柿本実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柿本 実
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県京都郡苅田町
生年月日 (1935-10-05) 1935年10月5日(82歳)
身長
体重
176 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1960年
初出場 1960年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1970 - 1973)

柿本 実(かきもと みのる、1935年10月5日 - )は、福岡県京都郡苅田町出身の元プロ野球選手投手)・コーチ

経歴[編集]

苅田高校時代は内野手三塁手[1]準硬式の豊岡セメントで投手に転じ、硬式の日炭高松では深見安博監督の指導を受けた。1960年南海ホークスへ入団するが、出場機会に恵まれなかった。わずか1試合に登板しただけで自由契約となり、翌1961年中日ドラゴンズへ移籍。近藤貞雄コーチの指導を受け、それまでのオーバースローからサイドスローに転向し才能が開花[1][2]江藤愼一の進言で[2]濃人渉監督に1961年後半から一軍に抜擢され[2]、この年の優勝争いに貢献した[2]1962年1963年と2年連続で20勝をマーク。権藤博板東英二山中巽らとともに主力投手陣の一角を占め、1962年の開幕戦でプロ初完投勝利を記録(開幕戦での初完投勝利は日本プロ野球史上初)。1963年には最優秀防御率のタイトルも獲得したが、同年8月28日対阪神戦の2回の打席で、1球毎に左右の打席を入れ替わった後、6球目に三振した(相手投手は村山実)。強気のピッチングと人を食った言動でも話題を集め、個性派選手として人気があった。1965年4月12日巨人戦で、長嶋茂雄に対して際どいシュートを投げたことから乱闘騒ぎになり、金田正一ら2選手が退場処分を受けた。なお、柿本はこの試合でそのまま完投し、勝利投手となっている。その後1966年佐藤公博との交換トレードで、阪急ブレーブスに移籍したが、その年に自由契約となり、1967年阪神タイガースへ移籍。阪神では主にリリーフ投手として活躍し、1969年のシーズン終了後に現役を引退。引退後は阪神の二軍投手コーチ(1970年 - 1971年)・一軍投手コーチ(1972年 - 1973年)を経て、現在は兵庫県西宮市でブライダルサロン「柿本」を経営。オールスター出場3回。

通算1402.1イニングを投げて暴投0という記録も持つ。スライダーシュートシンカーを武器としていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1960 南海 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 8 1.0 3 0 2 0 0 1 0 0 4 4 36.00 5.00
1961 中日 17 8 0 0 0 3 3 -- -- .500 257 63.2 56 3 13 3 1 50 0 1 22 19 2.67 1.08
1962 60 40 16 3 5 20 17 -- -- .541 1240 318.1 263 16 33 5 15 157 0 1 89 73 2.06 0.93
1963 48 28 12 3 3 21 13 -- -- .618 989 260.0 208 14 42 8 4 83 0 0 58 49 1.70 0.96
1964 50 35 18 4 1 15 19 -- -- .441 1116 277.2 233 24 79 6 10 101 0 1 100 88 2.85 1.12
1965 31 23 3 1 0 9 7 -- -- .563 641 151.2 157 10 37 3 3 69 0 0 63 53 3.14 1.28
1966 阪急 16 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 155 35.1 42 5 7 0 4 19 0 0 22 22 5.66 1.39
1967 阪神 20 10 2 1 1 4 0 -- -- 1.000 333 82.2 75 5 19 3 1 45 0 0 23 14 1.52 1.14
1968 34 15 1 1 0 8 7 -- -- .533 551 134.2 126 12 36 4 6 78 0 0 55 48 3.20 1.20
1969 23 11 1 1 1 3 4 -- -- .429 310 77.1 75 8 8 1 6 42 0 0 31 28 3.27 1.07
通算:10年 300 173 53 14 11 83 71 -- -- .539 5600 1402.1 1238 97 276 33 50 645 0 3 467 398 2.55 1.08
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 20 (1960年)
  • 45 (1961年 - 1966年)
  • 41 (1967年 - 1969年)
  • 72 (1970年 - 1973年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 内田雅也 (2012年3月27日). “猛虎人国記(54)~福岡県(下)~ 新庄の夢を育てた豪快な「壁」”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002918570.html 2013年9月12日閲覧。 
  2. ^ a b c d 森芳博 『ドラゴンズ魂』 リイド社1982年、114-119頁。ISBN 4-947538-24-4

関連項目[編集]