福家英登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年4月14日 横浜スタジアムにて

福家 英登(ふけ ひでと、1979年12月14日 - )は、香川県綾歌郡綾川町出身のプロ野球審判員。審判員袖番号は33

来歴・人物[編集]

坂出一高校卒業後に広島のスポーツ医学専門学校へ進学し、野球部で審判技術を学んだ[1]。更に二度アメリカへ海外留学し、ジム・エバンス審判学校ハリー・ウェンデルステッド審判学校に所属した[1]

近畿大学を経て、2003年からパシフィック・リーグ審判員となる。香川県出身の審判員は沖克己以来だった[1]

プロ野球審判を目指すきっかけは軟式野球の審判をやっていた父親の影響と語っている[1]

2012年にオールスターゲームに初出場し、松山・坊っちゃんスタジアムで行われた第2戦で球審を務めた。

2015年3月3日、香川県丸亀市に完成した丸亀市民球場(四国Cスタ丸亀)のこけら落としイベントとして行われたオープン戦の阪神ソフトバンク戦で球審を務めた[2]

テレビ中継等でアナウンサーなどが「ふくや」と呼び間違えることがあるが正しくは「ふけ」である。

2019年7月30日の阪神対中日甲子園)では球審を務めた。この試合の6回裏、打者梅野隆太郎がバントをするも、バッターボックス上の小フライとなり、打球を処理しようとした捕手木下拓哉の妨げになった。このプレーに対しすぐさま守備妨害を宣告したこと、さらにプレーへの説明を的確に行ったことが評価され、この年のファインジャッジ賞を受賞した[3]

2019年に日本シリーズ初出場を果たし、第2戦で球審を務めた。[4]

審判出場記録[編集]

  • 初出場:2006年4月12日オリックス西武3回戦(スカイマーク)、二塁塁審。
  • 出場試合数:795試合(パ・リーグ361、セ・リーグ309、交流戦104、日本シリーズ3、オールスター5、クライマックスシリーズ13)
  • オールスター出場:2回(2012年、2019年)
  • 日本シリーズ出場:1回(2019年)

(記録は2020年シーズン終了時)

表彰[編集]

  • ウエスタン・リーグ優秀審判員:1回(2007年)
  • ファインジャッジ賞:1回(2019年)

(記録は2019年シーズン終了時)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 1軍ローテ狙う-パ・リーグ審判 福家さん”. 四国新聞社. 2008年2月28日閲覧。
  2. ^ 四国Cスタ丸亀こけら落とし/阪神―ソフト戦
  3. ^ ファインジャッジ賞 受賞について 日本野球機構オフィシャルサイト(2020年06月09日閲覧)
  4. ^ 試合速報”. 日本野球機構. 2020年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]