津軽海峡線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR logo (east).svgJR logo (hokkaido).svg 津軽海峡線
基本情報
日本の旗 日本
所在地 青森県北海道
起点 青森駅
終点 函館駅
駅数 27駅
経由路線 津軽線海峡線江差線函館本線
開業 1988年3月13日
廃止 2016年3月25日
所有者 東日本旅客鉄道 東日本旅客鉄道(JR東日本)
北海道旅客鉄道 北海道旅客鉄道(JR北海道)
路線諸元
路線距離 160.8 km
軌間 1,067 mm(狭軌
線路数 単線(青森駅 - 新中小国信号場間、木古内駅 - 五稜郭駅間)
複線(新中小国信号場 - 木古内駅間、五稜郭駅 - 函館駅間)
電化方式 交流20,000 V・50 Hz 架空電車線方式
路線図
JR Kaikyo Line linemap.svg
赤線と青線を合わせたものが津軽海峡線
テンプレートを表示
経路図
KBHFa
0.0 青森駅
LSTR
津軽線を参照
BHF
31.4 中小国駅
LSTR
海峡線を参照
33.7 新中小国信号場 JR東JR北
LSTR
海峡線
BHF
119.2 木古内駅
LSTR
江差線を参照
BHF
157.0 五稜郭駅
LSTR
函館本線を参照
KBHFe
160.4 函館駅

津軽海峡線(つがるかいきょうせん)は、青森県青森市青森駅北海道函館市函館駅を結ぶ、北海道旅客鉄道(JR北海道)および東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線に付けられていた愛称。以下の路線から構成されていた。

概要[編集]

津軽海峡で隔てられた本州の青森駅と北海道の函館駅との間には鉄道連絡船として、日本国有鉄道(国鉄)により青函航路青函連絡船が運航されていた。しかし、1950年代には、朝鮮戦争によるものと見られる浮流機雷がしばしば津軽海峡に流入したり、台風接近下に誤った気象判断によって出航して遭難した洞爺丸事故など、航路の安定が脅かされる事態が相次いで発生した。これらを受けて、太平洋戦争前からあった本州と北海道をトンネルで結ぶ構想が一気に具体化し、船舶輸送の代替手段として、長期間の工期と巨額の工費を費やして青函トンネルが建設されることとなった。

当初は在来線規格での設計であったが、整備新幹線計画に合わせて新幹線規格に変更され、建設された。整備新幹線計画が凍結された後、暫定的に在来線として開業することになったものの、軌間や架線電圧の違いをのぞけば、自動列車制御装置(ATC-L型)も含めて新幹線規格を踏襲しており(東北新幹線はのちに全線DS-ATCへ移行したため、東北新幹線とのATCの互換性はなくなった)、のちに考案されるスーパー特急方式の原型となった。

1988年昭和63年)3月13日に青函トンネルが開業し、本州側の津軽線、青函トンネルを通る海峡線、北海道側の江差線・函館本線(五稜郭 - 函館間)からなる青森駅と函館駅を結ぶ路線群に「津軽海峡線」の愛称が付けられた。以後は北海道と本州との旅客・貨物輸送に重要な役割を果たしており、旅客列車に加えて1日に上下50本の貨物列車が設定されている。

単線区間(津軽線および江差線)上にある列車交換可能駅及び信号場は貨物列車との待ち合わせを考慮し、旅客ホームの有効長は青函トンネル開業以前のまま構内待避線の有効長が延伸されている。

2016年平成28年)3月26日北海道新幹線の開業以降、海峡線区間の定期旅客列車は新幹線のみの運行となり、津軽海峡を通過する在来線定期旅客列車が消滅したため、これにあわせて「津軽海峡線」の愛称も廃止された[注 1]

北海道新幹線開業にあわせ、海峡線区間の架線電圧の20kVから25kVへの昇圧や自動列車制御装置のDS-ATCへの変更、江差線第三セクター鉄道化(道南いさりび鉄道への移管)が行われている。

駅一覧[編集]

この一覧は2016年3月25日まで(北海道新幹線新青森駅 - 新函館北斗駅間の開業前、愛称廃止時点)のデータである。

  • 表内のこの背景色の部分(竜飛定点 - 吉岡定点)は青函トンネル内にある。
  • 線路 … ∥:複線区間、◇・|:単線区間(◇は列車交換可能)、∨:ここより下は単線、∧:ここより下は複線
会社 路線名 架線
電圧
駅名 駅間営業キロ 累計
営業キロ
接続路線・備考 線路 所在地
東日本旅客鉄道 津軽線 20kV 青森駅 - 0.0 東日本旅客鉄道奥羽本線
青い森鉄道青い森鉄道線
青森県 青森市
新油川信号場 - 4.4  
油川駅 6.0 6.0  
津軽宮田駅 3.7 9.7  
奥内駅 1.8 11.5  
左堰駅 1.6 13.1  
後潟駅 1.6 14.7  
中沢駅 2.1 16.8  
蓬田駅 2.3 19.1   東津軽郡 蓬田村
郷沢駅 2.0 21.1  
瀬辺地駅 2.3 23.4  
蟹田駅 3.6 27.0 東日本旅客鉄道:津軽線(三厩方面との旅客列車乗換可能駅) 外ヶ浜町
中小国駅 4.4 31.4 東日本旅客鉄道:津軽線(海峡線の列車は通過するため、乗り換え不可能)
新中小国信号場 - 33.7 (津軽線と海峡線の実際の分岐点)
北海道旅客鉄道 海峡線
津軽今別駅 13.0 44.4 (2015年8月10より全列車通過)[1] 今別町
竜飛定点 - 63.9 (旧・竜飛海底駅[* 1]
青函トンネル記念館青函トンネル竜飛斜坑線(体験坑道駅)[* 2]
外ヶ浜町
(この間で津軽海峡を横断する)
吉岡定点 - 86.9 (旧・吉岡海底駅[* 1] 北海道 松前郡福島町
知内信号場[* 3] - 107.4 (旧・知内駅[* 1] 上磯郡 知内町
木古内駅 74.8 119.2 北海道旅客鉄道:江差線湯ノ岱江差方面)2014年5月12日廃止 木古内町
江差線
札苅駅 3.8 123.0  
泉沢駅 3.4 126.4  
釜谷駅 3.1 129.5  
渡島当別駅 4.9 134.4   北斗市
茂辺地駅 5.0 139.4  
矢不来信号場 - 142.7  
上磯駅 8.8 148.2  
清川口駅 1.2 149.4  
久根別駅 1.1 150.5  
東久根別駅 1.2 151.7  
七重浜駅 2.6 154.3  
五稜郭駅 2.7 157.0 北海道旅客鉄道:函館本線方面) 函館市
函館本線
(貨)函館貨物駅  
函館駅 3.4 160.4 函館市電:本線・大森線 … 函館駅前停留場
  1. ^ a b c 津軽今別駅 - 知内駅間の青函トンネル内にあった吉岡海底駅(吉岡定点)は2006年8月28日より、竜飛海底駅(竜飛定点)は2013年11月11日より全列車通過となり、2014年3月15日に両駅とも知内駅とともに駅としては廃止された[2][3]
  2. ^ 海底駅見学整理券利用見学者のみ乗降可能であった。
  3. ^ 2014年3月15日から2016年3月21日まで、特急「スーパー白鳥」に使用されている789系電車785系電車の案内表示では、この名称が使用されている。
  • 2002年11月30日まで運行された快速「海峡」の一部が油川駅奥内駅上磯駅に停車していたが、同列車廃止以降は全列車通過している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『JR時刻表』・『JTB時刻表』では2016年4月号から路線図・本文とも非掲載となった。
  2. ^ a b 2010年の特急「スーパーカムイ」の踏切事故を受けて、同年JR北海道が特急の先頭車運転台側の貫通路への立ち入りを禁じたため、以後は、このアングルでの撮影はできなくなっている。

出典[編集]

  1. ^ “津軽今別駅の列車通過について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年4月3日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150403-1.pdf 2015年8月10日閲覧。 
  2. ^ “海底駅:青函トンネルの2駅廃止へ 国内から姿消す”. 毎日新聞. (2013年8月2日). オリジナル2013年8月3日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/WNRue 2016年3月9日閲覧。 
  3. ^ “平成26年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2013年12月20日), オリジナル2013年12月24日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20131224105741/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/131220-1.pdf#page=4 2016年10月15日閲覧。 
[ヘルプ]

関連項目[編集]