ウー・ヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウー・ヌ
ဦးနု
U Nu 1962.png
ウー・ヌ(1962年3月)
生年月日 (1907-05-25) 1907年5月25日
出生地 British Raj Red Ensign.svg イギリス領インド帝国、ミャウンミャ管区ワケマ
没年月日 (1995-02-14) 1995年2月14日(87歳没)
死没地 ミャンマーの旗 ミャンマーヤンゴンバハン郡区
出身校 ラングーン大学
所属政党 反ファシスト人民自由連盟
配偶者 Mya Yi

在任期間 1948年1月4日 - 1956年6月12日
大統領 サオ・シュエ・タイク
バー・ウ

在任期間 1957年3月1日 - 1958年10月29日
大統領 バー・ウ

在任期間 1960年4月4日 - 1962年3月2日
大統領 ウィン・モン
テンプレートを表示

ウー・ヌウ・ヌーミャンマー語: ဦးနု, ラテン文字転写: U Nu, 1907年5月25日1995年2月14日)は、20世紀のビルマ(現在のミャンマー)における主要なナショナリストかつ政治家

なお、「ウー」は男性に対する敬称であり、彼の正しい名前は「」である。

生涯[編集]

1907年にワケマで生まれ、1929年にラングーン大学卒業。翌年にタキン党英語版に加入、日本軍のビルマ占領後、1943年にバー・モウ政権下で外相・宣伝相に就任。戦後は反ファシスト人民自由連盟(AFPFL)の副総裁。制憲議会議長となる。

1946年のビルマ独立に関するイギリス・ビルマ協定に首席代表として調印。1947年7月19日アウン・サンAFPFL総裁の暗殺事件が発生、後を引き継ぐ形でAFPFL総裁に就任。翌年の1948年1月ビルマ独立に伴い、初代首相に就任。

1947年制定の憲法規定に基づき、1948年1月4日1956年6月12日1957年2月28日1958年10月28日1960年4月4日1962年3月2日にかけてビルマの首相職を歴任した。

外部リンク[編集]

1955年のイスラエル訪問時にモーシェ・ダヤンと面会するウー・ヌ(中央)
公職
先代:
(創設)
バー・スエ英語版
ネ・ウィン
ビルマの旗 ビルマ連邦首相
初代:1948 - 1956
第3代:1957 - 1958
第5代:1960 - 1962
次代:
バー・スエ英語版
ネ・ウィン
ネ・ウィン