鈴木慶裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 慶裕
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都大田区
生年月日 (1963-05-21) 1963年5月21日(55歳)
身長
体重
173 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1988年 ドラフト2位
初出場 1989年4月8日
最終出場 1998年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鈴木 慶裕(すずき よしひろ、1963年5月21日 - )は、東京都大田区出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

武相高校では1981年夏の甲子園神奈川県予選で準々決勝に進出するが、日本大学高に敗退。亜細亜大学へ進学。東都大学野球リーグでは三原昇(東芝)、阿波野秀幸の両エースを擁し、1984年春季リーグの優勝に貢献。同年の全日本大学野球選手権大会では決勝に進むが、法大に延長11回惜敗、準優勝にとどまる。リーグ通算85試合に出場し316打数76安打、打率.241、1本塁打、19打点。大学同期に古川慎一がいる。

卒業後は日本石油に入社。1986年都市対抗では一番打者、中堅手としてチームの優勝に貢献し、二番を打った若井基安とともに若獅子賞を獲得。その後も都市対抗に連続出場し、1988年大会では東芝に補強され、二度目の優勝を経験。同年のドラフト2位で日本ハムに入団。

俊足巧打の即戦力ルーキーとして初年度から開幕スタメンを勝ち取るなど、主力選手として活躍する。特に1992年前半戦には2番打者として打率4割近くをマークする活躍を見せた。後半戦は失速するが、選手生活で唯一規定打席に到達し、打率.284の好成績をあげる。しかし1994年に死球を受け手首を負傷してから成績が低迷、1996年オフに自由契約となり、ダイエーにテスト入団。1998年、若返りのチーム方針により戦力外通告を受け現役引退。

1999年に福岡大学大学院体育学研究科(修士課程)に入学した後、ホークスジュニアアカデミーのコーチを務めた[1]。現在は「ろばた焼き 磯貝」藤崎本店で調理人として勤務する。

お笑いタレントの出川哲朗は高校の同級生。パンチ佐藤(佐藤和弘)は高校・大学で野球部の1年後輩。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 日本ハム 107 353 313 40 79 4 2 6 105 21 22 13 7 3 28 0 2 34 7 .252 .315 .335 .650
1990 86 222 193 31 47 6 0 2 59 9 8 5 10 3 13 0 3 27 0 .244 .297 .306 .603
1991 55 168 148 15 39 6 1 4 59 13 3 3 7 0 13 0 0 25 1 .264 .323 .399 .722
1992 120 491 430 56 122 10 5 6 160 34 20 8 24 1 28 2 7 73 2 .284 .337 .372 .709
1993 114 356 318 37 79 14 2 2 103 30 22 8 7 3 23 1 5 52 3 .248 .307 .324 .630
1994 72 238 217 20 53 8 1 3 72 17 7 4 4 0 12 0 5 29 2 .244 .299 .332 .631
1995 58 139 124 12 21 5 1 0 28 3 1 3 1 1 10 4 3 27 2 .169 .246 .226 .472
1997 ダイエー 65 37 35 11 7 0 0 0 7 4 0 1 0 0 2 0 0 5 0 .200 .243 .200 .443
1998 34 70 63 8 19 1 0 1 23 5 1 1 3 1 3 1 0 12 0 .302 .328 .365 .693
通算:9年 711 2074 1841 230 466 54 12 24 616 136 84 46 63 12 132 8 25 284 17 .253 .310 .335 .645

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 2 (1989年 - 1996年)
  • 0 (1997年 - 1998年)

脚注[編集]

  1. ^ NPO法人ホークスジュニアアカデミー > 鈴木 慶裕”. HAWKS JUNIOR ACADEMY. 2012年7月12日閲覧。

関連項目[編集]