ロストクライム -閃光-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロストクライム -閃光-
監督 伊藤俊也
脚本 長坂秀佳、伊藤俊也
出演者 渡辺大奥田瑛二
音楽 大島ミチル
主題歌 DEEP「milestone」
撮影 鈴木達夫
編集 只野信也
製作会社 『ロストクライム -閃光-』製作委員会
配給 角川映画
公開 日本の旗 2010年7月3日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ロストクライム -閃光-』(ロストクライム -せんこう-、Lostcrime)は、2010年7月3日公開の日本映画

概要[編集]

永瀬隼介著作『閃光』を原作に三億円事件の新解釈をテーマにしたクライム・サスペンス映画PG12指定。監督は『誘拐報道』や『プライド・運命の瞬間』を手掛けた伊藤俊也。脚本は『特捜最前線』など刑事ドラマの第一人者で知られる長坂秀佳と伊藤の共作。

キャッチコピーは「ただでは、すまない。」、「世紀の完全犯罪、三億円事件、解決。」。

テレビ朝日と朝日新聞の企画で、6月28日 - 7月2日の期間限定で『鳥越俊太郎【三億円事件】を語る』を特別配信。またasahi.comで特集ページも組まれた。

全国102スクリーンで公開され、2010年7月3・4日の初日2日間で映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第10位となり、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)でも第3位を記録している。

ストーリー[編集]

若手刑事の片桐慎次郎と定年間近の滝口政利が担当した事件の死体は三億円強奪事件の最重要容疑者・葛木勝であった。独自捜査で核心に近づいていくがその前には巨大な陰謀が立ちふさがっていた。三億円事件のその真実とは?

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • 警察監修を担当し結城稔役としても出演していた飯田裕久は、公開前日の2010年7月2日に脳出血で亡くなっている[1]。7月10日に東京・有楽町スバル座で行われた舞台挨拶では、喪章をつけた渡辺大や奥田瑛二らが追悼のコメントを寄せた[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]