ロビンソン・チリノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロビンソン・チリノス
Robinson Chirinos
テキサス・レンジャーズ #61
Robinson Chirinos on July 1, 2014.jpg
2014年7月1日
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ファルコン州プント・フィホ
生年月日 1984年6月5日(32歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2000年 アマチュア・フリーエージェントとしてシカゴ・カブスと契約
初出場 2011年7月18日 ニューヨーク・ヤンキース
年俸 $1,550,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロビンソン・デビッド・チリノスRobinson David Chirinos Gonzalez , 1984年6月5日 - )は、ベネズエラファルコン州プント・フィホ出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。現在はMLBテキサス・レンジャーズに所属している。

オフにはベネズエラウィンターリーグナベガンテス・デル・マガリャーネスNavegantes del Magallanes)でプレーしている[2]

経歴[編集]

プロ入りとカブス傘下時代[編集]

2000年7月2日シカゴ・カブスと契約[3]

2010年に初めてAAA級アイオワ・カブスへ昇格し、シーズン終了後にはカブスの40人枠に加えられた[3]

レイズ時代[編集]

2011年1月8日マット・ガーザを中心とした大型トレードによって、サム・ファルド李學周らと共にタンパベイ・レイズに移籍した[4]

同年7月18日にメジャー初昇格を果たし[5]8月3日トロント・ブルージェイズ戦でカルロス・ビヤヌエバからメジャー初本塁打を放った[6]8月18日ジョン・ジェイソの復帰によってAAA級ダーラム・ブルズへ降格となった[7]

レンジャース時代[編集]

2013年4月8日にトレードでテキサス・レンジャーズへ移籍[8][9]

2014年2月26日にレンジャーズと1年契約に合意した[10]。この年は控え捕手としてスタートしたが、レギュラー格のジオバニー・ソトJ.P.アレンシビアらが、故障や不振によって相次いで脱落した為、チリノスに正捕手の座が巡ってきた[11]。最終的には93試合に出場し、バッティング面では打率こそ.239と低いながら、15二塁打と13本塁打を放って高い長打力を発揮した。ディフェンス面では、ダルビッシュ有とは相性があまり良くなかったものの、盗塁阻止力・ボールブロッキング・リード面等、多方面で高い実力を発揮した[11]

2015年も、チームの捕手では1番手として起用され、78試合に出場。バッティングでは、打率が多少低下したが、選球眼が向上した為、四球と出塁率が上昇した。また、16二塁打・10本塁打を記録し、2年連続で「15二塁打・10本塁打」のラインをクリアしてパワーをアピール。ディフェンスではDRS0・盗塁阻止率29%という成績で、平均レベルの内容だった。

2016年5月15日に起きたトロント・ブルージェイズ戦での乱闘[12]に関わったとして、17日にMLBから罰金処分が科せられたことが発表された[13]

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 TB 20 60 55 4 12 2 0 1 17 7 0 0 0 0 5 0 0 13 0 .218 .283 .309 .592
2013 TEX 13 30 28 3 5 3 0 0 8 0 0 0 0 0 2 0 0 6 1 .179 .233 .286 .519
2014 93 338 306 36 73 15 0 13 127 40 0 1 4 4 17 1 7 71 4 .239 .290 .415 .705
2015 78 273 233 33 54 16 1 10 102 34 0 0 5 2 28 0 5 62 4 .232 .325 .438 .762
MLB:4年 204 701 622 76 144 36 1 24 254 81 0 1 9 6 52 1 12 152 9 .232 .301 .408 .709
  • 2015年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Robinson Chirinos Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年7月5日閲覧。
  2. ^ Magallanes contará con Robinson Chirinos desde el principio. DAT Televisión(スペイン語). 2011年9月30日閲覧
  3. ^ a b Cubs select Catcher Robinson Chirinos from Double-A Tennessee. cubs.com(英語). 2011年9月30日閲覧
  4. ^ Bruce Levine (2011年1月7日). “Source: Cubs agree to Garza deal”. ESPN. 2011年1月7日閲覧。
  5. ^ Rays promote 3 from Triple-A Durham. USATODAY.com(英語). 2011年9月30日閲覧
  6. ^ Toronto Blue Jays vs. Tampa Bay Rays - Box Score - August 03, 2011. ESPN.com(英語). 2011年9月30日閲覧
  7. ^ Topkin, Marc(2011-08-18). Tampa Bay Rays bring back John Jaso, demote Robinson Chirinos. tampabay.com(英語). 2011年9月30日閲覧
  8. ^ Texas acquires catcher Chirinos from Rays
  9. ^ Rays trade catcher Chirinos to Rangers
  10. ^ Texas Rangers agree to terms with twelve players on one-year contracts”. MLB.com Rangers Press Release (2014年2月26日). 2014年2月27日閲覧。
  11. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、251頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  12. ^ Fracas tarnishes Rangers' win over Jays MLB.com (英語) (2016年5月15日) 2016年5月27日閲覧
  13. ^ Discipline for Blue Jays-Rangers incidents announced MLB.com Press Release (英語) (2016年5月17日) 2016年5月27日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]