きりしま号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きりしま号 (九州産交バス
きりしま号 (いわさきバスネットワーク
※現在は鹿児島交通
きりしま号 (南国交通

きりしま号(きりしまごう)は、熊本県熊本市熊本交通センター鹿児島県鹿児島市鹿児島本港(高速船ターミナル)の間を結ぶ高速バス路線である。かつては1990年4月より九州産業交通(現:九州産業交通ホールディングス)と南九州高速バスが共同運行、2004年3月九州新幹線の一部開通により一旦廃止されたが、廃止から4年半後の2008年10月10日より2009年3月31日まで熊本側の九州産交バスの単独運行において1日3往復(試験運行)、同年4月1日より鹿児島側の南国交通いわさきバスネットワーク(当時:現在は鹿児島交通)の両社を共同運行に加え、正式に運行再開された。現在は熊本側、鹿児島側共に「きりしま号」として運行している。

なお、本項目においては1990年4月の運行開始から2004年3月に一度廃止されるまでの期間を第1期、試験運行期間を含めた運行再開後による2008年10月以降の運用分を第2期として扱う。

全便座席指定制で乗車の際は事前の予約が必要[1]SUNQパスは全九州+下関版・南部九州版のみ使用可能(熊本県内間のみの利用であっても北部九州+下関版は使用不可)。

歴史[編集]

  • 高速道路開通以前は1965年頃から1975年にかけては八代~水俣~出水~川内間に南国交通と共同で快速「さつま号」を運行しており、熊本~八代間(快速「しらぬい号」)及び川内~鹿児島間のバス(林田バス)を乗り継いで利用すれば、熊本~鹿児島間をバスで行くことができるようにはなっていた。乗り継げば熊本~鹿児島間の所要時間は6時間ほど。
  • 1990年4月26日 - 路線開業。10往復運行。 九州産業交通南九州高速バス各5往復。熊本~いづろ間ノンストップ3時間10分、各停便3時間35分。
※この時の愛称は、九州産業交通担当便は現在と同じ「きりしま号」だが、南九州高速バス担当便は「はいびすかす号」と、担当会社によって違っていた。
  • 1993年10月頃 - 鹿児島空港経由となる(当初は各停便のみ)。
  • 1995年1月 - 人吉市内の停車地であった人吉ターミナルが老朽化により閉鎖され乗降場所を人吉産交に変更。また、ノンストップ便が新たに人吉産交と鹿児島空港にも停車するようになる。
  • 1995年7月 - 九州自動車道人吉えびの間開通により熊本~いづろ間ノンストップ便3時間17分・各停便3時間25分となる。尚、人吉市内においては開通後も一旦人吉ICを降り人吉産交に立ち寄るルートとなる。またこの日から新たに人吉南バス停が新設され、各停便が停車する。
  • 1999年12月 - 益城IC経由に変更。熊本~いづろ間ノンストップ便3時間10分、各停便は3時間19分。
  • 2004年3月12日 - 九州新幹線開業に伴い路線廃止(第1期の運行終了)。同時に南九州高速バスはこの日を以って会社清算・解散した。
  • 2008年9月12日 - 九州産交バスが九州運輸局の認可次第で単独運行ながらも同区間を運行再開することを発表[2]
  • 2008年10月10日 - 2009年3月31日までの試行運行という形で、九州産交バスの単独運行により運行再開(第2期の運行開始)。1日3往復。
    • 運行経路は以前と大きな変更ないが、八代には新八代駅(東口)に停車する事になり、このほか下伊敷バス停も新たに追加され鹿児島北IC経由となった。また、鹿児島中央駅バス停は南国日本生命ビルバスセンターとなっている。なお、試行運行期間中においては特に愛称が付けられていなかった。
  • 2009年4月1日 - 試行運行が好調だったため、いわさきバスネットワーク(株)・南国交通(株)が運行に加わり、3社共同運行で本格的に運行される。(九州産交3往復、いわさき及び南国交通計3往復)の6往復。
    • 愛称も「きりしま号」の名称が復活し熊本側・鹿児島側ともに統一。ノンストップ便も2往復設定(益城~鹿児島空港間は人吉ICのみ停車)また山江サービスエリアで10分間休憩(熊本6:30発の便については、熊本~人吉間での利用が多い通勤客に考慮し、熊本発の始発便のみ、えびのパーキングエリアで10分間休憩)を設定。
    • いづろバスセンター閉鎖により鹿児島側の終発着は鹿児島本港(高速船ターミナル)に変更。なお、いわさきバスネットワーク(株)・南国交通(株)が運行していた人吉 - 鹿児島空港線は3月31日で廃止。
  • 2009年4月4日 - 熊本行の山江発車時刻を修正(10分繰り上げ)。
  • 2009年6月1日 - バスセンターが併設されていた南国日生ビルの建て替えに伴い、鹿児島中央駅前乗降場所を変更[3]
  • 2011年4月1日 - ダイヤ改正ならびに運行内容を変更。ノンストップ便の停車箇所に八代ICバス停を追加し、各停便を廃止(全便ノンストップ便へ)[4]
  • 2012年4月23日 - ダイヤ改正に伴い、これまでの1日6往復12便から2往復4便増便し、1日8往復16便に[5]。同時にこの日より新装オープンする南国交通鹿児島中央駅前バスセンターにも乗り入れ開始に併せ鹿児島中央駅前乗降場所を変更[6][7]
  • 2015年10月1日 - 熊本市桜町一帯再開発事業におけるバスターミナル建て替えに伴い、熊本交通センター乗降場所を変更[8][9]
  • 2015年12月1日 - 九州産交便のみ熊本側の始発着場所を西部車庫まで延伸し熊本駅前にも停車。さらに、熊本行きの夕方2便(鹿児島本港17:45・19:15発)のみにおいては熊本交通センター2番乗り場から西部車庫間のみの利用も可能(但し、支払いは現金のみで、通勤・通学定期券や「くまモンのIC CARD」その他「わくわく1dayパス」などの割引乗車券は使用できない。また、同区間のみの予約は不可)。
  • 2016年3月30日 - いわさきバスネットワーク運用分が鹿児島交通に変更
  • 2016年4月24日 - 熊本地震の影響で4月15日から運休していた運行を4往復のみ再開。ただし、九州道の一部区間通行止めにより熊本県庁前-八代IC間は一般道迂回運行により「自衛隊前」から「八代IC」までの各停留所は停まらない。同年5月1日より通常の本数・運行経路に戻る(ただし九州道内一部復旧工事の影響に伴い「高速益城」バス停は全便通過)。
  • 2017年5月22日 - 高速益城バス停での乗降扱いを再開。

第1期(1990年4月 - 2004年3月)[編集]

運行会社[編集]

運行経路[編集]

  • 運行開始時の停留所
(各停便)熊本交通センター通町筋(熊本行降車のみ)~味噌天神前~水前寺公園前~熊本県庁前~帯山中学校前~西原~松の本~益城御船IC~城南~松橋IC~小川~宮原八代IC坂本~鮎帰~小鶴~山江~人吉ターミナル~吉松鹿児島空港南帖佐西鹿児島駅前天文館いづろ
(ノンストップ便)熊本交通センター~通町筋(熊本行降車のみ)~味噌天神前~水前寺公園前~熊本県庁前~帯山中学校前~西原~松の本~西鹿児島駅前~天文館~いづろ
  • 廃止前日時点での停留所
(各停便)熊本交通センター~通町筋(熊本行降車のみ)~味噌天神前~水前寺公園前~熊本県庁前~自衛隊前~東町中央~益城~御船IC~城南~松橋IC~小川~宮原~八代IC~坂本~鮎帰~小鶴~山江~人吉産交~人吉南~吉松~鹿児島空港南~鹿児島空港~帖佐~西鹿児島駅前~天文館~いづろ
(ノンストップ便)熊本交通センター~通町筋(熊本行降車のみ)~味噌天神前~水前寺公園前~熊本県庁前~自衛隊前~東町中央~人吉産交~鹿児島空港~西鹿児島駅前~天文館~いづろ

所要時間[編集]

熊本交通センター~いづろバスセンター間

  • ノンストップ…3時間10分
  • 特急…3時間19分

使用車両ならびに車内設備[編集]

※この他、2000年頃までは車内公衆電話やマルチステレオ(音楽サービス)も装備されていた。
※九州産交便においては、トワイライト神戸号間合い運用として本州夜行向け独立3列シート仕様のスーパーハイデッカー車両も運用に入る事もあった。

第2期(2008年10月以降)[編集]

運行会社[編集]

☆印はいずれも2009年4月1日より運行に参入(鹿児島交通運用分の参入当時はいわさきバスネットワーク)。

運行形態[編集]

きりしま号は現在下記の系統において運行されているが、この形態は2009年4月1日より設定されたもので、元々の呼称は「ノンストップ便」である。かつては、第2期運行開始時(試行期間を含む)より九州自動車道上すべての停留所に停車する「各停便」も設定されていたが、2011年3月31日をもって廃止されている。

所要時間[編集]

  • 熊本交通センター - 鹿児島本港高速船ターミナル:3時間25分
  • 熊本交通センター - 鹿児島空港:2時間30分
    • ともに鹿児島行きの場合。熊本行きは3分多くかかる。

停車箇所[編集]

▽:鹿児島行きは乗車のみ、熊本行きは降車のみ
◆:両方向ともに乗降可
△:鹿児島行きは降車のみ、熊本行きは乗車のみ
▽(◆):熊本行の一部(鹿児島本港17:45・19:15発)のみ乗降可
  • 西部車庫・熊本駅前は九州産交便のみが停車する(鹿児島側2社の便は熊本交通センター始発着)。
    • 西部車庫行のうち夜間熊本到着2便においては熊本交通センターは2番のりばから、熊本駅前はのりば2(北九州予備校前)から乗車可。
停車停留所名 停留所所在地 乗降 備考
西部車庫 熊本県 熊本市西区
熊本駅前 ▽(◆)
熊本交通センター 熊本市中央区 ▽(◆)
通町筋  
味噌天神  
水前寺公園前  
熊本県庁前
自衛隊前 熊本市東区  
東町中央  
益城インター口 上益城郡益城町  
高速益城  
八代IC 八代市  
人吉IC 人吉市  
鹿児島空港 鹿児島県 霧島市溝辺町麓 1番のりば
帖佐 姶良市  
下伊敷 鹿児島市  
鹿児島中央駅南国バスターミナル  
天文館  
鹿児島本港(高速船ターミナル) 1番のりば

運行経路[編集]

熊本市内 - 益城IC - 九州自動車道 - 鹿児島北IC - 国道3号 - 鹿児島市内

かつての各停便停車箇所(2008年10月10日~2011年3月31日)[編集]

熊本交通センター - 通町筋 - 味噌天神 - 水前寺公園前 - 熊本県庁前 - 自衛隊前 - 東町中央 - 益城インター口 - 益城 - 御船IC - 城南 - 松橋IC - 小川 - 宮原 - 新八代駅(東口) - 坂本 - 鮎帰 - 小鶴 - 山江 - 人吉IC - 人吉南 - 吉松 - 鹿児島空港 - 帖佐 - 下伊敷 - 鹿児島中央駅 - 天文館 - いづろバスセンター(2009年3月31日まで)/鹿児島本港(高速船ターミナル)(2009年4月1日から)

使用車両ならびに車内設備[編集]

車内設備[編集]

  • ハイデッカー
  • 4列シート
  • 毛布(九州産交・南国交通便)

使用車両[編集]

九州産交バス
鹿児島交通
  • 現代ユニバース ADG-RD00 2009
    • 続行・専用車都合時には空港線で使われている車両が入る事もある。
南国交通
  • 三菱エアロバス
  • 日野セレガFD U-RU2FTAB/日野 1993
  • 日野セレガFD KC-RU3FSCB/日野2000
  • 日野セレガR FD KL-RU4FSEA/日野2004
  • いすゞスーパークルーザー U-LV771R/IK 1993.10
  • 三菱ふそうエアロエース


過去の車両

特記事項[編集]

  • 午前中に熊本を出発する4本と午後に鹿児島を出発する4本は九州産交便、午前中に鹿児島を出発する4本と午後に熊本を出発する4本は月ごとに運行会社が異なる(鹿児島交通・南国のいずれかが担当)。
  • 九州産交便では過去においてはいずれもトイレ付き車両で運行されていた。当初は第1期時代と同様の3列シート車(定員29人乗り)において運行され、2010年6月頃からはトイレ付き4列シート車(定員37人乗り)に変更されたが、2016年4月24日運行分からは鹿児島側事業者と同様、トイレ無しの4列シート車(定員44人乗り)に変更されている(山江SAで10分間のトイレ休憩を行う)。

考察[編集]

  • この路線は1990年当時の全国における高速バス開業ラッシュに便乗する形で開設されたが、最初の第1期においては熊本 - 鹿児島間の利用者はあまり多いとは言えず他の熊本発着の路線と比較してもそんなに賑わいがみられなかった事もあり、さらに2004年3月13日九州新幹線鹿児島ルートの新八代駅 - 鹿児島中央駅間が開業した事によって、九州新幹線開業前日の2004年3月12日の運行をもって廃止(第1期運行終了)された。なお、南九州高速バスはこの路線の廃止と同時に宮崎線「はまゆう号」からも撤退し、会社清算した。
    • 九州新幹線開業と同時に当路線は一度廃止(第1期運行終了)となったが、廃止直後において定期的な利用客の間で「交通手段の選択肢を奪うようなやり方」という苦情・批判もあった。また、九州産交には復活の要望が多く寄せられたという[10]。なお、九州新幹線開業後も九州自動車道には、「桜島号」や「トロピカル号 (大分 - 鹿児島線)」等の昼行バスが運行されているが、この廃止で熊本県中央部に鹿児島方面へ往来できるバス停留所がない状態になっていた。
    • 第1期において利用者が低迷していた要因として、この当時は在来線時代の特急「つばめ」と競合しており、「つばめ」は熊本 - 西鹿児島(当時)の間を約2時間半で結び、高速バスと比べると所要時間では列車のほうが40分程度早く、設備もビュッフェや個室を連結するなど快適で、運賃面でも割引切符(4枚きっぷ)使用でバスと大差なかったことから、高速バスは必ずしも熊本 - 鹿児島を通うユーザーの支持を得ているとは言えない状況であった。しかし、2004年3月の九州新幹線開通・高速バス廃止後、熊本と鹿児島をダイレクトに結ぶ交通手段は運賃が大幅に値上がりした新幹線だけになってしまったため、時間がかかっても安く移動したいという層にとってはかなり不便になってしまった。
    • 新規鉄道開業で高速バスが大幅な見直しとなるケースは、この翌年つくばエクスプレス開業に伴いつくば号が減便・メガライナー撤退となる等の現象が見られ、何れのケースでもスピードの面で太刀打ち出来なかったという事情がある。が、当該路線においては、競合相手が主に新幹線であり、運賃面などにおいて相当に差が生じるであろう、とされる点や、第1期の廃止時点(2004年)に比べ、SUNQパス(全九州版)が登場し、島内のバスがほぼ全て利用可能になったということから、観光客の利便を図る、という観点からも第2期運行開始(路線再開)につながったのではないか、という見方があるという[誰によって?]
  • 廃止当初からにおける苦情・批判ならびに上記の観点から、乗換え不要で運賃も割安との事もあり、2008年に入り慎重に検討してきた結果、年末年始等の利用客増加も見込めるとの事から同年10月10日からの運行再開(第2期目の運行開始)が実現する事となった。再開後において、当初は九州産交バスの単独運行により2009年3月31日までの1日3往復において試験運行されたが、結果的に好調だった事により鹿児島県側のいわさきバスネットワーク(現:鹿児島交通)・南国交通の2社を新たに加え1日6往復(うち2往復ノンストップ便を新設)本格的に運行される事となった。2011年3月12日には九州新幹線全線開通の影響により同年4月1日より全便をノンストップ便とした上で停留所数が大幅削減(各停便を廃止)されたが、便数自体は変わっておらず、さらに2012年4月のダイヤ改正において2往復4便増便され1日8往復16便となった。
  • 2008年10月からの運行再開に絡み、当路線が一旦廃止されたと同時に運行開始した熊本 - 人吉線(ひとよし号)ならびに人吉 - 鹿児島空港線はのちに廃止されることになった。ただし、2009年から2011年にかけては多客時期(8月15日前後ならびに年末年始等)のみ当路線の臨時増便扱いとして人吉 - 鹿児島空港間を期間限定で運行されていた。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 空席がある場合は予約なしでも乗車できるが、満席の場合は乗車できない。また、熊本 - 八代間のみ、ならびに夜間における熊本交通センター - 西部車庫間のみの予約は不可。
  2. ^ 熊本~鹿児島の高速バス、4年半ぶり再開へ 熊本日日新聞 2008年9月12日
  3. ^ 新バスターミナルオープンまでの間、出発場所は南国高速バスセンター(元「サンクス」店舗跡)で、到着場所はダイエー鹿児島中央店横の高速バスおりばとなっていた。
  4. ^ 熊本 - 宮崎線(なんぷう号)/熊本 - 鹿児島線(きりしま号) ダイヤ・運行内容変更のお知らせ (PDF)”. 九州産交バス (2011年2月28日). 2011年3月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月6日閲覧。
  5. ^ 高速バス 熊本~鹿児島線「きりしま号」 平成24年4月23日(月)増便実施 2往復4便増え8往復16便になります (PDF)”. 九州産交バス (2012年3月13日). 2012年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月13日閲覧。
  6. ^ 空港連絡バス・高速バスの発着所移転に関するお知らせ (PDF)”. 南国交通 (2012年3月13日). 2012年3月13日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 発着場所は、鹿児島中央ターミナルビル(ソラリア西鉄ホテル「Reise(ライゼ)」1F)2番ホーム発・4番ホーム着となる。
  8. ^ バスターミナル移転のお知らせ (PDF)”. 熊本桜町再開発株式会社 (2015年10月1日). 2016年1月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月16日閲覧。
  9. ^ 鹿児島行きは25番乗り場(花畑広場前(熊本市電辛島町」電停斜め前))より発車、熊本行きは27番乗り場(サンロード新市街入口横)到着となる。
  10. ^ バスラマ・インターナショナル No.107 P.53「バス事業者訪問119・九州産交グループ」( ISBN 978-4-89980-107-8

外部リンク[編集]