8888民主化運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

8888民主化運動英語: 8888 Uprising, ビルマ語: ၈၄လုံး または ရ္ဟစ္‌လေးလုံး)は、1988年にビルマ(現ミャンマー)でおこなわれた国民的な民主化要求運動である。1988年8月8日のゼネスト・デモが民主化運動の象徴として捉えられているため「8888民主化運動」の名があるが、学生を主体とする運動は1988年3月頃から継続して行われていた。

運動の中、7月23日にネ・ウィンの長期独裁政権は退陣したが、9月18日国家法秩序回復評議会 (SLORC) による軍事クーデターが発生し、民主化運動は流血をともなって鎮圧された。この過程で、僧侶と一般人(主に学生)を含む数千人がビルマ軍 (Tatmadaw) により殺された。

経過[編集]

1962年のクーデター以降、ビルマはネ・ウィン将軍率いるビルマ社会主義計画党(BSPP)が政権を握り、独自の社会主義政策をとる孤立した軍事独裁国家だった。1987年9月、政府は75、35、25チャット紙幣の流通を廃止すると発表し、財産を失った国民の不満が蓄積した。

1988年3月12日夜、ラングーン工科大学(YTU - 現在のヤンゴン工科大学)付近の喫茶店で学生が地区の有力者の息子らと口論となり、やがて学生デモ隊と治安部隊との衝突に拡大。3月13日、治安部隊の発砲により学生活動家ポーモウ(Phone Maw)らが死亡した。この事件は、反体制・反独裁・民主化要求運動につながり、デモに加わった学生の多くの犠牲を伴いながら拡大し、地方へも波及した。7月23日にネ・ウィンはBSPP議長を辞職しセイン・ルインにその座を譲ったが、依然として軍政に影響力を持ち続けていた。ネ・ウィンは辞任会見で騒乱を起こす者に銃口を向ける旨の発言を行った。

全ビルマ学生連盟は一党独裁の打破を求め、1988年8月8日にビルマ全土で大規模なデモを行うことを呼びかけた。学生主体であった運動に、政府職員・仏僧・軍人・税関吏・教師・病院職員なども含んだ、さまざまな分野の市民が合流した。これに対し、軍部は無差別発砲を行いデモの鎮圧を図った。この年の4月に帰国していたアウンサンスーチーは、8月26日にシュエダゴン・パゴダ前集会で演説を行い、この国の民主化運動を象徴する人物となった。

9月18日、ソウ・マウン将軍を議長とする国家法秩序回復評議会は軍事クーデターによって実権を掌握し、軍事力によって民主化運動を鎮圧する一方、複数政党制の導入と総選挙の実施を約束した。これに対し、アウンサンスーチーらは9月27日に国民民主連盟を結成した。

1988年の民主化運動のはじまりから鎮圧に至る過程で軍は学生・仏僧を含む数千人の市民を殺害したといわれる(軍事政権は、犠牲者数は20~30人にすぎないと主張している)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]