楠団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
3丁目付近

楠団地(くすのきだんち)は、熊本県熊本市北区楠にある住宅団地。熊本市のベッドタウンであり、熊本市営の公団が大部分を占める。団地内に熊本市立楠小学校楠中学校がある。 総戸数は約1350。熊本市の中でも最大規模を誇る。 本項では、楠地区や隣の楡木地区についても説明する。

区域[編集]

楠1 - 5丁目に建設されている。また、楠7丁目に楠第二団地がある。こちらの総戸数は150。

交通[編集]

産交バス電鉄バス路線が頻繁に走っている。バス停は楠・楡木地区を合わせて12あり[1]、熊本市内中心部や武蔵ヶ丘光の森・杉並台・泉ヶ丘を結ぶ路線が通っている。 また、JR豊肥本線武蔵塚駅高速バス武蔵ヶ丘バスストップも近いため、交通の便はかなり良い。

バス路線[編集]

産交…九州産交バス、電鉄…熊本電鉄バス[2]

  • E2(産交・電鉄)[3][4]西部車庫 ~ 蓮台寺 ~ 熊本駅桜町バスターミナル(以下、桜町BTと略) ~ 通町筋藤崎宮 ~ 子飼橋 ~ 熊本大学竜田口駅 ~ 上立田 ~ 二里木 ~ 高杉 ~ 楠団地 ~ 武蔵ヶ丘中央 ~ 武蔵ヶ丘車庫/ゆめタウン光の森光の森駅
  • C6ー5(電鉄): 桜町BT ~ 通町筋 ~ 藤崎宮 ~ 三軒町 ~ 北熊本堀川 ~ 新地 ~ 北高入口 ~ 楠団地 ~ 武蔵ヶ丘中央 ~ 武蔵ヶ丘車庫 ~ 泉ヶ丘 ~ 下群(早朝の下り1本のみ運転)
  • C7/C9(電鉄): 熊本駅[5] ~ 桜町BT ~ 通町筋 ~ 藤崎宮 ~ 三軒町 ~ 北津留 ~ 清水ヶ丘 ~ 岩倉台団地(一部の便が経由、この場合枝番は7となる) ~ 山の下 ~ 北高入口または麻生田小(北高入口経由はC9、麻生田小経由はC7) ~ 楠団地 ~ 武蔵ヶ丘中央 ~ ゆめタウン光の森 ~ 光の森駅・武蔵ヶ丘車庫 ~ 杉並台・泉ヶ丘 ~ 下群
  • 無番: 竜田口駅 ~ (北バイパス経由) ~ 北高校 ~ 楠団地[6]

周辺[編集]

教育施設[編集]

交通施設[編集]

  • 武蔵塚駅
  • 熊本北バイパス
  • 九州自動車道武蔵ヶ丘バスストップ

かつては、二里木・子飼線専用のバスターミナルが存在したが[7]、当バス路線の延伸・減便に伴い、2015年12月に閉鎖・解体されている(なお、跡地にはバス待合室を併設したドラッグストアマツモトキヨシが2017年4月21日に開店した)。

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ このうち、楠団地バス停は行き先・経由別に5ヶ所のバス停が設置されている。
  2. ^ 産交バスと電鉄バスが共同運行している楠団地線、ならびに電鉄バスが単独で運行している清水が丘・楠団地経由と堀川・新地団地経由の市内線については枝番が統一しており、枝番が1だと楠団地発着(ほぼ全ての便が産交バスだが、平日の早朝1便のみ清水ヶ丘経由楠団地行きがある)、2はゆめタウン光の森経由光の森駅発着、3は武蔵ヶ丘経由武蔵ヶ丘車庫発着、4は杉並台団地発着、5は泉ヶ丘・下群発着となる。なお産交バスが単独運行している武蔵塚駅・武蔵ヶ丘中央経由光の森産交の路線(武蔵ヶ丘団地線)についても枝番(2、3のみ)がそろえられている。
  3. ^ 運行区間と系統番号について・・・産交バスは西部車庫 ~ 桜町BT ~ 楠団地間での運転で、系統番号は上り便のみ桜町BT行きがE2-1、熊本駅・西部車庫行きがE2-1→水道町よりS3-0で表示される(下り便は全便E2-1)。電鉄バスは熊本駅 ~ 桜町BT ~ 楠団地 ~ 光の森駅/武蔵ヶ丘車庫間での運転で、系統番号は上り下りとも光の森駅発着便がE2-2、武蔵ヶ丘車庫発着便がE2-3で表示される。
  4. ^ 産交バスは2015年12月1日より、従来の熊本営業所担当に加え、光の森営業所も運行を担当することになった。
  5. ^ 熊本駅方面のうちC9系統の便は原則蓮台寺入口発着で運転。
  6. ^ 2021年3月31日をもって竜田口駅〜桜町BT間及び楠団地〜武蔵ヶ丘車庫前間の運転を終了、翌日の4月1日より運転区間を平日に限り、上記の竜田口駅〜楠団地間に縮小。これに伴い系統番号がE1から無番に変更された。
  7. ^ 旧熊本市営バスが設置。屋根付きの待合所と駐輪場・バス乗務員用の休憩所があった。