グリーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紀元前500年頃のギリシアのグリーブ。ミュンヘン州立古代美術博物館en)所蔵

グリーブ(英:greave, 古フランス語で「向こうずね」もしくは「向こうずね当て」の意味。アラビア語のjaurabより[1])は、の一部で、足を保護するもの。

概要[編集]

多くの場合左右一対で作成される。材質としては、芯を入れた布や、鋼板などが使われる。足の下部のみを保護するタイプや、上方に伸びて腿も保護するタイプなどがある。

グリーブは重歩兵の鎧の一般的な部品で、古代から使われてきた。ギリシアの重装歩兵は両足に青銅製のグリーブをつけていた。軍制改革以前のローマ共和国の軍隊において、最上級の装備をつけた隊はトリアリイ(Triarii)と言われるが、彼らは両足の向こうずねに古代ギリシア風のグリーブをつけていた。装備のクラスがやや落ちるプリンキペス(Principes)、さらに下のハスタティ(Hastati)と言われる隊では、しばしば片方(左足)だけのグリーブをつけたか、あるいはつけていなかった。 ローマの百人隊長は一般とは違った形のグリーブをつけていた。帝国後期の兵士は百人隊長以外はグリーブをつけないようになった。

中世になると、足の後部も保護するグリーブが開発された。それはフルグリーブと呼ばれる。前面だけを保護するものはハーフグリーブ、デミグリーブなどと言われる。

グリーブは、旧約聖書のダビデ対ゴリアテの話で、ゴリアテが身につけていたとも記されている。

日本の侍は同様の脛当をつけていた。

ギャラリー[編集]


注釈[編集]

  1. ^ Greave definition”. Yourdictionary.com. 2009年4月25日閲覧。