坪井川 (熊本県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坪井川
Kumamoto Castle 47s5.jpg
熊本城の長塀に沿って流れる。
左は熊本市民会館、右は熊本城
水系 二級水系 坪井川
種別 二級河川
延長 22.69 km
平均流量 -- /s
流域面積 141.7 km²
水源 熊本市北区改寄町
水源の標高 -- m
河口・合流先 有明海島原湾
流域 熊本市
テンプレートを表示

坪井川(つぼいがわ)は、熊本県熊本市を流れる熊本県管轄の二級河川である。

地理[編集]

熊本県熊本市北区改寄町付近に源を発し南流。熊本市北区飛田町付近で堀川と合流し、熊本市北区清水町を流れ、熊本城熊本市役所熊本駅などの市街地中心部を経て西に進路を変える。そして、熊本市西区上高橋付近にて井芹川と合流し、熊本市西区小島下町と熊本市西区松尾町近津の境界から有明海島原湾に注ぐ。

流域[編集]

熊本城の長塀と坪井川

坪井川は熊本城の内堀として活用されている。流れに沿って長さ242メートルの長塀が走っているが、これは国の重要文化財にも指定されている。
また、旧市街地を貫く河川であり、橋本勘五郎の手による明八橋や明十橋など歴史を感じさせる石橋も架けられている。 なお、童歌あんたがたどこさで歌われる「せんば川」は船場町を流れる坪井川のことであるとされている。

  • 上流
熊本市北区清水町山室にある遊水池。細川藩五代藩主細川綱利が茶庭を造り、近江八景になぞらえてこう名付けた。八景とは、三岳青嵐、金峰白雪(金峰山と積雪)、熊城暮靄(熊本城と夕靄)、壺田落雁(坪井の田畑と雁)、浮島夜雨(八景水谷の浮島と夜の雨)、立山秋月(竜田山と秋の月)、亀井晩鐘、深林紅葉のことであるとされる。
また、1924(大正13年)の熊本市水道局創設時からの水源地でもある。近年は湧水量が減少し、枯渇が心配されている。
増水時に水を一時的に貯留する池。公園としても整備されており、市民の憩いの場となっている。
  • 下流

河川改修[編集]

石塘跡 右側が白川
旧坪井川を上流側から見る

最初に大規模な河川改修を行ったのは加藤清正である。かつては白川が大きく蛇行しており、現在の熊本市役所付近で坪井川と合流し、長六橋方面へ流れていた。清正は治水及び熊本城の防衛のために新たに河道を開削し、城下町の南端で合流するようにした。
しかし、1602年慶長7年)に城下は洪水に見舞われたため、合流地点に石塘が築かれ、坪井川と白川を分流し高橋方面へ流れるように変更した。
これにより、坪井川は現在のような流路となり、有明海と城下町を結ぶ物流ルートとなった。
また、井芹川が現在の中央区小沢町付近で合流していたが、昭和初期の河道変更によって花岡山の北側を通るように変更され、現流路となった。

京町台付近では、かつては崖下に沿って流れていたが、堀として活用するため内坪井町近辺で分流され、町を取り囲むように流れていた(内坪井町の語源)。しかし、昭和初期に改修され東側の堀が現坪井川となった。西側の旧坪井川も現存しているが一部が暗渠になっている。

流域自治体[編集]

熊本県
熊本市北区 - 中央区 - 西区

並行する交通[編集]

道路[編集]

公共交通[編集]

支流[編集]

周辺の施設[編集]

橋梁[編集]

近隣の河川[編集]

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 『熊本県大百科事典』熊本日日新聞 1982年4月
  • 『日本歴史地名体系 第44巻 熊本県』下中邦彦平凡社1985年3月
  • 『加藤清正の川づくり・まちづくり』加藤清正土木事業とりまとめ委員会(建設省熊本工事事務所)1995年11月
  • 『市史研究くまもと第7号』熊本市史編纂委員会(熊本市)1996年3月 ISSN 0918-0168
  • 『加藤清正 築城と治水』坂本喜杏(冨山房インターナショナル)2006年5月