広島 - 高松線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀬戸内エクスプレス号(中国ジェイアールバス)
瀬戸内エクスプレス号(中国ジェイアールバス)
高松エクスプレス広島号(ジェイアール四国バス)
高松エクスプレス広島号(ジェイアール四国バス)

広島 - 高松線(ひろしま - たかまつせん)は、広島市坂出市高松市を結ぶ昼行高速バスである。

全便座席指定制のため、乗車には予約が必要。

中国JRバスでは瀬戸内エクスプレス(せとうちエクスプレス)、JR四国バスでは高松エクスプレス広島号(たかまつエクスプレス ひろしまごう)とそれぞれ愛称がある。

運行会社[編集]

瀬戸内エクスプレス

高松エクスプレス広島号

運行経路および停車停留所[編集]

JR高松駅 - (国道30号) - (国道11号) - 県庁通り - 栗林公園前 - ゆめタウン高松 - 高松中央インターバスターミナル - (高松中央IC) - (高松自動車道) - (坂出JCT) - 坂出インターバスターミナル - (瀬戸中央自動車道) - (早島IC) - (倉敷JCT) - (山陽自動車道) - 福山本郷 - (山陽自動車道) - (広島東IC) - (広島高速1号線) - (間所出入口) - 広島駅新幹線口 - 広島バスセンター

  • 上り・下りとも広島県内および香川県内のみの利用はできない。
  • 上下とも途中山陽道の道口PAで休憩する。

過去の運行経路(2012年3月31日まで)[編集]

下り(広島行)

JR高松駅→(現行と同じ)→広島駅→一般道・国道54号不動院中筋駅

上り(高松行)

広島駅→一般道・国道54号→不動院→中筋駅→広島IC→山陽自動車道→(現行と同じ)→JR高松駅

運行回数[編集]

  • 毎日運行便1日5往復(中国3、四国2)、臨時便(土曜日・日曜日・祝日のみ運行)1日2往復(各社1往復)。

歴史[編集]

  • 1994年9月22日 - 臨時便として中国JRバスとJR四国が広島 - 高松線「せとうちエクスプレス」を運行開始。1日2往復(同年10月23日まで)。
  • 2000年12月15日 - 中国JRバスが広島 - 高松線「瀬戸内エクスプレス」を運行開始(1日1往復)。JR四国は予約・発券業務のみ。
  • 2001年3月17日 - 1日2往復に増便。
  • 2003年9月16日 - 1日3往復に増便。
  • 2004年12月1日 - JR四国バスが高松 - 広島線、「高松エクスプレス広島号」を運行開始(1日2往復)。JR四国バス便は途中の休憩がなく特急便として運行。「瀬戸内エクスプレス」と共同運行となり、計1日5往復となる。
  • 2007年7月1日 - 各社1往復ずつ増便、計1日7往復となる。特急便を廃止。
  • 2009年6月1日 - 広島行を広島高速1号線経由に変更、広島市内の停車順序が従来とは逆になった(高松行は従来通り変更なし)。あわせて坂出インターバスターミナルに停車(坂出駅は通らない)。
  • 2010年4月1日 - 各社1往復ずつ減便、計1日5往復となる。
  • 2010年9月18日 - 土休日に限り各社1往復ずつ増便、計1日7往復となる。ただし、この増便分の乗車券はみどりの窓口・高速バスネットでの購入ができない。
  • 2011年3月12日 - 中国JRバス便のみ坂出駅停車が復活。
  • 2012年4月1日 - 高松行も広島高速1号線経由に変更、坂出駅・不動院・中筋駅の停車を廃止し広島バスセンター始発・終着となる。

車内設備[編集]

  • ハイデッカー
  • 4列リクライニングシート
  • トイレ(但し、土休日などの増発便は原則トイレなし。また、中国JRバスの定期便もトイレなし車両で運行されることがある。運行当初はトイレなし車両が使われていた)

備考[編集]

本路線はJRバスの予約サイト「高速バスネット」の構築に関わったJRバス関東JR東海バス西日本JRバスのいずれもが運行に関与していない路線としては初めて同サイトでの予約が可能であったが、2013年3月15日乗車分を最後に中止された。本路線の他にはB&Sみやざき号があるのみ。

2012年の運行経路変更後は中筋駅を起終点とする路線が存在しない状態であったが、2017年に中国バスが運行するドリームスリーパーの経路変更により中筋駅から発着する路線が復活している。

外部リンク[編集]