藤崎宮前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤崎宮前駅*
駅入口
駅入口
ふじさきぐうまえ - FUJISAKIGUMAE
黒髪町 (1.1km)
所在地 熊本県熊本市中央区坪井二丁目2-40
所属事業者 熊本電気鉄道
所属路線 藤崎線
キロ程 2.3km (北熊本起点)
御代志から9.7km
駅構造 地上駅
ホーム 2面1線
開業年月日 1911年明治44年)10月1日
備考 無人駅
*改称暦
1913年 北千反畑 → 広町
1924年 広町 → 藤崎宮前

藤崎宮前駅
配線図

黒髪町駅

降車
ホーム
1番
ホーム


STR
STR+BSlr
STR+BSlr
STR+BSlr
STR+BSlr
ENDEe+BSelr
BUILDING

藤崎宮前駅(ふじさきぐうまええき)は、熊本県熊本市中央区坪井二丁目にある熊本電気鉄道藤崎線。同線の終着駅でもある。

駅名の由来である藤崎八旛宮は当駅より東へ約400mの距離にある。

歴史[編集]

駅構造[編集]

構内(2006年9月24日)
藤崎宮前駅ホーム
  • かつては木造平屋建ての駅舎で、貨物の取り扱いも行っていた有人駅であった。頭端式ホーム2面2線と貨物用側線が2本あり、昼間は2番線や側線で車両留置も多く行われていたが、駅舎の老朽化に伴い1997年2月に現在の駅ビルに建て替えられ、現在の線路配置になった。
  • 頭端式ホーム2面1線を持つ地上駅である。乗車ホームと降車ホームに分けられる。もう1線増設できるように準備されているが、今のところ予定はない。
  • 電車接近時および出発時に駅そばの踏切が警告音代わりになっている。
  • 駅ビルは11階建てで、1階にパチンコ店(2014年4月より休止)、2階に事務所、3階 - 9階に駐車場がある。以前は10階・11階にレストランと温泉施設等を併設していたが、現在はどちらも休館になっている。
  • 無人駅だが、駅の管理と出札業務は熊本電鉄観光が行っており、改札口で電車の定期券、回数券の販売が行われている。ただし大晦日の夜から元旦の深夜3時頃までは近隣の藤崎八幡宮への初詣客で大変混雑するため、臨時列車が運行される関係で臨時に駅係員が配置される。
  • 2015年(平成27年)4月1日より熊本県内限定の交通系ICカード・くまモンのIC CARDが利用可能、ICカード読み取り機は改札口でなくホームに入場機のみ設置、平日朝の通勤時間帯は改札で出場読み取りも行なう[2]
営業時間
  • 平日 7:15 - 19:00
  • 土曜日 7:15 - 17:00
  • 休日 休み

のりば[編集]

1 藤崎線(菊池線直通) 北熊本御代志方面
2 藤崎線 降車ホーム

駅周辺[編集]

藤崎八旛宮
上通商店街・並木坂
夏目漱石内坪井旧居

熊本市都心部の北端に位置し商業施設が多数立地しており、付近には上通並木坂商店街や上乃裏通りがある。また交通の要衝でもあり、駅前には熊本県道1号熊本玉名線が、東側には国道3号が走っている。

北側

南側

東側

西側

利用可能なバス路線[編集]

藤崎宮前バス停には北熊本駅方面、熊本大学竜田口駅方面を含む多くの路線が発着するほか、上通商店街を抜けて通町筋まで出ると路面電車や高速バスなども含めてさらに多くの路線を利用することができる。

藤崎宮駅前 - 駅出口すぐの場所にある。

藤崎宮前 - 東へ約200mの国道3号上にあり、中心市街地と郊外を結ぶ多くの路線を利用できる。

信愛女学院前(しんあいじょがくいんまえ) - 西へ約400mの距離にある。

  • 熊本電鉄バス
    • 壺2系統:高平南公園行(寺原町・津の浦経由)/交通センター行(壺井橋経由)

隣の駅[編集]

熊本電気鉄道
藤崎線
藤崎宮前駅 - 黒髪町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同年10月1日に熊本市電幹線と接続との形で「熊本市電坪井線」が開通、1970年(昭和45年)5月1日に「市電坪井線」廃止。
  2. ^ a b 電鉄電車(菊電)でのご利用(くまモンのIC CARD)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]