菊間駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菊間駅
駅舎(2000年10月9日撮影)
駅舎(2000年10月9日撮影)
きくま - Kikuma
Y44 伊予亀岡 (4.0km)
(4.7km) 浅海 Y46
所在地 愛媛県今治市菊間町浜
駅番号 Y45
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予讃線
キロ程 165.9km(高松起点)
電報略号 キク
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1925年(大正14年)6月21日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

菊間駅(きくまえき)は、愛媛県今治市菊間町浜にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線である。

駅構造[編集]

  • 北側から1番線が上下副本線、2番線が上下本線今治駅方制限速度85km/h、松山駅方制限速度100km/h)で相対式ホーム2面2線をもつ地上駅
  • 2つのホームを結ぶ跨線橋と、1番線側に小さな駅舎、2番線には待合室が備えられている。
  • かつては一部の急行列車が停車していたが、停車駅整理により通過駅となった。

駅周辺[編集]

  • 瓦のふるさと公園
    • 旧菊間町は四国の瓦の発祥の地。そのアピールのため、1997年に菊間駅のすぐ南の小さな山が「瓦のふるさと公園」として整備された。山の上にできた時計台には「瓦の町」の文字が刻まれ、夜はライトアップされる。駅からも見える、菊間のシンボルとなっている。
  • かわら館(同公園内)
    • 「瓦のふるさと公園」の開園と同時に瓦制作を体験できる「かわら館」がオープンした。駅から徒歩3分。
  • 歌仙の滝
  • 今治市役所菊間支所
  • 国道196号
  • 瓦工場(国道196号沿いに連立している)
  • 愛媛県道168号菊間停車場線
  • 太陽石油四国事業所
  • 今治市立菊間小学校 
  • 今治市立菊間中学校

歴史[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
予讃線
伊予亀岡駅 (Y44) - 菊間駅 (Y45) - 浅海駅 (Y46)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR四国 駅業務体制の見直しについて”. 四国旅客鉄道 (2010年6月21日). 2010年6月22日閲覧。

関連項目[編集]