御代志駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御代志駅
ホームと駅前
ホームと駅前
みよし - MIYOSHI
再春荘前 (0.5km)
所在地 熊本県合志市御代志東海林1693-1
所属事業者 熊本電気鉄道
所属路線 菊池線
キロ程 10.8km(上熊本起点)
藤崎線藤崎宮前から9.7km
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1913年(大正2年)8月27日
備考 無人駅
テンプレートを表示

御代志駅
配線図
ENDEa
STR+BSr
STR+BSr
STR+BSr
STR
ÜWor
ÜWo+l
STR

再春荘前駅

路線バス到着時の様子

御代志駅(みよしえき)は、熊本県合志市御代志にある熊本電気鉄道菊池線である。同路線の終点駅でもある。

1986年(昭和61年)までは、路線が先の菊池駅まで続いていた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の地上駅で、無人駅である。バス停留所と一体化されている。菊池方面からのバスはホームでの対面乗換が可能。菊池方面へ向かう路線バスも国道から外れて駅前広場へ乗り入れ、ホームの向かい側の乗り場で乗降扱いを行う。

かつては木造駅舎を持つ有人駅で、島式ホーム1面2線、貨物側線と貨物用ホームを持つ列車交換駅であったが、経営合理化のため1963年に交換設備(日田街道側の線路)を撤去の上、無人駅となった。木造駅舎は無人化後に解体撤去されている。その後しばらくは単式1面1線ホームと貨物側線を持つ無人駅であったが、1986年に当駅 - 菊池間が廃止されバス転換された際に菊池温泉への利便性向上のために大工事が実施され、貨物側線と貨物用ホームを撤去し、交換設備跡と撤去した部分をかさ上げしてバスロータリーを設け、バス停留所を設置してホームとバス停留所を一体化させた構内が完成した。現在も駅構内に入る手前で線路が右側に弯曲しており、構内の線形やホームに列車交換駅だった頃の名残がある。

2015年(平成27年)4月1日より熊本県内限定の交通系ICカード・くまモンのIC CARDが利用可能、ICカード読み取り機(入場機のみ)はホームに設置[1]

駅周辺[編集]

利用可能なバス路線[編集]

御代志停留所

御代志・菊池方面

  • 北1・3系統 菊池温泉菊池プラザ(富の原経由)
  • 北2系統 菊池プラザ(七城経由)
  • 系統番号なし 辻久保(野々島・灰塚経由、平日学校指定日のみ運行)
  • 系統番号なし 翔陽高校新須屋駅合志市役所・竹迫経由、平日学校指定日のみ運行)

熊本市内方面

熊本市内方向の路線バスは鉄道線とほぼ並行している。

隣の駅[編集]

熊本電気鉄道
菊池線
再春荘前駅 - 御代志駅

かつて存在した路線[編集]

熊本電気鉄道
菊池線(廃止区間)
御代志駅 - 大池駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 電鉄電車(菊電)でのご利用(くまモンのIC CARD)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 御代志駅(路線図・駅情報) - 熊本電気鉄道