ネ・ウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネ・ウィン
နေဝင်း
President Ne Win Portrait.JPG
ネ・ウィン

任期 1962年3月2日1974年3月4日

任期 1974年3月4日1981年11月9日

任期 1958年10月29日1960年4月4日

任期 1962年3月2日1974年3月4日

出生 (1910-05-14) 1910年5月14日
British Raj Red Ensign.svg イギリス領インド帝国バゴー管区Paungdale
死去 (2002-12-05) 2002年12月5日(92歳没)
ミャンマーの旗 ミャンマーヤンゴン
政党 Burma Socialist Programme Party flag.svg ビルマ社会主義計画党
配偶者 Tin Tin
Khin May Than
Yadana Nat Me
Ni Ni Myint
署名 Ne Win Signature.svg

ネ・ウィンミャンマー語: နေဝင်း, ラテン文字転写: Ne Win1910年5月14日[1] - 2002年12月5日)は、ビルマ(現在のミャンマー)の軍人、政治家。本名はシュ・マウン。独立運動の功労者であり、独立後、軍参謀総長、連邦革命評議会議長大統領ビルマ社会主義計画党 (BSPP) 議長を務めたが独裁者として非難された。日本名は高杉晋

生涯[編集]

イギリス植民地時代 [編集]

1959年のイスラエル訪問時にダヴィド・ベン=グリオン(左)と握手するネ・ウィン(右)

1910年に客家系華人の血を引くビルマ人家庭に生まれ、医師を希望していたが諦めてラングーン大学を中退する。郵便局員を経て「われらビルマ人連盟英語版」(ミャンマー語: တို့ဗမာအစည်းအရုံး, ラテン文字転写: Dobama Asiayone ドバマ協会英語版; ミャンマー語: သခင်, ラテン文字転写: sa.hkang/Thakhin タキン党英語版)に加入する。援蒋ルート壊滅のためにビルマに目を付けた日本軍と接触。1941年2月にアウンサン率いる青年活動家グループ「三十人の志士」の一人として海南島南機関から過酷な軍事訓練を受けた。彼らは12月にバンコクに移動しビルマ独立義勇軍を結成。ネ・ウィンは、国内撹乱を目的とするゲリラ班の班長として1942年1月に日本軍とともにビルマに進軍した。日本の敗勢が明らかになった1945年3月には、対日蜂起して日本軍を攻撃した。

ビルマ独立 [編集]

イギリスの復帰を経て1948年ビルマは独立するが、その直後から反乱が続いた。また、シャン州カチン州では中国国民党の残党が中国から侵入し、実効支配する有様であった(中国共産党に対する大陸反攻の拠点として、アメリカ合衆国はビルマ政府を半ば無視する形で公然と国民党部隊に軍事援助を行なった)。当時のビルマ国軍は、旧ビルマ国民軍、それと対立するカレン族将校団をはじめ、ビルマにおける様々な政治勢力の寄り合い所帯であった。このため、ビルマ軍においては少数民族出身者や左翼系の将兵を中心に脱走・離脱が相次ぎ、一時的にビルマ政府の支配力はラングーン周辺までに減退させられた。このときウー・ヌ政権において、国軍の最高指揮官(国防相)だったネ・ウィンは、旧ビルマ国民軍出身者を優先的に起用し、カレン族やカチン族など少数民族の将兵を罷免するなどして(このとき放逐された部隊と将兵達が、カレン民族解放軍カチン独立軍といった民兵組織の基礎となった)、ビルマ族を中心とした国軍への立て直しに成功する。海外からの軍事物資の支援を例外として、ほぼ自力で平野部でのビルマ政府の支配権を回復させるまでに至る。また、中国国民党残党に対して、ウー・ヌが国連においてその存在を非難するとともに、中華人民共和国人民解放軍と連携しシャン州で掃討作戦を展開するなどして、ビルマ国内からの排除に成功した。また、ビルマ共産党は国軍の反撃によって1960年代前半までに、平野部における解放区や陣地の大半を失う事となった。

ビルマ式社会主義 [編集]

こうした実績に自信がついた1962年には、クーデターを決行して政権を握った。ビルマ独自の社会主義政策(ビルマ式社会主義)を採り、連邦革命評議会議長を経て1974年から大統領になった。7年後に辞職した後もビルマ社会主義計画党 (BSPP) 議長を務め国政に君臨した。この期間のビルマは、外交では厳正な中立政策を採り、ビルマ共産党や各地の少数民族民兵組織との内戦において、諸外国の介入を防ぐ事に成功する。1965年以降、ビルマ共産党への大規模な支援を開始した中国との緊張関係を除けば、ベトナム戦争など近隣諸国の混乱に巻き込まれずに済んだ。しかし、経済政策では完全に失敗し世界の最貧国に転落した。

1988年に国民の不満が爆発した民主化要求デモ(8888民主化運動)が発生。責任を取って党議長を辞任したが、その時の演説では「軍は国民に銃口を向ける」と民主化勢力を牽制した。辞任後も隠然たる影響力を持ち、晩年はそれまでの外交における中立姿勢にもかかわらずアメリカを批判していた。

人物・評価[編集]

  • プレイボーイで6回結婚し、同じ女性と2度結ばれている。
  • 個人崇拝とは無縁で裏からビルマを統治した。国民の前に現れるのは年に2回だけだった。
  • 徹底したマスコミ嫌いで記者会見にもインタビューにも応じたことはない。
  • ネ・ウィンの時代、ビルマは日本とは友好関係を保ちつづけ、多大な政府開発援助を受けた。本人も公式・非公式で訪日し、援助を受け取るときも媚びようとせずに「援助をしたければどうぞ」といった態度をとり、軍人上がりの清潔な政治家と見られていた。1981年の独立記念日には南機関関係者7名(鈴木敬司の未亡人、杉井満、川島威伸、泉谷達郎、高橋八郎、赤井(旧姓鈴木)八郎、水谷伊那雄)にアウン・サン勲章を贈っている。そのため長い間「清く、貧しく、美しく」と見られていた。
  • 競馬好きであり、1962年のクーデター前には側近を引き連れて国内の競馬場に通っていたという。クーデター後、国内の競馬場は閉鎖されたが、イギリスなどの海外の競馬場で目撃されることがあった。

脚注[編集]

  1. ^ ミャンマーでは呪術に利用されるのを避けるため、政府要人は自身の正確な生年月日を公表しておらず、ネ・ウィンもその一人であった。そのため、訃報では没年齢が91歳・92歳・93歳の3通りあった。ネ・ウィンの孫によれば実際には没年齢は92歳であったという(おまじない政治学:深層ミャンマー/1 政権中枢「黒魔術怖い」 毎日新聞 2015年9月10日 東京新聞朝刊)。

参考文献[編集]

  • 田辺寿夫『ビルマ 「発展」のなかの人びと』岩波新書
  • 三上義一『アウン・サン・スーチー 囚われの孔雀』講談社

外部リンク[編集]

公職
先代:
ウィン・モン (en
ビルマの旗 ビルマ連邦社会主義共和国大統領
第4代:1962年 - 1981年
1962年から1974年までは連邦革命評議会議長
次代:
サン・ユ (en
先代:
ウー・ヌ
ウー・ヌ
ビルマの旗 ビルマ連邦首相
第4代:1958年 - 1960年
第6代:1962年 - 1974年
次代:
ウー・ヌ
セン・ウィン (en
党職
先代:
創設
Burma Socialist Programme Party flag.svg ビルマ社会主義計画党議長
1962年7月4日 - 1988年7月26日
次代:
セイン・ルイン