駅務機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

駅務機器(えきむきき)とはで用いられる業務用機器の総称である。

自動改札機自動券売機自動精算機窓口処理機カード処理機定期券発行機自動定期券発売機データ集計機硬貨計算機(硬貨計数機)、紙幣計算機(紙幣計数機)、自動入出金機マルス端末機POS端末機チャージ機システムキーボックスなどがある。

定期券発行機のように主に駅でだけ用いられる機器もあるし、硬貨計算機や入金機のように大規模小売店郵便局銀行など現金の取り扱いが多い事業所でも用いられている機器もある。したがって、必ずしも「駅務機器=駅だけで使用される機器」というわけではない。

駅務機器の範囲[編集]

出改札、発券などの営業系の(収入にかかわる)機器を「駅務機器」と呼ぶ。

駅の機器であっても、エスカレータエレベーター監視カメラ(防犯カメラ)、電話機鉄道無線などは通常駅務機器には含まない(但し、法令で定義が定められているわけではないので事業者によって考えが異なることもある)

関連項目[編集]