国民統一党 (ミャンマー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミャンマーの旗 ミャンマー政党
国民統一党
တိုင်းရင်းသားစည်းလုံးညီညွတ်ရေးပါတီ
Flag of National Unity Party.svg
前身政党 ビルマ社会主義計画党[1][2]
国民代表院議席数
0 / 440   (0%)
民族代表院議席数
1 / 224   (0%)
党員・党友数
500,000人[3]
テンプレートを表示

国民統一党(こくみんとういつとう、ミャンマー語: တိုင်းရင်းသားစည်းလုံးညီညွတ်ရေးပါတီ‎, ラテン文字転写: Taigyintha Silonenyinyutye Party[2]英語: National Unity Party、略称:NUP)は、ミャンマー(ビルマ)の政党である[2]

ビルマ社会主義計画党(BSPP)の後続政党。1990年実施の国民議会総選挙に参加するため、BSPPの党員と軍事政権国家法秩序回復評議会(SLORC)によって結党された。しかし、総選挙では492議席中の10議席を獲得するにとどまり、現在に至るまで活動は低調である。もっとも、国家平和発展評議会軍事政権)が召集を拒否し続けたため、国民議会は一度も開かれることはなかった。2010年総選挙にも参加し、下院で12議席、上院で5議席を獲得。2015年の総選挙では上院1議席の獲得に留まった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞掲載「キーワード」 - 国民統一党(NUP). コトバンク. 2019年3月26日閲覧。
  2. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンク. 2019年3月26日閲覧。
  3. ^ National Unity Party (NUP). (英語) エーヤワディー・ニュース・マガジン. 2019年3月26日閲覧。

関連項目[編集]