谷中真二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷中 真二
SL-Shinji-Taninaka.jpg
西武時代(2009年8月27日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府阪南市
生年月日 (1973-05-15) 1973年5月15日(44歳)
身長
体重
174 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト3位
初出場 1997年4月24日
最終出場 2010年8月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

谷中 真二(たになか しんじ、1973年5月15日 - )は、大阪府阪南市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪府阪南市出身。体は小さいが内角攻めの投球が得意で、阪神在籍当時の野村克也監督から「谷中は度胸のある内角攻めが持ち味だ」と評価され、谷中を先発ローテーションの一角にしていた。しかし内角攻め故に死球も多かった。お笑いタレントたむらけんじとは小学校の同級生であり、軟式ではバッテリーを組んでいた(たむらけんじはキャッチャー)。

泉州高等学校(現・近畿大学泉州高等学校)から小西酒造を経て、1996年のドラフト3位で西武ライオンズに入団。ドラフト指名した当日は、酒蔵で樽の中に醸造中の酒の様子を確認するために梯子に登っている谷中に、同僚が西武の指名を伝える場面がテレビで映された。

西武時代[編集]

1年目の1997年は中継ぎとして14試合に登板した。

1998年は6試合と前年より登板数を減らした。

1999年は新入団しマスコミ陣に囲まれる当時同僚の松坂大輔を捲く影武者として谷中が一役買った[1]。同年は8試合に登板。4試合で先発を任されたが、結果は出なかった。

2000年に主に中継ぎとして32試合に登板したものの、目立った活躍は少なかった。

2001年は開幕から1軍登板できず、シーズン途中に平尾博司との交換トレードで阪神タイガースへ移籍。

阪神時代[編集]

途中入団ながら先発ローテーションに定着し、7勝を挙げた。

2002年は自己最多の41試合に登板し、11試合で先発した。最終成績は5勝8敗、防御率3.43と負け越してはいるが、安定した活躍を見せた。

しかし2003年は29試合の登板で先発はわずか1試合だけで、3勝3敗であったが防御率は5.88と悪化した。オフに牧野塁葛城育郎との交換トレードで斉藤秀光と共にオリックス・ブルーウェーブに移籍した。

オリックス時代[編集]

同年は投手陣が崩壊する状況において中継ぎを中心に24試合に登板。5試合で先発を任されたが1勝4敗、防御率7.20と結果を残せなかった。

楽天時代[編集]

2005年選手分配ドラフト東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。同年は21試合に登板するも、防御率8.17と炎上した。

2006年も20試合の登板で、0勝2敗、防御率5.13の成績に終わった。

2007年はロッテの竹原直隆に3ランを打たれるなどわずか2試合の登板に終わった。10月戦力外通告を受け退団。結局楽天在籍時の3年間で43試合に登板したが、球威の低下は隠せず打ち込まれる場面が目立ち、防御率は7.24という結果に終わった。現役続行を希望し、これを受け古巣の西武が横浜から戦力外になった種田仁と共に獲得した。

西武復帰[編集]

2008年は中継ぎとして起用された。西武復帰後初登板となった4月10日ロッテ戦では2回を投げるも、里崎智也大松尚逸ホセ・オーティズに3者連続本塁打を浴びるなど3失点を喫し、2軍に降格。8月19日に再度1軍昇格してからは10試合に登板して1失点、シーズンを通しての防御率は2.77と安定感を見せた。10月19日クライマックスシリーズ初登板し、無失点ではあったが2四死球と安定しなかった。

2009年は2試合の登板に終わった。

2010年も8試合しか登板できず、戦力外通告を受けそのまま引退を表明。11月4日に任意引退選手公示され、翌5日に打撃投手として球団スタッフに就任すると発表された。

現役引退後[編集]

引退した翌2011年から2015年まで打撃投手を務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 西武 14 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 112 25.0 29 2 10 1 1 11 1 0 13 13 4.68 1.56
1998 6 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 65 15.2 15 3 5 0 0 9 0 0 5 5 2.87 1.28
1999 8 4 0 0 0 1 2 0 -- .333 108 26.2 21 3 10 0 1 9 0 0 12 12 4.05 1.16
2000 32 2 0 0 0 2 2 0 -- .500 234 55.1 45 5 26 1 3 24 2 0 32 20 3.25 1.28
2001 阪神 25 14 4 2 0 7 3 0 -- .700 462 109.1 101 11 36 0 14 43 4 1 41 39 3.21 1.25
2002 41 11 1 1 0 5 8 0 -- .385 435 102.1 110 9 27 2 10 59 2 0 41 39 3.43 1.34
2003 29 1 0 0 0 3 3 0 -- .500 160 33.2 44 8 19 2 3 17 2 0 23 22 5.88 1.87
2004 オリックス 24 5 0 0 0 1 4 0 -- .200 290 55.0 87 7 34 1 7 24 1 1 55 44 7.20 2.20
2005 楽天 21 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 137 25.1 44 3 15 0 2 11 1 1 26 23 8.17 2.33
2006 20 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 124 26.1 33 3 15 1 6 12 2 0 16 15 5.13 1.82
2007 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 3.0 9 1 1 0 1 2 0 0 6 6 18.00 3.33
2008 西武 11 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 56 13.0 14 3 3 0 3 11 1 0 4 4 2.77 1.31
2009 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 4.0 11 1 2 0 0 1 0 0 6 6 13.50 3.25
2010 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 40 7.1 9 1 10 0 1 3 0 0 6 6 7.36 2.60
通算:14年 243 38 5 3 0 21 25 0 2 .457 2268 502.0 572 60 213 8 52 236 16 3 286 254 4.55 1.56
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 15 (1997年 - 2001年途中)
  • 1 (2001年途中 - 2003年)
  • 16 (2004年)
  • 20 (2005年 - 2007年)
  • 69 (2008年)
  • 57 (2009年 - 2010年)
  • 05 (2010年 - 2015年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]