津奈木町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つなぎまち
津奈木町
Cyouhangan-meganebashi-bridge 1.jpg
津奈木重磐岩眼鏡橋
Flag of Tsunagi Kumamoto.JPG Tsunagi Kumamoto chapter.JPG
津奈木町旗 津奈木町章
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 熊本県
葦北郡
市町村コード 43484-1
法人番号 5000020434841 ウィキデータを編集
面積 34.07km2
総人口 4,289[編集]
推計人口、2020年6月1日)
人口密度 126人/km2
隣接自治体 水俣市葦北郡芦北町
町の木 スギ
町の花 ツワブキ
町の鳥 ヤマドリ
津奈木町役場
町長 山田豊隆
所在地 869-5692
熊本県葦北郡津奈木町大字小津奈木2123番地
北緯32度14分2秒東経130度26分22.6秒座標: 北緯32度14分2秒 東経130度26分22.6秒
町役場位置

津奈木町役場
外部リンク 公式ウェブサイト

津奈木町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

津奈木町(つなぎまち)は、熊本県の南部に位置する町。葦北郡に属している。

地理[編集]

舞鶴城(まいづるじょう)公園から見た津奈木町の中心部

熊本県海岸部で最も南側にある水俣市の北隣に位置する。

隣接する自治体[編集]

地名[編集]

  • 岩城
  • 小津奈木
  • 千代
  • 津奈木
  • 福浜

歴史[編集]

景行天皇が九州を征伐した際、船を「おつなぎになった」という伝説から「津奈木」の町名が生まれたとされる。

近現代[編集]

  • 1889年4月1日 町村制施行により、津奈木村として村制施行。
  • 1963年4月1日 津奈木村が町制施行。津奈木町となる。

産業[編集]

  • 町内に津奈木工業団地、倉谷工業団地が造成され、製造業の誘致が図られている。

津奈木町に本社を置く企業[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography43484.svg
津奈木町と全国の年齢別人口分布(2005年) 津奈木町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 津奈木町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

津奈木町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

町長

  • 山田豊隆(平成29年7月25日〜現在)
  • 西川裕(平成5年7月25日〜平成29年7月29日)

教育[編集]

赤崎小学校(廃校)

中学校[編集]

町立

小学校[編集]

津奈木小学校とその周辺
町立
  • 津奈木小学校 - 大きな中庭が特徴的な建物。
  • 平国小学校 - 小高い山にあり、海などの景色で評判。2016年3月廃校。
  • 赤崎小学校 - 校庭を確保するために、校舎が海上にあることで有名。2010年3月廃校。

交通[編集]

空港[編集]

最寄り空港は鹿児島空港または熊本空港。鹿児島空港へは新水俣駅出水駅より空港リムジンに、熊本空港へは新八代駅八代駅より空港バスにそれぞれ乗り換え。

鉄道[編集]

※町内には九州新幹線が通っているが、駅はない(最寄り新幹線駅は新水俣駅)。

バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

舞鶴城公園
つなぎ美術館

名所旧跡[編集]

津奈木隧道[編集]

津奈木隧道地図)は芦北町と津奈木町を結ぶ旧国道にあるトンネル。国指定登録文化財。全長;211.6m,幅;5m,中央高;4.4m[1]

重盤岩 [編集]

重盤岩(ちょうはんがん、地図)は舞鶴城公園内にある高さ約80mの奇岩。付近に展望台がありモノレールが整備されている。山頂には上皇明仁の誕生を記念して1934年から戦前戦後の一時期を除いて国旗の掲揚が行われている[2][3]

観光スポット[編集]

津奈木町出身の有名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]