玉名駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉名駅*
玉名駅北口
玉名駅北口
たまな
Tamana
大野下 (4.5km)
(4.2km) 肥後伊倉
所在地 熊本県玉名市1046
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 鹿児島本線
キロ程 168.6km(門司港起点)
電報略号 タマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
2,770人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1891年明治24年)4月1日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* 1956年に高瀬駅から改称。
テンプレートを表示
構内
蓮華院誕生寺の大梵鐘を描いた駅名標
駅前広場

玉名駅
配線図

大野下駅

3 2 1


STRg STRf
KRWgl+l KRWgr+r
STRrg ABZrf STR
STR+BSl STR+BSr STR+BSl
STR+BSl STR+BSr STR+BSl BUILDING
STR+BSl STR+BSr STR+BSl
STRlf ABZlg STR
KRWgl+l KRWgr+r
STRg STRf

肥後伊倉駅

玉名駅(たまなえき)は、熊本県玉名市にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線である。

全定期旅客列車が停車する。1日に数本始発・終着列車が設定されている。

玉名市の中心駅であるが、九州新幹線の開通により広域輸送の役割は新玉名駅に移行したため、現在当駅を発着する優等列車はないが、現在でも熊本県内第4位の乗降客数を誇る。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。現駅舎は2代目で1960年(昭和35年)10月築である。 JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、みどりの窓口が設置され終日常駐している。 駅自動放送が導入されている。

2012年12月1日よりSUGOCAが利用可能となったが、自動改札機の設置は行われず、現在はICの読み取り機のみ設置している。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 鹿児島本線 下り 熊本八代肥後大津方面
2 折り返し・貨物待避
上り 大牟田久留米博多方面
3
  • 一部列車は、豊肥本線水前寺・肥後大津方面へ直通。

駅構内にある施設[編集]

  • キヨスク:ミニコンビ玉名駅店
  • 鶏王(唐揚げ)

駅構内に、「玉名駅旅行センター」・「駅レンタカー営業所」があったが、九州新幹線の開業によって新玉名駅に移転した。

駅周辺[編集]

当駅は玉名市中心部に位置し、ビジネスホテルやオフィス、商店が点在する。また、駅前には産交バス玉名駅前バスのりばがあり、市内各方面や熊本交通センター方面などの路線が利用できる。玉名市内には多くの学校があるために、朝・夕の通学時間帯は多くの学生が玉名駅で乗降している。

商業[編集]

学校[編集]

公共・病院[編集]

観光[編集]

その他[編集]

バス路線[編集]

産交バス

太字は新玉名駅を経由する。

1番のりば

  • 熊本交通センター
    • 京10 大倉団地入口・植木経由
    • 京11 船島・植木経由
    • 京12 梅林農協前・木葉駅・植木経由
    • 西11 伊倉新町・塩屋(河内)・小島産交・西区役所・熊本駅前経由
    • 西11 草枕温泉てんすい・小島産交・田崎市場前経由
    • 西11 伊倉バイパス・小島産交・田崎市場前経由
    • 西11 伊倉新町・小島産交・西高校前・熊本駅前経由
  • 31・33 南関上町 行(南関線)
  • 37 菊水ロマン館行(月田線)
  • 1 玉名市役所行
  • 21 新玉名駅
  • 4・44 九州看護福祉大学 方面
  • 玉名市街地循環バス(左回り) 玉名駅→玉名中町→玉名市役所→玉名温泉→築山小学校前→下前原→玉名駅
  • 52・54・58 山鹿バスセンター 行(山鹿線)
    • 山部田・下津原経由
    • 江田・東郷農協前経由
    • 江田・米の岳農協前経由

2番のりば

  • 玉名市街地循環バス(右回り) 玉名駅→下前原→築山小学校前→玉名温泉→玉名市役所→玉名中町→玉名駅
  • 荒尾方面
    • 1 桜山町四丁目経由 バスセンター 行
    • 21 長洲港経由 バスセンター 行

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
鹿児島本線
大野下駅 - 玉名駅 - 肥後伊倉駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2012年12月4日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 玉名駅(駅情報) - 九州旅客鉄道