市野瀬瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いちのせ ひとみ
市野瀬 瞳
プロフィール
本名 市野瀬 瞳
愛称 イッチー、ひぃちゃん
出身地 日本の旗 日本 新潟県新潟市
(出生地:茨城県
生年月日 1984年12月25日(31歳)
血液型 B型
最終学歴 横浜国立大学経済学部経済システム学科卒業
勤務局 中京テレビ放送
部署 編成局アナウンス部
職歴 NST新潟総合テレビアナウンサー
2007年4月 - 2012年3月)
中京テレビアナウンサー
2012年4月 - )
活動期間 2005年5月 -
ジャンル 報道番組情報番組バラエティ番組
公式サイト 市野瀬瞳のつぶやき部屋。
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

市野瀬 瞳(いちのせ ひとみ、1984年12月25日 - )は、中京テレビ放送アナウンサー茨城県生まれ、新潟県新潟市育ち[要出典]

来歴・人物[編集]

新潟清心女子中学校・高等学校を経て、横浜国立大学経済学部経済システム学科卒業[要出典]

1984年のクリスマスの午前6時頃[1]に茨城県で生まれる。幼少の頃に新潟県新潟市に引っ越す。

大学在学中の2005年5月から千葉テレビ放送の「かしわ祭り中継」リポーターとして、又、同年5月5日から大学を卒業する頃の2007年3月29日まで、テレビ神奈川の情報番組『みんなが出るテレビ』の女子大生リポーターとして活躍していた。

大学卒業後の2007年4月より、地元である新潟市に戻り、新潟総合テレビ(NST)のアナウンサーとして活躍。2012年4月、中京テレビ放送へ移籍[2]

2013年4月26日公開の映画『藁の楯』でスクリーンデビューを果たした。

現在の担当番組[編集]

※いずれも中京テレビ

過去の出演番組[編集]

学生時代[編集]

NST時代[編集]

中京テレビ時代[編集]

  • チュ〜ポン!TV(2013年4月8日 - 2015年3月30日)
  • 知っ得!なごや(2012年4月28日 - 2014年3月8日)
  • PS(2012年5月6日 - 2013年3月31日) - アシスタント
  • ハッピーMusic(日本テレビ系 2012年8月17日放送、中京テレビでは同月23日放送)
  • 第32回全国高等学校クイズ選手権・中部大会(2012年8月25日放送)
  • 嘉門達夫の番宣deごめん(2012年10月5日、同年11月2日放送)
  • 日本で一番早いお笑いバトル! フットンダ王決定戦(日本テレビ系 2013年1月1日、2014年1月1日放送)
  • おいしいテレビはチュウキョ〜なのだ!(2013年3月30日、同年4月13日放送)
  • スター激走2000km 中部ゆめ弁当(2013年6月16日放送)
  • 中京テレビ45周年番組祭り 我らNO.1宣言!(2014年3月29日放送)
  • あぷり娘!(2014年6月13日放送)
  • NAGOYA-DAGAYA #3(2015年9月26日放送)
  • NAGOYA-DAGAYA #4(2016年2月27日放送)
  • NAGOYA-DAGAYA #5(2016年11月19日放送)
  • 市野瀬さん、明日のオドぜひのこと教えて欲しいんです!(2015年10月9日 - 2016年3月25日)

イベント、その他での出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 番組では「アシスタント(仮)」「アシスタント(代理)」の肩書のテロップで登場する
  2. ^ 2009年4月〜2010年3月までは、廣川明美堀恭子そして市野瀬の3人の中から毎週2人が出演し、1人はお休みになる体制であったが、2010年4月から市野瀬と廣川の2人は再び毎週出演となった。その後廣川は、その翌年の10月15日で番組を降板し、それと入れ替わりに翌週からは横内美紗が担当している。
  3. ^ NSTローカルでは54分番組として、BSフジでは84分番組として編集して放送された。
  4. ^ この時は、NBSアナの大谷香奈絵と共に、新潟市の朱鷺メッセの「うまいもの市」(NST主催のイベント)会場入り口前の特設セットにて「お蕎麦作り」体験の中継を一緒にした。
  5. ^ 小千谷市の闘牛「北斗会」のメンバー3人と一緒に三輪車12時間耐久レースに新潟代表で参加。結果は29チーム中第4位だった。
  6. ^ この時、NSTの地上デジタル放送推進大使である廣川明美アナウンサーが、「FNSの日26時間テレビ2010超笑顔パレード 絆 爆笑!お台場合宿!!」に出演のため既に上京しており出られないため、その代理として出演。表記の新潟県内の各局の生放送に、他の4局の同大使と一緒に出演した(他の4局は大使本人が出演)。
  7. ^ a b 2010年4月からNSTで放映中のスマイルスタジアムNSTFM PORTが、ecoをテーマにしたコラボレーション企画を開始したことによる。
  8. ^ 同映画には、他にも、日本テレビのアナウンサーが3人、市野瀬と同じ中京テレビのアナウンサーが2人出演している。

出典[編集]

  1. ^ 市野瀬瞳 (2009年12月26日). “感謝の気持ちでいっぱいです^−^”. アナウンサー日記. NSTホームページ. 2010年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月18日閲覧。 “12月25日、クリスマス。サンタさんから母へのプレゼントのように イブに陣痛が始まり、そして朝の6時に私は母のおなかから元気よく生まれました。”
  2. ^ 新戦力、いきなりデビュー③[リンク切れ] 佐藤啓のハードダイヤリー 2012年4月7日付参照

外部リンク[編集]