エディ・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エディ・ディアス
Eddy Diaz
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ララ州バルキシメト
生年月日 (1971-09-29) 1971年9月29日(45歳)
身長
体重
179 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手三塁手
プロ入り 1990年
初出場 MLB / 1997年4月17日
NPB / 1999年4月2日
KBO / 2003年
最終出場 MLB / 1997年5月21日
NPB / 2002年8月27日
KBO / 2004年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エディ・ディアスEddy Javier Díaz , 1971年9月29日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

米国時代[編集]

1990年シアトル・マリナーズと契約。1997年ミルウォーキー・ブルワーズメジャーデビューを果たすものの、メジャーでの出場は同年の16試合のみに終わる。

ボストン・レッドソックス傘下のAAA級ポータケットを経て、1999年広島東洋カープと年俸30万ドル(推定)で入団契約を結び来日。正田耕三の引退後、二遊間が手薄となっていたため守備力の高い外国人選手の獲得を達川光男監督が希望し、敏捷な守備とポータケットで435打数39三振だった堅実な打撃が評価されたという[1]

日本時代[編集]

来日1年目はシーズン通じて主に7番を打ち、7月15日の対中日戦では5打数5安打を記録する[2]など、シュアな打撃を披露した。9月14日には本塁打を放つが一塁走者の新井貴浩を追い抜いてしまい、本塁打取り消しとなるハプニングもあった[3]。オフには現状維持の年俸30万ドル(推定)で1年契約を結んでいる[4]

2000年はオープン戦で左足を故障した[5]影響などでシーズン前半の出場機会を大幅に減らしたが、復帰後の対巨人戦で9回表2死の局面から起死回生の同点本塁打を放つ。規定打席には到達できなかったものの、広島市民球場での本拠地最終戦で満塁本塁打を放った。本塁打数は前年と同じく8本。

長打力強化のためオフにウエイトトレーニングを重点的に行い[6]、同じベネズエラ出身のアレックス・カブレラからスイングをコンパクトにするようアドバイスを受けたこともあって2001年は5月に8試合で9本塁打を記録するなど、打撃面で大きく成長した[7]。この活躍で、アキレス腱痛でスタメンを外れていた新井貴浩からレギュラーの座を完全に奪い取り[8]、7月には1試合3本塁打を放つなど好調を維持して後半戦は3番に定着。この年は打率.304、32本塁打を放ち、ルイス・ロペスとともにセ・リーグ初の両外国人3割30本塁打を達成し、ベストナインに選出される。

2002年も前年同様に開幕から好調な打撃を見せ、5月にはリーグ2桁本塁打1番乗りを果たす。十分に打撃タイトル獲得の可能性があったが、しかし恥骨結合炎で登録を抹消される[9]など故障があり、シーズンで本塁打は17本に終わる。この年の契約更改では年俸面で双方の主張が折り合わず[10]自由契約となり退団。

韓国時代[編集]

2003年韓国SKワイバーンズに入団。2004年ハンファ・イーグルスに移籍。韓国国内においてのハングル登録名は、「디아즈」である。

メキシコ時代以降[編集]

2005年メキシカンリーグのユカタン・ライオンズ、2006年は同リーグのラグナ・カウボーイズでそれぞれプレーした。

2006年シーズン終了後に一度は現役を引退したものの、2007年に母国ベネズエラのウィンターリーグで現役復帰。

人物[編集]

母国ベネズエラでは牧場も経営していた[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 MIL 16 51 50 4 11 2 1 0 15 7 0 0 0 0 1 0 0 5 3 .220 .235 .300 .535
1999 広島 110 392 361 29 95 14 2 8 137 53 2 0 4 2 20 0 5 40 12 .263 .309 .380 .689
2000 88 284 264 25 67 7 0 8 98 31 4 0 2 1 16 1 1 30 3 .254 .298 .371 .669
2001 136 524 470 76 143 18 1 32 259 85 5 5 7 4 39 2 4 53 10 .304 .360 .551 .911
2002 96 400 353 36 99 16 0 17 166 51 2 4 5 4 30 3 8 41 8 .280 .347 .470 .817
2003 SK 111 485 439 56 125 26 0 22 217 63 5 0 0 4 32 1 10 47 11 .285 .344 .494 .839
2004 ハンファ 71 224 187 25 39 12 0 7 72 26 2 5 6 4 22 0 5 27 9 .209 .303 .385 .688
MLB:1年 16 51 50 4 11 2 1 0 15 7 0 0 0 0 1 0 0 5 3 .220 .235 .300 .535
NPB:4年 430 1600 1448 166 404 55 3 65 660 220 13 9 18 11 105 6 18 164 33 .279 .333 .456 .789
KBO:2年 182 709 626 81 164 38 0 29 289 89 7 5 6 8 54 1 15 74 20 .262 .331 .462 .793

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 51 (1997年)
  • 2 (1999年)
  • 49 (2000年 - 2002年、2006年)
  • 48 (2005年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1999年1月8日付朝刊、広島地方面
  2. ^ 読売新聞、1999年7月16日付朝刊、P.25
  3. ^ 朝日新聞、1999年9月15日付朝刊、P.23
  4. ^ 読売新聞、2000年1月6日付朝刊、P.24
  5. ^ 朝日新聞、2000年3月28日付朝刊、P.25
  6. ^ 読売新聞、2001年10月10日付朝刊、広島地方面
  7. ^ a b スポニチ 日めくりプロ野球 【5月12日】2001年 カープの“コブレラ”友のひと言とブタで8戦9本塁打
  8. ^ 読売新聞、2007年3月27日付夕刊、P.17
  9. ^ 読売新聞、2002年6月11日付朝刊、P.20
  10. ^ 朝日新聞、2002年11月17日付朝刊、P.22

関連項目[編集]

外部リンク[編集]