サム・ファルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サム・ファルド
Sam Fuld
オークランド・アスレチックス #23
Sam Fuld on August 16, 2015.jpg
2015年8月16日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューハンプシャー州ダーラム
生年月日 1981年11月20日(34歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2004年 ドラフト10巡目(全体304位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 2007年9月5日 ロサンゼルス・ドジャース
年俸 160万ドル (2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

サミュエル・バブソン・ファルドSamuel Babson "Sam" Fuld, 1981年11月20日 - )は、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ダーラム出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。現在はMLBオークランド・アスレチックスに所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

10歳の時に1型糖尿病を発症。今でも毎日インスリン注射をしながらプレーしている。12歳の時にビル・ガリクソンと対面する機会があり、糖尿病を抱えながらも野球選手として大成したガリクソンに大いに勇気づけられたという[1]

スタンフォード大学時代の2003年MLBドラフト24巡目(全体703位)でシカゴ・カブスから指名されるが、入団しなかった[2]

カブス時代[編集]

2004年MLBドラフトで再びカブスから10巡目(全体304位)で指名され、7月9日に入団した[3]

2007年9月5日ロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビュー[4]

レイズ時代[編集]

2011年1月8日マット・ガーザを中心とした大型トレードによって、李學周クリストファー・アーチャーらと共にタンパベイ・レイズに移籍した[5]

2013年12月2日にFAとなった。

アスレチックス時代[編集]

2014年2月4日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結んだ[6]。3月29日にアスレチックスとメジャー契約を結んだ[7]。開幕後は7試合に出場したが、4月12日にDFAとなった。

ツインズ時代[編集]

2014年4月20日にウェーバーでミネソタ・ツインズへ移籍した[8]

アスレチックス復帰[編集]

2014年7月31日にトム・ミローンとのトレードで古巣のアスレチックスへ移籍した[9]

2015年1月17日に、球団と年俸調停を回避し1年契約160万ドルで契約を結んだ[10]。この年は自己最多の120試合に出場したが、2年ぶりのシーズン.100台となる打率.197・2本塁打・22打点という成績に終わり、打撃不振だった。走塁面でも、過去2度20盗塁以上を記録したスピードが発揮し切れず、9盗塁に留まった。走・攻では不調だった一方、守備では安定した実力を発揮。外野の3ポジションを全て守り、通算DRS + 9という好成績をマークした。

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 CHC 14 9 6 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 0 .000 .333 .000 .333
2009 65 115 97 17 29 6 1 1 40 2 2 1 0 0 17 1 1 10 1 .299 .409 .412 .821
2010 19 31 28 3 4 1 0 0 5 3 0 0 0 0 3 0 0 5 2 .143 .226 .179 .404
2011 TB 105 346 308 41 74 18 5 3 111 27 20 8 4 1 32 0 1 49 3 .240 .313 .360 .673
2012 44 107 98 14 25 3 2 0 32 5 7 2 0 0 8 0 1 14 0 .255 .318 .327 .644
2013 119 200 176 25 35 0 3 2 47 17 8 2 4 2 17 0 1 28 6 .199 .270 .267 .537
2014 OAK 7 33 30 5 6 0 2 2 16 4 1 0 0 0 3 0 0 6 0 .200 .273 .533 .806
MIN 53 195 164 15 45 10 0 1 58 17 12 3 3 2 26 1 0 29 0 .274 .370 .354 .723
OAK 53 174 157 20 33 6 2 1 46 15 8 1 3 0 14 1 0 28 2 .210 .275 .293 .568
'14計 113 402 351 40 84 16 4 4 120 36 21 4 6 2 43 2 0 63 2 .239 .321 .342 .663
2015 120 325 290 34 57 16 3 2 85 22 9 3 2 1 30 1 2 55 6 .197 .276 .293 .569
通算:8年 599 1535 1354 177 308 60 18 12 440 112 67 20 16 6 153 4 6 227 20 .227 .307 .325 .632
  • 2015年度シーズン終了時

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 TB 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Carrie Muskat (2010年3月17日). “Fuld running down big league dream; Diabetes can't stop Cubs outfielder from competing for job”. MLB.com. 2010年3月31日閲覧。
  2. ^ Adams, Bruce (2003年6月25日). “Stanford stocked for next title run”. The San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/chronicle/archive/2003/06/25/SP155904.DTL 2010年3月19日閲覧。 
  3. ^ Player Bio: Sam Fuld. Stanford University's Official Athletic Site(英語). 2011年9月26日閲覧
  4. ^ September 5, 2007 Los Angeles Dodgers at Chicago Cubs Box Score and Play by Play. Baseball-Reference.com(英語). 2011年9月26日閲覧
  5. ^ Bruce Levine (2011年1月7日). “Source: Cubs agree to Garza deal”. ESPN. 2011年1月7日閲覧。
  6. ^ Jane Lee (2014年2月4日). “Fuld reaches Minor League deal with Athletics”. MLB.com. 2014年2月6日閲覧。
  7. ^ A's Announce Opening Day Roster”. MLB.com A's Press Release (2014年3月29日). 2014年3月30日閲覧。
  8. ^ Twins claim outfielder Sam Fuld off waivers from Oakland”. MLB.com Twins Press Release (2014年4月20日). 2014年4月21日閲覧。
  9. ^ A's Acquire OF Sam Fuld from Minnesota for LHP Tommy Milone”. MLB.com A's Press Release (2014年7月31日). 2014年8月1日閲覧。
  10. ^ Jane Lee (2015年1月17日)A's lock up five players on 1-year contracts MLB.com 2015年1月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]