熊本フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊本フェリー株式会社
kumamoto-ferry Co., Ltd.
Ocean Arrow.jpg
運航する高速フェリー「オーシャンアロー」
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 熊本フェリー
本社所在地 日本の旗 日本
861-5274
熊本県熊本市西区新港1丁目2番
設立 1991年12月12日[1]
業種 海運業
事業内容 海上運送事業
損害保険代理店業、旅行業[1]
代表者 井手 雅夫(代表取締役社長)[1]
資本金 200百万円[1]
従業員数 51人[1]
決算期 9月[1]
主要株主 九州産業交通ホールディングス
外部リンク www.kyusanko.co.jp
テンプレートを表示

熊本フェリー (くまもとフェリー)は、有明海フェリーを運航する海運会社九州産交グループの関連企業である。

概要[編集]

九州産業交通江崎汽船の出資により、1991年に設立された。熊本天草を結ぶ高速旅客船などを運航していたが、2009年4月以降は、熊本と島原半島を結ぶ高速フェリー1航路のみを運航する。熊本 - 島原航路には、九州商船グループの九商フェリーが在来船で就航しており、競合している。所要時間は30分と九商フェリーの半分だが、旅客運賃は九商フェリーの方が安く、便数も多い。

航路[編集]

運航中の航路

高速フェリー「オーシャンアロー」を使用して、1日6便(4月-12月の土・日・祝は7便)を運航する。所要時間は30分。

過去の航路

高速旅客船「マリンビュー」を使用して約1時間で結んでおり、「天草エンジェルライン」の愛称がついていた。 ピーク時の1997年度には、11万7千人の利用があったが、その後の利用客数は減少し、2006年10月には3往復から5往復に減便、2006年度の利用客数は6万4千人と半減した[2]。利用客減少や燃料費の大幅上昇で運航継続が困難であるとして、2007年8月末での廃止を表明したが、天草市の支援により撤回された。その後、2009年3月31日に運航休止となった。

船舶[編集]

運航中の船舶

石川島播磨重工業が開発した超細長双胴船(SSTH, Super Slender Twin Hull)船型の70m級カーフェリーの第1番船である。1998年就航。

過去の船舶

154総トン、全長26.22m、航海速力33ノット、旅客定員140名、IMO 9160126
本渡航路に就航していたオースタル製の双胴高速旅客船。運輸施設整備事業団の共有造船制度を使用して建造された。航路休止後は熊本港で長期係船されていたが、2013年に売却され、コモロ諸島NTRINGUI EXPRESSとして就航している。

営業所[編集]

過去の営業所

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 会社概要”. 熊本フェリー株式会社. 2016年3月3日閲覧。
  2. ^ やめないで!マリンビュー 天草島民からのメッセージ”. 天草テレビ. 有限会社天草テレビ. 2016年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]