古川利行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古川 利行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県
生年月日 (1963-09-24) 1963年9月24日(53歳)
身長
体重
173 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト3位
初出場 1985年
最終出場 1986年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

古川 利行(ふるかわ としゆき、1963年9月24日 - )は、新潟県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

北越商業では2年生の時、エースとして1980年秋季北信越大会で準決勝に進むが、音重鎮のいた星稜高に敗退し春の選抜出場を逸する。翌1981年、春の北信越大会では1回戦で東海大三高に延長14回サヨナラ負けを喫するが、左腕の好投手として注目を集めた。しかし野球部員の不祥事があり夏の甲子園予選への出場を辞退。

1981年のドラフト6位で中日に指名されるが入団を拒否、社会人野球日本鋼管へ進む。1983年都市対抗ではエースとして2勝をあげ準々決勝に進出するが、池田親興投手(日産自動車から補強)を擁する東芝に敗れる[1]1984年ロス五輪日本代表に選出されるがこれを辞退し、同年の都市対抗に出場。順調に勝ち進み、決勝で日産自動車と対戦するが乱戦の末9-10で逆転負け、準優勝にとどまった[1]

1984年のドラフトで再度中日に3位指名され入団。貴重な中継ぎ左腕として1985年には16試合に登板するが、その後は登板機会が減り、1987年限りで現役引退。現在は佐川急便会社員。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 中日 16 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 66 14.1 14 2 9 0 1 12 0 0 10 7 3.77 1.60
1986 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 26 5.2 6 0 3 0 0 7 0 0 3 3 3.86 1.59
通算:2年 22 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 92 20.0 20 2 12 0 1 19 0 0 13 10 3.15 1.60

背番号[編集]

  • 11 (1985年 - 1987年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]