伊奈努

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊奈 努
Tsutomu Ina 1959 Scan10006.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県宝飯郡御津町(現:豊川市
生年月日 (1934-10-01) 1934年10月1日
没年月日 (1984-09-01) 1984年9月1日(49歳没)
身長
体重
176 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1953年
初出場 1953年
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊奈 努(いな つとむ、1934年10月1日 - 1984年9月1日[1])は、愛知県宝飯郡御津町(現:豊川市[1]出身のプロ野球選手1953年から1956年の登録名は伊奈 勉(読み同じ)。

経歴[編集]

豊川高校では一塁手、投手を兼ねる。高校同期には後にプロで同僚となる外野手足木敏郎東映フライヤーズで投手として活躍、その後セントラル・リーグ審判員を務めた久保田治がいる。1952年夏の甲子園県予選で準決勝に進むが豊橋時習館高に敗退、甲子園には出場できなかった。

1953年に足木とともに名古屋ドラゴンズに入団[1]。1年目から一軍で起用され、8月には先発陣に加わるが、同年は1勝にとどまる。1955年は4月に初完封を果たし5勝を記録するが、後半は失速した。1957年には登録名を「伊奈 勉」から「伊奈 努」に変更し頭角を現す。同年は12勝を挙げオールスターにも出場した[1]1959年には、チーム最多の57試合に登板し16勝14敗、防御率2.53(リーグ8位)を挙げる活躍を見せる。しかし1960年には序盤で故障し登板機会が減少。

同年オフに、伊奈努・横地由松 - 西尾慈高星山晋徳の2対2のトレードで阪神タイガースに移籍[1]1961年は4月から先発として起用され4勝を記録、その後も先発や中継ぎとして活躍するが、1963年オフに引退[1]

引退後は豊橋市内うどん屋を経営し、共に中日の後輩である権藤博星野仙一(但し、両名とも伊奈とは中日で一緒にプレーしていない)も伊奈の店を度々訪れていた[1]

1984年に49歳で死去。{権藤、星野とも伊奈の訃報を聞き「もう伊奈さんの魂が込もったうどんが食べられなくなると思うと寂しい」と故人を偲んだ[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1953 名古屋
中日
12 7 1 0 0 1 4 -- -- .200 208 47.0 34 3 33 -- 1 16 2 0 24 19 3.64 1.43
1954 4 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 66 15.0 17 1 5 -- 0 3 0 0 9 7 4.20 1.47
1955 21 11 2 1 0 5 2 -- -- .714 327 78.1 57 2 33 1 5 50 3 0 31 20 2.28 1.15
1956 16 4 0 0 0 1 3 -- -- .250 164 39.1 41 1 9 0 2 25 0 0 18 15 3.38 1.27
1957 36 19 8 2 0 12 12 -- -- .500 732 175.0 158 7 61 3 5 109 3 1 56 52 2.67 1.25
1958 35 11 1 0 0 9 5 -- -- .643 502 120.0 96 10 51 0 3 67 6 0 54 42 3.15 1.23
1959 57 23 8 2 1 16 14 -- -- .533 1111 267.0 220 19 97 4 9 158 6 0 96 75 2.53 1.19
1960 29 8 0 0 0 2 5 -- -- .286 264 59.0 69 9 22 2 3 25 0 2 40 34 5.19 1.54
1961 阪神 30 14 1 1 0 4 9 -- -- .308 386 86.2 98 5 38 2 4 39 4 1 48 35 3.62 1.57
1962 21 11 0 0 0 3 2 -- -- .600 241 58.1 50 1 26 0 2 35 4 0 18 16 2.44 1.30
1963 10 6 0 0 0 0 5 -- -- .000 116 23.1 34 2 15 0 1 12 0 0 24 18 6.75 2.10
通算:11年 271 117 21 6 1 53 62 -- -- .461 4117 969.0 874 60 390 12 35 539 28 4 418 333 3.09 1.30
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 名古屋(名古屋ドラゴンズ)は、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (1953年 - 1954年)
  • 17 (1955年 - 1960年、1962年 - 1963年)
  • 20 (1961年)

登録名[編集]

  • 伊奈 勉 (いな つとむ、1953年 - 1956年)
  • 伊奈 努 (いな つとむ、1957年 - 1963年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、57ページ
  2. ^ 中日スポーツ 1984年9月3日 3面

関連項目[編集]