福嶋久晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福嶋 久晃
20171123 Hisaaki Fukushima OB of whales at Yokohama stadium.jpg
2017年11月23日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県東牟婁郡太地町
生年月日 (1947-04-10) 1947年4月10日(73歳)
身長
体重
177 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手
プロ入り 1966年 ドラフト外
初出場 1967年9月7日
最終出場 1985年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

福嶋 久晃(ふくしま ひさあき、1947年4月10日 - )は、和歌山県東牟婁郡太地町出身の元プロ野球選手捕手内野手)・コーチ解説者。旧名は福島 久

長女はプロゴルファー福嶋晃子、次女は同じくプロゴルファーの福嶋浩子

経歴[編集]

PL学園高校時代に投手から捕手へ転向し、2年生エースの加藤英治とバッテリーを組む。3年次の1965年春の選抜へ出場するも準々決勝で小坂敏彦を擁する高松商に敗退[1]し、同年夏は府予選準決勝で福本豊のいた大鉄高に敗退。高校同期に得津高宏長井繁夫、1学年下に加藤秀司がいる。同年の第1回ドラフト広島カープから8位指名を受けるも拒否し、卒業後は1966年大昭和製紙へ入社。同年の都市対抗に出場し、準決勝で住友金属に敗退[2]

1966年にドラフト外大洋ホエールズへ入団し、1年目の1967年9月7日巨人戦(川崎)で4回表に初出場、10月17日サンケイ戦(川崎球場)に5番・捕手で初先発出場。二軍では1968年イースタン・リーグ優勝に貢献したほか、1969年には打率.339でイースタン・リーグ首位打者を獲得。1970年には伊藤勲大橋勲に次ぐ3番手捕手として一軍に定着するが、打力を活かして一塁手三塁手としても15試合に先発出場。捕手としては1試合のみであった。4月15日のサンケイ戦(神宮)の8回表に松岡功祐の代打で藤原真から二塁打を放って初安打、5月17日中日戦(中日)では6回表に星野仙一から左翼へ逆転決勝2点適時二塁打を放って初打点、同25日の巨人戦(川崎)の9回裏に大橋勲の代打で城之内邦雄から左越同点2ラン本塁打を放って初本塁打を記録。1972年に名前を「久」から「久晃」に変更すると、1975年には正捕手の伊藤と併用されて62試合に先発マスクを被る。同年は10本塁打を放ち、それ以降6年連続で2桁本塁打をマークする。1976年には自身唯一の100安打と自己最多の18本塁打を放ち、強打の捕手としてのポジションを確立。別当薫が2期目の監督に就任した1977年には伊藤から正捕手の座を奪い、1978年には自身唯一の規定打席に到達する(36位、打率.249)。同年4月17日の広島戦では横浜スタジアムこけら落しのチーム第1号本塁打を北別府学から放ち、同年は4位であったものの7年ぶりのシーズン勝ち越しに貢献。川崎球場ラストイヤーとなった前年の借金17から貯金7を記録し、1979年には横浜移転後初で8年ぶりのAクラス入りと15年ぶりの2位躍進に貢献。1980年4月5日には開幕戦の巨人戦(横浜)で江川卓からサヨナラヒットを放ち、自己最多の122試合に出場。1976年、1977年、1981年にはオールスターゲームに出場。1981年8月26日の広島戦(広島市民)に6番・捕手で先発出場して1000試合出場を達成するが、1982年からは関根潤三監督が編み出した「ベテラン三人捕手体制」で辻恭彦加藤俊夫との併用になる。同年5月19日の巨人戦(後楽園)では2回表に江川卓から2ラン本塁打を放って100本塁打を達成するが、1983年からは若菜嘉晴の加入で出場機会が減少。1984年には一塁での起用が主となり、1985年に広島へ移籍。4月13日には開幕戦の阪神戦(広島市民)で山本和行からサヨナラヒットを放つなど右の代打としても活躍したが、9月21日の巨人戦(後楽園)に小林誠二の代打でキース・カムストックから放った二塁打が最後の安打、10月24日の中日戦(広島市民)に山根和夫の代打で起用されたのが最終出場となり、同年限りで現役を引退。

引退後は1986年に1年だけ広島に残り、二軍バッテリーコーチ補佐を務めた。1987年には古葉竹識が監督に就任したのを期に3年ぶりに古巣・大洋へ復帰し、一軍バッテリーコーチに就任。1989年には1年目の谷繁元信を指導し、怪我をしないことを第一基礎的な体力作りをさせたが[3]、古葉と共に同年退任。退団後は横浜市港南区港南台でフランス料理店「バレーヌ」を経営していたが、2013年に閉店。娘・晃子のキャディーを務める傍ら、晃子・浩子姉妹のマネージメントを行う「インタープレイス」株式会社の代表取締役会長でもある。一時期はJ SPORTSで解説を行なっていたが、現在は活動していない。2009年からは株式会社「エバーケア」を設立し、代表取締役に就任。2016年にアマチュア野球指導資格を回復し、岡山県関西高等学校でコーチを務めている[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 大洋 5 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1968 4 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .000 .000 .000 .000
1969 6 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1970 66 105 99 4 20 2 0 2 28 11 0 0 0 1 4 0 1 23 5 .202 .238 .283 .521
1971 50 55 52 3 9 0 0 2 15 4 0 0 1 0 2 0 0 25 1 .173 .204 .288 .492
1972 27 29 27 2 4 0 0 1 7 1 0 0 0 0 1 0 1 11 2 .148 .207 .259 .466
1973 31 27 27 0 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .148 .148 .148 .296
1974 65 133 128 10 27 1 0 4 40 11 1 1 1 0 4 0 0 18 4 .211 .235 .313 .547
1975 101 264 251 23 67 7 0 10 104 29 1 2 1 2 3 1 7 22 5 .267 .293 .414 .707
1976 112 400 376 33 100 15 0 18 169 45 0 1 2 4 15 1 3 49 10 .266 .296 .449 .746
1977 105 357 317 34 83 12 0 13 134 50 0 2 3 2 31 6 4 55 9 .262 .333 .423 .756
1978 118 418 373 41 93 18 3 15 162 46 1 1 6 1 34 8 4 53 12 .249 .318 .434 .752
1979 110 350 314 33 77 17 0 13 133 44 1 1 2 4 29 9 1 50 6 .245 .307 .424 .731
1980 122 373 337 27 71 10 0 13 120 45 0 0 8 3 23 9 2 71 7 .211 .263 .356 .619
1981 106 334 298 22 74 14 5 7 119 37 0 2 4 6 23 8 3 46 10 .248 .303 .399 .702
1982 75 153 142 8 28 3 1 6 51 23 0 0 0 4 6 0 1 21 9 .197 .229 .359 .588
1983 54 68 64 5 18 4 0 2 28 7 0 0 1 1 2 2 0 10 3 .281 .299 .438 .736
1984 52 57 54 4 12 3 1 1 20 8 0 0 0 0 2 0 1 6 3 .222 .263 .370 .634
1985 広島 45 62 54 3 15 3 0 0 18 8 0 0 3 0 5 0 0 11 3 .278 .339 .333 .672
通算:19年 1254 3204 2932 252 702 109 10 107 1152 370 4 10 32 28 184 44 28 484 90 .239 .288 .393 .681

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 56 (1967年 - 1969年)
  • 10 (1970年 - 1985年)
  • 85 (1986年)
  • 87 (1987年 - 1989年)

登録名[編集]

  • 福島 久 (ふくしま ひさし、1967年 - 1972年)
  • 福嶋 久晃 (ふくしま ひさあき、1973年 - 1989年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 谷繁元信「谷繁流キャッチャー思考 (当たり前の積み重ねが確固たる自信を生む)」日本文芸社2017年6月15日発売、ISBN-10 4537214953
  4. ^ ☆69歳☆ 福嶋浩子オフィシャルブログ 2016年4月10日付

関連項目[編集]