連邦団結発展協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
USDAの団体旗

連邦団結発展協会(れんぽうだんけつはってんきょうかい、ပြည်ထောင်စုကြံ့ခိုင်ရေးနှင့်ဖွံ့ဖြိုးရေးအသင်း、Union Solidarity and Development AssociationUSDA)は、1993年9月13日国家法秩序回復評議会(SLORC、軍事政権)によって設立された翼賛団体。軍事政権の外郭団体であり、ミャンマーの現支配者に対する後援の糾合に力を尽くしている。本部はヤンゴンにあり、全国規模で組織が機能している。組織の標語は、「士気、規律、連帯統一」である。会員数は公称2400万人。

組織は、組織存続の国家的な大義として、以下の三点を挙げている。

  • ミャンマー連邦の崩壊を防ぐ
  • 国民の結束の崩壊を防ぐ
  • 国家主権の永続

USDA は近年、民主化活動家の活動を阻害する存在として知られるようになり、民主化運動支援者を中心に非難されるようになっている。

2010年11月実施の総選挙のため、USDA はテイン・セインを党首とする連邦団結発展党(USDP)を結党し、政党に衣替えした[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]