JRグループ健康保険組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェイアールグループ健康保険組合
略称 JR健保
設立年 1997年
種類 健康保険組合
法人番号 4700150008322
本部 東京都渋谷区代々木2丁目2-2 JR東日本本社ビル
ウェブサイト www.jrkenpo.or.jp

JRグループ健康保険組合(ジェイアールグループけんこうほけんくみあい)は、国鉄分割民営化に伴い1997年平成9年)4月に結成された単一型健康保険組合である。

概要[編集]

国鉄分割民営化から1997年3月31日まで国家公務員共済組合連合会傘下の日本鉄道共済組合国鉄共済組合より改称)が、旅客鉄道6社・JRバス6社・日本貨物鉄道と関連法人の鉄道総合技術研究所鉄道情報システムの被保険者へ共済年金と公的医療保険を引き続き提供していた。
1996年に民営化済みの旧三公社の共済年金を厚生年金保険へ一元化することが「厚生年金保険法等の一部を改正する法律」(平成8年法律第82号)附則第32条第1項によって決定され、1997年4月1日付で日本鉄道共済が担っていた現役社員の公的医療保険と短期給付事業を承継し事業を開始した。

このような経緯のため、当組合を構成する事業主は国鉄から事業分割されたJRグループJRバス本体各社のみで構成されている。JRグループの関連法人(事業子会社、交通新聞社など)は当組合ではなく、中小企業として業種別の総合型健保または協会けんぽの適用事業所となっている。

概歴[編集]

  • 2002年(平成14年)3月8日に登別保養所「青嵐荘」閉館。同年3月31日に「ときわ荘」閉館。

保養所・会館[編集]

北海道地方

  • 定山渓保養所「白糸荘」

外部リンク[編集]