エアポートシャトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南国交通便
いわさきバスネットワーク便(現:鹿児島交通)
三州自動車便(現:鹿児島交通)

エアポートシャトル(Airport Shuttle)は、南国交通鹿児島空港と県内の主要都市を結んで運行するバス路線である。

当項目ではいわさきコーポレーション鹿児島交通)が運行する各系統についても記す。

運行路線・系統[編集]

南国交通鹿児島交通(旧いわさきバスネットワーク)運行[編集]

鹿児島市内線】「担当営業所:南国交通空港自動車営業所鹿児島交通鹿児島支社
【谷山線】「担当営業所:南国交通空港自動車営業所鹿児島交通鹿児島支社
【川内線】「担当営業所:南国交通川内営業所鹿児島交通川内営業所

南国交通運行[編集]

【出水・阿久根線】「担当営業所:出水営業所
【水俣・大口線(JR九州山野線代替も兼ねる)】「担当営業所:伊佐出張所

上記路線はクローズドドアを行っていない。

鹿児島交通運行[編集]

【指宿線】「担当営業所:指宿営業所
【枕崎線】「担当営業所:枕崎営業所
【日置線】「担当営業所:川内営業所(旧いわさきバスネットワーク)」
【鹿屋線】「担当営業所:鹿屋営業所(旧三州自動車)」
【垂水線】「担当営業所:鹿屋営業所(旧三州自動車)」
【志布志線】「担当営業所:志布志営業所(旧三州自動車)」

沿革[編集]

  • 1972年頃 - 鹿児島空港リムジンとして運行開始。
  • 1988年 - 九州自動車道鹿児島地区開業に伴い、運行経路変更。
  • 2004年4月1日 - いわさきコーポレーションの組織改編に伴い鹿児島空港リムジン担当路線を南九州バスネットワークに移管。
  • 2006年9月1日 - 南九州バスネットワーク会社解散に伴い、同社担当路線を林田バスに移管。
  • 2008年2月1日 - 林田バスの清算に伴い、同社担当路線をいわさきバスネットワークに移管。
  • 2009年6月1日 - バスセンターが併設されていた南国日生ビルの建て替えに伴い、鹿児島中央駅の停車場所を中央駅東口のバスプールに一時移転。
  • 2012年4月23日 - 一時移転をしていた鹿児島中央駅の停車場所を鹿児島中央ターミナルビル1階の南国交通バスターミナルに移転。
  • 2016年3月30日 - いわさきバスネットワーク会社解散に伴い、同社担当路線を鹿児島交通に移管。
  • 2018年3月31日 - 三州自動車会社解散に伴い、同社担当路線を鹿児島交通に移管。

使用車両[編集]

南国交通は三菱ふそう・日野・いすゞの車両を使用し、いわさきコーポレーションは、これに日産ディーゼルが加わる。

2010年度より鹿児島交通の鹿児島系統には韓国現代自動車の『ユニバース』を多数導入、これに伴い余剰車は大隅系統に移籍した。

車内は4列シートで、トイレ設備はない。また大半の車両は、出入り口直後に座席が無く、荷物スペースとなっている。

補足[編集]

  1. ^ 出発・到着場所はともに南国交通バスターミナル(鹿児島中央ターミナルビル1階)である。

関連項目[編集]