も多い路線は3号線である。広州のオフィス街、繁華街、住宅街を南北に縦断しており、更には空港連絡鉄道としての機能も果たしているが、6両編成のB型車両(車両長が19m)で運行しているため一日を通して最も混雑する路線である。ラッシュ時に入場規制を実施する駅も3号線が最多であり、特に体育西路駅は曜日を問わず夕ラッシュ時に入場規制が実施される。

近年の路線別利用状況は以下のとおりである。

  • 特記のない場合、3号線は本線と支線の合算した値。

路線別特定日輸送人員[編集]

広州地下鉄の路線別特定日乗車人員(単位:万人)
集計日 曜日 1号線 2号線 3号線 4号線 5号線 6号線 7号線 8号線 9号線 13号線 14号線 広仏線 APM線 広州地下鉄計 備考
2012年05月01日 火曜日 684 労働節
2013年05月01日 水曜日 750 労働節
2014年05月01日 木曜日 794.2 労働節
2014年12月31日 水曜日 144.0 164.3 207.8 40.8 129.5 74.5 71.2 22.1 6.8 861.3
2015年12月31日 木曜日 879.1
2016年05月01日 日曜日 897.3 労働節
2017年01月01日 日曜日 96 17.9 38.5 873.8
2017年04月28日 金曜日 121 154 229 130 905.3
2017年04月30日 日曜日 908.3
2017年09月30日 土曜日 121 159.5 235 137 102 941.2
2017年12月31日 日曜日 244 50.8 105.3 18.32 17.05 1.41 40 1002.57

年次別一日平均輸送人員[編集]

広州地下鉄の一日平均乗車人員(単位:万人)
年度 1号線 2号線 3号線 3号線(北線) 4号線 5号線 6号線 7号線 8号線 9号線 13号線 14号線 広仏線 APM線 広州地下鉄計
2003年 33.48
2004年 44.86
2005年 58.5
2006年 76.9
2007年 130.13
2008年 163.66
2009年 184.99
2010年 323.57
2011年 450.59
2012年 507.13
2013年 562.73
2014年 624.08
2015年 109.9 129.0 99.4 56.6 30.1 98.1 60.5 55.2 12.1 3.5 659.43
2016年 106.24 127.95 105.94 67.11 32.02 105.21 67.57 0.14 61.77 23.87 3.89 702
2017年 767.8

一日平均乗車人員上位10位[編集]

  • 乗車人員は乗換人員を含む。
広州地下鉄の駅別乗車人員上位10位[5][6]
順位 駅名 路線 2016年度 2015年度 所在地 備考
1 体育西路駅 1号線・3号線・3号線(北線) 490,800 473,600 広州市天河区 2017年12月31日の乗車人員:620,000人
2 公園前駅 1号線・2号線 361,200 365,600 広州市越秀区 2017年12月31日の乗車人員:446,000人
3 珠江新城駅 3号線・5号線 341,400 308,900 広州市天河区 2017年12月31日の乗車人員:418,000人
4 昌崗駅 2号線・8号線 295,400 276,400 広州市海珠区
5 客村駅 3号線・8号線 291,400 264,300 広州市海珠区
6 広州東駅 1号線・3号線(北線) 256,300 251,500 広州市海珠区
7 嘉禾望崗駅 2号線・3号線 200,400 179,200 広州市白雲区
8 楊箕駅 1号線・5号線 181,600 174,200 広州市越秀区
9 海珠広場駅 2号線・6号線 181,300 187,200 広州市越秀区
10 車陂南駅 4号線・5号線 177,400 168,500 広州市天河区

不祥事・議論[編集]

車内放送[編集]

広州地下鉄では、列車が駅に着く際に、北京語広東語および英語の車内放送が順次に放送される。しかし、駅名や乗り替え・安全に関する放送だけが3言語で放送される一方、それ以外の放送は北京語しかない。この件に対し、広州地下鉄は営業に応じて必要な調整を行う予定だとコメントした。[7]

セキュリティー強化措置[編集]

2017年8月9日、広州地下鉄はセキュリティ強化措置(2017-2020)に関する入札書をインターネットで公表した。該当入札書によると、広州地下鉄は約26億7000万元を投資し、855のセキュリティチェック装置を調達し、12,000人のセキュリティ検査官を雇用するよう計画を立てたが、具体的な措置を公表しなかった。[8]。この入札募集は公表時間の8時間後に一時停止された。当時、広州地下鉄の輸送人員が国内で一番高いため、一度セキュリティチェックがアップグレードされると、トラフィックに負担をかけるとマスコミに予測された[9]

2017年10月10日から2017年11月30日にかけて、広州地下鉄ではセキュリティ措置が段階的に強化されるが[10]、セキュリティチェック実行の初日、体育西路駅滘口駅東山口駅などの駅では不具合が頻出し、入構混雑時間が最長1時間続き、乗客から不満の声が出た。化粧水などの液体・スプレーは持ち入り禁止とされたため、一部の駅では補償なしで液体・スプレーを接収したことが報告された。

2018年5月13日、広州地下鉄設計研究所は、当日から5月30日にかけて指定機構に構外セキュリティーチェックルームの設計募集を公表し、既有の駅出入口の改装、および未開業駅に新しいセキュリティーチェックルームの追加に関して計画を立てた。この募集に対して公金浪費の批判コメントが集中し炎上状態となっていた[11]

脚注[編集]

  1. ^ 城际轨道直通穗莞深惠 广佛地铁设九座换乘站 [Intercity railways to connect Guangzhou, Dongguan, Shenzhen, Huizhou; Guangfo Metro to have nine interchange stations]” (中国語). Guangzhou Daily. (2008年6月24日). http://gz.house.sina.com.cn/news/2008-06-24/08493819041.html 2010年10月29日閲覧。 
  2. ^ 仏山地下鉄(現在は1号線のみ)も含めれば仏山市も含む。
  3. ^ 仏山市内の駅を含む。
  4. ^ 全国首次实现地铁所有站点直接过闸 银联手机闪付全面支持广州地铁使用Apple Pay直接过闸 - 中国銀聯 2017年9月25日
  5. ^ 2016年客运量排名前十的车站 2018年4月6日閲覧
  6. ^ 广州地铁客流量統計報道 2018年4月6日閲覧
  7. ^ 针对地铁报站名风波,昨日地铁再作澄清———免费播报站名不能捆绑商业机构”. 新快報 (2012年6月15日). 2014年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月16日閲覧。
  8. ^ 耗资26.7亿!广州地铁将实行全面安检 雇用1.2万名安检员”. 新快报. 2018年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月10日閲覧。
  9. ^ 地铁安检升级,如何提高通行效率”. 新快报. 2018年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月11日閲覧。
  10. ^ 广州地铁10月10日起逐步升级安检
  11. ^ 广州地铁将推行站外安检?正在对外征集设计方案 陈泽云 梁怿韬 金羊网 2018-05-13

外部リンク[編集]