ルーグネッド・オドーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ルーンド・オドール
  • ロウグネド・オドール
  • ルーグネド・オドアー
ルーグネッド・オドーア
Rougned Odor
ニューヨーク・ヤンキース #12
Rougned Odor (48104062778) (cropped).jpg
テキサス・レンジャーズ時代
(2019年6月18日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 スリア州マラカイボ
生年月日 (1994-02-03) 1994年2月3日(27歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手
プロ入り 2011年 アマチュアFA
初出場 2014年5月8日
年俸 $12,333,333(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ
WBC 2017年

ルーグネッド・ロベルト・オドーアRougned Roberto Odor, スペイン語発音: [ˈruɣneð oˈðoɾ]; 1994年2月3日 - )は、ベネズエラスリア州マラカイボ出身のプロ野球選手二塁手)。右投左打。MLBニューヨーク・ヤンキース所属。愛称はエル・ティポEl Tipo[2]

経歴[編集]

プロ入りとレンジャーズ時代[編集]

2011年にアマチュア・フリーエージェントでテキサス・レンジャーズと契約してプロ入り。契約後、A-級スポケーン・インディアンス英語版でプロデビュー。58試合に出場して打率.262、2本塁打、29打点、10盗塁を記録した。

2012年はA級ヒッコリー・クロウダッズでプレーし、109試合に出場して打率.259、10本塁打、47打点、19盗塁を記録した。

2013年はまずA+級マートルビーチ・ペリカンズでプレーし、100試合に出場して打率.305、5本塁打、59打点、27盗塁を記録した。8月1日にAA級フリスコ・ラフライダーズへ昇格。30試合に出場して打率.306、6本塁打、19打点、5盗塁を記録した。

2014年はAA級フリスコで開幕を迎え、32試合に出場して打率.279、6本塁打、17打点、6盗塁を記録した。5月8日にレンジャーズとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし[3]、同日のコロラド・ロッキーズ戦で20歳でMLBにデビューした。「8番・二塁手」で先発起用され、4打数無安打だった[4]。5月9日のボストン・レッドソックス戦でクレイ・バックホルツから初安打を、12日のヒューストン・アストロズ戦でブラッド・ピーコックから初本塁打を記録した。メジャー昇格後、有望株のジュリクソン・プロファーが故障離脱、後釜候補の別の選手も脱落したため、二塁のレギュラーに定着[5]。最終的メジャーでは114試合に出場して打率.259、9本塁打、48打点、4盗塁(7盗塁死)を記録した。

2015年10月3日のロサンゼルス・エンゼルス戦で二塁ベースから離れたジョニー・ジアボテラの左脛を目掛けてスライディングした結果、ジアボテラが痛がって内野手が集まり試合が中断したが、幸い大事には至らなかった[6]。この年も二塁のレギュラーを務めた。120試合に出場して打率.261、16本塁打、61打点、6盗塁を記録した。

2016年5月15日のトロント・ブルージェイズ戦で、二塁ベース上で一塁走者ホセ・バティスタスライディングによる守備妨害を受けたが、この際にバティスタを突き飛ばした後に殴打し、両チーム入り乱れた乱闘となり、退場処分を受けた[7]。17日にMLB機構から8試合の出場停止処分が科せられたが、異議申し立てを行った[8]結果、7試合に軽減され確定し、5月27日から適用された[9]。シーズンでは二塁のレギュラーに定着し、150試合に出場し、初めて規定打席に到達した。打率.271、チーム1位[10]の33本塁打、88打点、14盗塁を記録した。

2017年開幕前の2月8日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ベネズエラ代表に選出された[11]。3月30日には6年総額4950万ドルで契約延長[12]

2018年4月9日のロサンゼルス・エンゼルス戦で走塁の際に左ハムストリングを痛めて[13]、その後28試合を欠場した。6月1日のロサンゼルス・エンゼルス戦で二塁ベースから離れたアンドレルトン・シモンズの左足を目掛けてスライディングして小競り合いが起きた[14]

2019年6月9日のオークランド・アスレチックス戦でライアン・バクターの投球前にホームスティールを成功させた[15]

2021年4月1日にチャーリー・カルバーソンのメジャー契約に伴いDFAとなった[16]

ヤンキース時代[編集]

2021年4月6日にジョシュ・ストワーズアントニオ・カブレロとのトレードで、金銭と共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。2年2400万ドル余りの契約が残っているが、ヤンキースとオドーアの契約は最低保証年俸の約57万ドルであり、2300万ドル余りをレンジャーズが負担する形での放出となった[17][18]。5月4日のヒューストン・アストロズ戦でホームプレートを踏む際にマーティン・マルドナードと接触して左膝を痛め[19]、その後11試合を欠場した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 TEX 114 417 386 39 100 14 7 9 155 48 4 7 6 3 17 1 5 71 7 .259 .297 .402 .698
2015 120 470 426 54 111 21 9 16 198 61 6 7 2 5 23 2 14 79 3 .261 .316 .465 .781
2016 150 632 605 89 164 33 4 33 304 88 14 7 0 4 19 0 4 135 6 .271 .296 .502 .798
2017 162 651 607 79 124 21 3 30 241 75 15 6 0 4 32 5 8 162 13 .204 .252 .397 .649
2018 129 535 474 76 120 23 2 18 201 63 12 12 2 5 43 2 11 127 5 .253 .326 .424 .751
2019 145 581 522 77 107 30 1 30 229 93 11 9 1 1 52 2 5 178 4 .205 .283 .439 .721
2020 38 148 138 15 23 4 0 10 57 30 0 1 0 2 7 0 1 47 2 .167 .209 .413 .623
MLB:7年 858 3434 3158 429 749 146 26 146 1385 458 62 49 11 24 193 12 48 799 40 .237 .289 .439 .728
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



二塁(2B)












2014 TEX 110 194 275 9 70 .981
2015 119 207 350 17 97 .970
2016 146 283 428 22 129 .970
2017 158 321 429 19 129 .975
2018 127 218 336 9 96 .984
2019 137 246 294 15 85 .973
2020 37 54 86 4 18 .972
MLB 834 1523 2198 95 624 .975
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

諸記録[編集]

  • 単独ホームスティール:1回 (2019年6月9日[15])
  • 二塁手として三重殺参加:2回 (2018年8月16日[20]、2021年5月21日[21])

背番号[編集]

  • 73(2014年 - 同年途中)
  • 12(2014年途中 - 2020年、2021年7月16日 - )
  • 18(2021年 - 同年7月10日)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rougned Odor Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月27日閲覧。
  2. ^ Explaining Rangers Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月31日閲覧
  3. ^ Rangers add INF's Luis Sardinas and Rougned Odor, along with RHP Justin Germano, to active roster; INF Donnie Murphy placed on disabled list”. MLB.com Rangers Press Release (2014年5月8日). 2014年5月9日閲覧。
  4. ^ Scores for May 8, 2014”. ESPN MLB (2014年5月8日). 2014年5月9日閲覧。
  5. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、250頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  6. ^ VIDEO: Odor spikes Giavotella with vicious” (英語). en:Score Media and Gaming Inc. (2015年10月3日). 2021年6月27日閲覧。
  7. ^ Fracas tarnishes Rangers' win over Jays MLB.com (英語) (2016年5月15日) 2016年5月27日閲覧
  8. ^ Discipline for Blue Jays-Rangers incidents announced MLB.com Press Release (英語) (2016年5月17日) 2016年5月27日閲覧
  9. ^ 相手選手を殴打したオドル 出場停止処分が7試合に軽減されるスポーツニッポン (2016年5月27日) 2016年6月21日閲覧
  10. ^ 2016 Texas Rangers Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年11月6日閲覧。
  11. ^ Miggy, Altuve lead loaded Venezuela offense MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月4日閲覧
  12. ^ Joe Trezza (2017年3月30日). “Rangers, Odor announce 6-year deal” (英語). MLB.com. 2021年4月13日閲覧。
  13. ^ Rangers lose Rougned Odor to hamstring injury” (英語). MLB.com (2018年4月10日). 2021年6月27日閲覧。
  14. ^ Rougned Odor slide ignites fracas vs. Angels” (英語). MLB.com (2018年6月2日). 2021年6月27日閲覧。
  15. ^ a b Rougned Odor steals home” (英語). MLB.com (2019年6月10日). 2021年6月27日閲覧。
  16. ^ Rangers To Designate Rougned Odor For Assignment, Select Charlie Culberson” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年4月2日閲覧。
  17. ^ New York Yankees acquire infielder Rougned Odor in trade with Texas Rangers”. ESPN (2021年4月7日). 2021年6月27日閲覧。
  18. ^ Rangers Trade Rougned Odor To Yankees” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年4月6日閲覧。
  19. ^ Rougned Odor to injured list with knee sprain” (英語). MLB.com (2021年5月6日). 2021年6月27日閲覧。
  20. ^ Los Angeles Angels at Texas Rangers Box Score, August 16, 2018”. Baseball-Reference.com (2018年8月16日). 2021年6月27日閲覧。
  21. ^ Chicago White Sox at New York Yankees Box Score, May 21, 2021”. Baseball-Reference.com (2021年5月21日). 2021年6月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]