ノート:SixTONES

ページのコンテンツが他言語でサポートされていません。

改名提案の趣旨[編集]

2015年5月1日、『ジャニーズ銀座2015』昼の部の公演で、テレビドラマ『私立バカレア高校』出演者ジャニーズJr.6人によるグループ SIXTONES(シックストーンズ)結成が発表されました。(月刊Song 2015年6月号Vol.150 ジャニーズ銀座2015 STAGE REPORT 63ページ参照) ただし、口頭発表のため表記は不明でした。 しかし、表記不明のまま5月6日にWikipediaが作成されました。 その後、2015年5月15日、ジャニーズ公式動画サイト『滝CHANnel』にて5月1日のジャニーズ銀座2015の公演の映像と共に『SixTONES』とグループ名を表記[1] また、Johnny's net 内のジャニーズJr.>Media>magazine[2] の5/23(土) 発売 ポポロ の詳細欄にも『SixTONES』表記されておりますので、『SixTONES』への改名を提案します。--Hotqoo0618会話) 2015年5月21日 (木) 12:18 (UTC)返信[返信]

改名の是非をお寄せください[編集]

御意見ございましたら、5月29日(金)12:00(UTC)までお寄せください。ないようでしたら、改名の作業を行います。--Hotqoo0618会話) 2015年5月21日 (木) 12:20 (UTC)返信[返信]

改名前の作業について[編集]

改名前に記事内の表記の変更が続いておりますが、戻しても更新されてしまうので、改名作業の前に古い表記に戻しますので、今後は元に戻さなくていいです。--Hotqoo0618会話) 2015年5月27日 (水) 23:47 (UTC)返信[返信]

改名しました[編集]

six tonesの記事はSixTONESに改名しました--Hotqoo0618会話) 2015年5月29日 (金) 12:10 (UTC)返信[返信]

SixTONESの来歴節の整理について[編集]

来歴節が、複数人の過剰な加筆によって読みづらくなっています。あらためて言うまでもなく、Wikipediaは百科事典であって、SixTONESのファンサイトではありません。雑誌nのポエムや個人の主観による記述は不要です。(また雑誌に記載された文章の転載は著作権の侵害にあたります)百科事典のSixTONESの来歴を説明するために本当に必要な事柄のみを記載すべきではないでしょうか?(Wikipedia:ウィキペディアは何ではないか#ウィキペディアは情報を無差別に収集する場ではありません参照)。

過剰な加筆を行う方々にとってSixTONESが魅力的なグループであることは承知しておりますが、あくまでここは「百科事典」であることをお忘れなきよう。 よろしくお願いいたします。--HBB220会話) 2018年11月22日 (木) 20:27 (UTC)返信[返信]

ご指摘の点、承知いたしました。 差し戻しを行ったのは、削除理由が記述されていなかったためです。 活動が増えていく中で整理すべき情報は整理すべきだと思いますし、主観的にならないよう加筆していくべきとも思っています。 ご指摘ありがとうございました。 Hotqoo0618会話) 2018年11月23日 (金) 00:30 (UTC)返信[返信]

所属レーベル表記の修正提案[編集]

SixTONESの所属レーベルについて、本記事及び各作品の記事等では「SME Records」(リンク先はエスエムイーレコーズ)とされていますが、これを「ソニー・ミュージックレーベルズ」(リンク先はソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)#ソニー・ミュージックレーベルズ) に改めるべきではないかと考えています。 以下に理由を上げます。

  • SixTONESがSME Records所属とされている確定的な出典が見当たらない

公式サイトであるタワーレコード[3]、オリコン[4]、Sony Music Shop[5]で、SixTONESの最新作品である『CITY』の通常盤(品番:SECJ-39)のレーベル表記を調べたところ、前2者[6][7]は「ソニー・ミュージックレーベルズ」、後者[8]は無表記となっており、いずれも「SME Records」とは表記されていません。同サイトで、実際にSME Recordsに所属しているポルノグラフィティの作品「テーマソング」で調べると、いずれ[9][10][11]もレーベル表記が「SME Records」となっており、SixTONESがSME Records所属とは確定できない状態となっています。また、実際の作品内のクレジット、裏ジャケット等においても「Sony Music Labels Inc.」という表記は見られるものの、「SME Records」という表記はやはり見当たりません。ネット上の公式サイトでSixTONESがSME Records所属であると書いてあるページを探したところ、Uta-Netの「SME Recordsの所属アーティスト 101 組」、音楽ナタリーの「SixTONESの関連商品」が見つかりましたが、これらだけでは正直根拠に乏しいと感じます(前者はレコード会社が直接出してるものではなくて、後者は作品によって「ソニー・ミュージックレーベルズ」表記のものもある)。

以上が提案理由です。意見があれば返信お願いします。--Some Ganel会話) 2022年2月3日 (木) 12:48 (UTC)返信[返信]

1週間経っても反対意見が来なかったので、修正を行います。--Some Ganel会話) 2022年2月11日 (金) 14:11 (UTC)返信[返信]

メンバー節の備考欄について[編集]

現在備考欄に記載されている内容に関して、リーダー表記およびその担当年以外の情報の除去を提案致します。

まず私の認識としてはグループ内での役職(リーダーやライブ演出担当など)、加入および脱退時期についてはグループに関連する事柄のため備考欄での特筆性があると言えると思います。

しかし家族関係に関しては、該当メンバーの個人記事が無いならまだしも、そのグループには直接関係のないこと、かつ生年月日や出身地などの簡潔で単一的な個人情報に比べると範囲が大きすぎるため、記載されているとアイドルグループのメンバー情報として煩雑に感じております。SixTONESの記載情報に照らし合わせると、嵐のデビュー曲を作詞した菊池風磨の父・菊池常利や、藤井流星の妹である元E-girlsのメンバー・藤井萩花、藤井夏恋も特筆性を感じるのですが、Sexy ZoneおよびジャニーズWESTの記事ではそもそも(現役メンバーの)備考欄を設けていないようです。プロジェクト:ジャニーズの人物節の体裁には「家族関係は家族に有名人・芸能人がいない限り書かない。」とありますが、あくまで記載の認可であって推奨ではないと思いますし、グループ記事のメンバー欄の体裁を想定したものではなく個人記事向けです。書くとしても、具体的に著名度や続柄を絞る方が良いと思います。まずジェシーの遠戚が伊野尾慧という続柄まで書いていたらキリがないですし、Hey! Say! JUMPの現役メンバーリストでは同じく備考欄を設けておりません。仮にジャニーズだからだったからという理由があるとしても、わざわざグループ記事への記載に値するとは思えません。田中樹と田中聖、森本慎太郎と森本龍太郎の続柄に関してはSixTONES、Hey! Say! JUMP、KAT-TUN各記事の該当メンバーの備考欄に記載がありますが、血縁者だからという理由で記載するのはもどうなのかと思います。

ジェシーの旧芸名に関しては、グループ結成に大きく関与するバカレア時代の名義ではありますが、ラウールや加藤シゲアキのようにグループ結成以降に改名したわけではなく結成時点で既に今の名義ですので、こちらもわざわざ記載せず気になった人が個人記事を見るのでもいいのかなとは思います。家族関係ほど特筆性を感じないわけではないです。

いくつか補足で他のジャニーズグループ記事などに話を広げてしまいましたが、今回はあくまでSixTONES記事に関する提案です。私の考えが至っていない特筆すべき理由やガイドラインなどあるかもしれませんし、ご意見があればお願い致します。--Poporoporon会話) 2023年1月25日 (水) 08:09 (UTC)→加筆修正しました。--Poporoporon会話) 2023年1月25日 (水) 08:52 (UTC)返信[返信]

1週間経っても反対意見がなかったため、該当項目を除去致します。--Poporoporon会話) 2023年2月2日 (木) 06:56 (UTC)返信[返信]