ビルマ連邦社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビルマ連邦社会主義共和国
ပြည်ထောင်စု ဆိုရှယ်လစ်သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်
Pyihtaunghcu Soshallaitsammat Myanmar Ninengantaw
ビルマ連邦 (1948年-1974年) 1974年 - 1988年 ビルマ連邦 (1988年-1989年)
ビルマの国旗 ビルマの国章
(国旗) (国章)
国歌: ガバ・マ・チェ
ビルマの位置
公用語 ビルマ語
首都 ラングーン
大統領
1974年3月4日 - 1981年11月9日 ネ・ウィン
1981年11月9日 - 1988年7月25日サン・ユ
1988年7月25日 - 1988年8月12日セイン・ルイン
1988年8月12日 - 1988年8月19日エー・コ英語版(代行)
1988年8月19日 - 1988年9月18日マウン・マウン
首相
1974年3月4日 - 1977年3月29日セン・ウィン英語版
1977年3月29日 - 1988年7月26日マウン・マウン・カ英語版
1988年7月26日 - 1988年9月18日トゥン・ティン英語版
面積
1974年676,578km²
人口
1977年30,830,000人
1980年32,865,000人
1983年4月1日
国勢調査
34,124,908人
変遷
1974年憲法施行 1974年3月2日
第二軍政へ移行1988年9月18日
通貨チャット

ビルマ連邦社会主義共和国(ビルマれんぽうしゃかいしゅぎきょうわこく、ビルマ語: ပြည်ထောင်စု ဆိုရှယ်လစ်သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်Pyihtaunghcu Soshallaitsammat Myanmar Ninengantaw英語: Socialist Republic of the Union of Burma)は1974年から1988年9月18日まで続いた現ミャンマーにあった社会主義国家。独自の社会主義政策(ビルマ式社会主義)を採った。

歴史[編集]

1974年、ビルマ連邦社会主義共和国連邦憲法が制定され、ネ・ウィン大統領が引き続き実権を掌握、軍事独裁政権は変わらなかった。

1976年中華人民共和国毛沢東が死去し、それまで受けていた支援が減少したビルマ共産党シャン州アヘンを資金源としたため、コーカン族ワ族の発言力が増大した。1980年タイに拘束されていたロー・シンハンが釈放された。1981年11月9日にネ・ウィンは大統領を辞任したが、ビルマ社会主義計画党(BSPP)議長として軍事独裁政権を維持した。だが経済政策の失敗が続き、深刻なインフレーションを招き、経済状態は悪化していった。

1988年、ネ・ウィン政権の退陣と民主化を求める大衆運動が高揚し、ネ・ウィンはビルマ社会主義計画党議長を7月23日に辞任した。9月18日にソウ・マウン率いる軍部国家平和発展評議会)が決起。政権は交代し、ビルマ連邦が成立した。

関連項目[編集]