コンテンツにスキップ

国家平和発展評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビルマ連邦(1988年-1989年)
ミャンマー連邦(1989年-2011年)
ミャンマー連邦共和国(2011年)
ပြည်ထောင်စုမြန်မာနိုင်ငံတော်
(1989 ‐ 2011)
ပြည်ထောင်စုသမ္မတမြန်မာနိုင်ငံတော်
(2011)
ビルマ連邦社会主義共和国 1988年 - 2011年 ミャンマー
ミャンマーの国旗 ミャンマーの国章
国旗
(1988年 - 2010年)
国旗
(2010年 - 2011年
国章
(1988年 - 2011年)
国章
(2011年
国歌: ကမ္ဘာမကျေ(ビルマ語)
世界の終わりまで
ミャンマーの位置
公用語 ビルマ語
宗教 上座部仏教
首都 ヤンゴン
(1988年 - 2006年)

ネピドー
(2006年 - 2011年)
国家平和発展評議会議長
1988年 - 1992年ソウ・マウン
1992年 - 2011年タン・シュエ
国家平和発展評議会副議長
1988年 - 1992年 タン・シュエ
1992年 - 2011年マウン・エイ
首相
1988年 - 1992年ソウ・マウン
1992年 - 2003年タン・シュエ
2003年 - 2004年キン・ニュン
2004年 - 2007年ソー・ウィン
2007年 - 2011年テイン・セイン
面積
1988年676,578km²
人口
1990年41,335,187[1]
2000年46,719,698[2]
2010年50,600,827[3]
変遷
8888蜂起 1988年9月18日
ビルマからミャンマーに改名1989年6月18日[4]
アウン・サン・スー・チー自宅軟禁開始1989年7月20日
サフラン革命2007年8月15日
国民投票英語版新憲法が承認2008年5月10日
アウン・サン・スー・チーの自宅軟禁終了・
政治活動再開
2010年11月13日
ミャンマー連邦共和国に改名2011年1月31日[5][6]
SPDCの解散、民政復帰2011年3月30日
通貨チャット
現在ミャンマーの旗 ミャンマー

国家平和発展評議会(こっかへいわはってんひょうぎかい、ビルマ語: နိုင်ငံတော် အေးချမ်းသာယာရေး နှင့် ဖွံ့ဖြိုးရေး ကောင်စီ英語: State Peace and Development Council、略称:SPDC)は、1988年ビルマ軍が樹立したミャンマーの最高決定機関。軍事政権であった。

国名

[編集]

軍事政権は発足直後に国名をビルマ連邦社会主義共和国からビルマ連邦英語:Union of Burma)へ変更し、1989年6月18日には対外的な国名をミャンマー連邦(英語:Union of Myanmar)へ再度改称した。だが、軍事政権を否定的に見る国々では引き続き「ビルマ」の名称が使用され、国ごとにミャンマーの国名表記が分かれる事態となった。

なお、国内におけるビルマ語の国名は軍事政権が終了するまで変更されることが無かった。

概要

[編集]

1988年9月、ミャンマー軍のクーデターにより国家法秩序回復評議会(State Law and Order Restoration Council、略称:SLORC)が全権を掌握して以来、同国では2011年3月30日まで軍事政権が続いた。このSLORCが1997年11月に改組されたのが国家平和発展評議会である。

SPDC内の序列上位は以下の通り。

2010年ミャンマー総選挙後の2011年1月31日にトゥラ・シュエ・マンが下院議長に任命され、2月4日にテイン・セインが大統領に選出された(ティン・アウン・ミン・ウーは副大統領に就任)。同日までにマウン・エイは引退している。テイン・セイン大統領による組閣に伴い、2011年3月30日にSPDCは解散した。

関連項目

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ Population Pyramids of the World from 1950 to 2100”. 2022年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年7月24日閲覧。
  2. ^ Population Pyramids of the World from 1950 to 2100”. 2022年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年7月24日閲覧。
  3. ^ Population Pyramids of the World from 1950 to 2100”. 2022年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年7月24日閲覧。
  4. ^ "The Adaptation of Expressions Law". 2, Act of 18 June 1989.
  5. ^ "The Law Relating to Adaptation of Expressions, 2011". 1(b),2(a), Act of 27 January 2011. The State Peace and Development Council.
  6. ^ ၂၀၀၈ ဖွဲ့စည်းပုံအခြေခံဥပဒေ” [2008 Constitution] (ビルマ語). Constitutional Tribunal of the Union of Myanmar, Online Law Library (2018年3月). 2022年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ2022年3月17日閲覧。 “ဖွဲ့စည်းပုံအခြေခံဥပဒေပြဋ္ဌာန်းချက်များနှင့်အညီ ၂၀၀၈ ဖွဲ့စည်းပုံအခြေခံဥပဒေသည် ပထမအကြိမ် ပြည်ထောင်စုလွှတ်တော်စတင်ကျင်းပသည့် ၃၁-၁-၂၀၁၁ ရက်နေ့တွင် စတင်အာဏာတည်ခဲ့သည်။”